新築、マイホームブルーになった経験談。

新築の家を購入して、ワクワク、ウキウキ…と思いきや、けっこう「マイホームブルー」になってしまう人も多いようです。

私もその一人で、しっかりマイホームブルーになっていますので、ご安心ください(?)。

マンションにも建売一戸建てにも、実家の注文住宅にもいろいろ住んで、経験を積んだはずの我が家が最終的に建てた注文住宅。それでも、マイホームブルーって、なってしまうものなんですね…。

注文住宅のマイホームブルー。まずは土地契約時。

これは!という土地を見つけて、興奮でふるえる手で申し込みをしたものの、その直後から迷いが始まりました(笑)。

見つけた土地は、立地がとてもよかったのですが、土地の横幅が少し狭く、理想通りの家が建てられないかもしれない…。希望の予算も超えてしまうかもしれない…。というブルーでした。

近くの建売を選べば、かなり安くなるし、手数料などを入れても予算をしっかり下回る。そっちの方がいいのでは…と思う私と、「いや、注文がいい」という夫(笑)。

注文住宅を建てるならもうこの土地しかない!ということになり、かなり迷いましたが…最終的に土地を契約。

仮の申し込みから契約までに、いくつかのハウスメーカーに見積りを取って比べましたが、工夫次第では予算近くで収まりそう、という計画がたったのです。

でも結局、最終的には、その時の予算よりもやっぱり高くなってしまいましたが…。

ハウスメーカー契約時のマイホームブルー。

色々なハウスメーカーを比べて、最終的に決めたはずのハウスメーカー。

でも、契約時にはかなりブルーになってしまいました!希望のオプションなどを入れていくと、やっぱり最初の予算よりは少し高くなってしまっている…。

でも、この日に契約をしないと、希望の「〇月中の引き渡し」が難しくなるという営業トークで…(笑)。

夫は全く迷っているそぶりもなかったので(笑)、私だけちょっとブルーなまま、建物の契約も済んでしまいました。

それでも数日間は、「ああやっぱり…」というブルーがなくならず。

そのブルーを、とにかくインテリアや細かい部分の間取り、オプションなどを考えるエネルギーに変えました!

「北欧風インテリア」にも憧れて、インテリアグッズを色々探してみたり…。オシャレでかわいい雑貨が置いてあるだけでも、気分が上がりますよね。

入居してしばらくの、マイホームブルー。

希望通りの間取りが通り、順調に建築が進み、無事に引き渡し。

ちょっと手狭だった仮住まいの家に比べて、しっかりと広くなったリビングに大満足。

しかし…その年はかなりの猛暑で、さっそく二階リビングにしたことを後悔しました(笑)。

南西向きの二階リビングなので、午前中はまだ暑さはマシですが、午後から夕方にかけての、西日がとにかく暑い…。

冷房をかけても、勾配天井で天井が高いせいなのか、冷気がどんどん下の階へ行ってしまうのか、なかなか「もわっと」感がなくならない。

※その後、大きなサイズのエアコンを買いなおしました…。

間取りも、もっとああすればよかった…と後悔ばかりで、こんなに高い家になってしまったのに後悔するなんて…とますますブルーに!

その上、注文住宅なのにすぐに網戸が外れるってどうよ!とまたブルー!

他にも、後悔、失敗点が盛りだくさんで、それをまとめたページを作ったほどです…!

でも、だんだん新しい家に慣れ、前の家よりもよくなった部分に目を向けるようにしてからは、そのブルーもほとんどなくなりました。

やっぱり時間が全て解決してくれるのかもしれません。

いざとなったら、リフォーム!

どうしてもここは失敗だった…あきらめられない…という場合は、リフォームしてしまうという手があります。

例えば我が家は、一階が寝室なので、隣家の音が気になって眠れず、防音目的で「内窓」を付けるというリフォームをさっそく行いました。

内窓のおかげで、防音性だけではなく、防犯性も防寒性も高まったので、とても満足しています!

その際、ホームセンターや知っている会社などに見積もりを取りましたが、手間も時間もかかって大変だったので、ネットで簡単に複数社に見積もり依頼ができるサイトを利用すれば、もっと簡単に、最安値の会社が見つかっただろうに、と今さらですが思います。

その後、子ども部屋の間仕切り壁を作るために「リショップナビ」というリフォーム一括見積もりサイトを利用したのですが、とても便利でしたよ!

タイトルとURLをコピーしました