※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

面倒!とついイラっとしてしまう、目立たない・名もなき家事ランキング。家、土地選びで防げたことも?

日常生活の中で、大したことではないのに、ちょっと体調が悪いときとかだと「いらっ」としてしまうようなこまごまとした家事や出来事って、ありますよね?

私も年とともにそんなことが増えてきたような気がしています…。

家の間取りの導線や、土地選びで防げることもあるかもしれないので、これから家を建てる方に何か参考になることがあればいいなと思い、面倒な目立たない家事を勝手にランキング形式で紹介しておきます。

 

第5位:宅配された商品・食品の片付け

Amazonや生協の宅配は、買い物に行かなくても家に届けてくれるので本当に便利です。

でも、家に届いた段ボールなどを、開封して、中身を出して、ビニールから出して、使うべき場所に置いて、梱包材(ゴミ)を片付けて、段ボールなどをたたんで、置き場に置きに行って…、と何気にいろいろやることがあって、面倒ですよね…。

生協の発泡スチロールから物を出して片付ける作業が面倒

なるべく、生協が届くときは在宅をしているようにしていますが、やっぱりどうしても家に居られない時もあります。

そんな時、生協は大きな発泡スチロールのボックスに頼んだ食品を入れて、ドライアイスを入れ、そして最後にアルミの保冷カバーみたいなものをかけて玄関先に置いておいてくれますが、

帰ってきて生協のそれが玄関先にあるのを見たときはちょっとげんなりとしてしまいます…

大きなアルミ保冷カバーを外して、積み重ねられたボックスを解体し、冷蔵庫や冷凍庫、パントリーなどそれぞれにしまい、ボックスを戻す…地味に面倒でイラっとする作業の一つです…。

スーパーに買いに行かなくても届けてくれるのでありがたくて仕方ないのも事実ですが、やたらと大きな箱で、しかもいくつもの箱に分かれて入れてあるので、取り出してまた箱を重ねて…というのが意外と面倒…。しかもふたが軽いので風で飛んでしまいやすいので外には置いておけないし、置いておいても目立って格好悪いしで、玄関内に入れますが、場所を取るし見た目もちょっと…。

箱が入れ子になる、畳めるなどコンパクトに収納できればいいですがそれもできず、3つのボックスがあったらそれを重ねておかないといけません…。

生協の配達時、発泡スチロールを置かないでもらうために、自前の保冷ボックスを玄関先に置いておき、そこに入れてもらえるように生協にお願いする…という方法もあります。

食品が入っている半透明の袋が絶妙に使いづらい

しかも、ボックスの中には、半透明の袋の中に食品を入れてありますが、その袋がやたらと横長?へんな形の袋なので、二階のキッチンまで運ぼうとして持つと、ずるずると中身が出てきてしまい不便です。

そして、この袋を、ゴミ袋に再利用したりしますが、形がちょっと横長で、一部を結んで使うなど工夫が必要だし、名前の書いたシールも貼ってあるのではがしてからゴミ袋に使わないと気になるしで、気を遣うことも多々あります。

しかも生協は、注文の締め切りが届く日の1週間ほど前なので、その間に欲しいものも足りないものも変わるし、スーパーで間違えて買ってしまってかぶってしまうこともあるし(メモしたりしておけばいいんですが…)、何気に使い勝手が悪いことも多々あって…。

お米などの重たいものも玄関まで運んでくれるので本当に感謝だし、欠かせない存在ではありますが、週に1度だけのお届けではとても我が家では足りないし、締め切りも早いし、在宅していないとボックスから出す作業とボックスの保存が面倒だし邪魔だし…そして次の締め切りも気にしないといけないしと、気を遣うことも多いです。

 

置き配のために、玄関外に死角スペースが欲しかった

玄関の外に、生協のボックスを置きっぱなしにしても、通行人から見えないような場所、死角になるスペースがあれば便利だっただろうなとやっぱり思います。

宅配の置き配、R1やヤクルトの宅配などにも利用できるし、我が家は死角になる場所がないので、玄関先にAmazonの置き配がどーんと置かれ、不用心な感じになることが多くて、あまりすすんで置き配をお願いできません…。

死角になるスペースはそれのせいで空き巣が狙いやすくなったりする可能性もあるかもしれませんが、ちょっとしたものを置いても目立たないような死角はあってもよかったなあ。

スーパーが家から近いのがやっぱり最強

そんなこんなで、生協を使うのをやめることも考えたことはありますが、やっぱり週に一度でも食材が届くのが助かるし、添加物の少ないハムやウィンナーが生協だと安かったり、冷凍のバラバラのベーコンなど生協でしか買えない好きな商品もあるので、使い続けています。

でも、もしスーパーが家の隣だとか、マンションの頃みたいにカートでそのまま家まで運べるとかだったら、生協はやめているだろうなと思ったりします。

支払い方法も後払い(口座引き落とし)なので、月ごとの食費の管理もちょっと面倒になりますし。

「ネットスーパー」も、子どもが小さいころはよく使っていましたが、今は子どもが大きくなって妊娠出産の時期に安くなっていた送料が少し高くなり(それでも届けてくれることを考えると安いとは思うのですが…)、数百円とはいえもったいない気がして、結局ほとんど使わなくなってしまいました。(体調が悪くてどうしても家から出られない時はとても重宝しています。ピンポンを鳴らしてもらって置き配をしてもらうこともできて安心でした)

やっぱり生きていくために大切な食材を手に入れられるスーパーマーケットがすぐ近くにあることって幸せだし楽です。車があれば問題ないかもしれませんが、急に足りないものがあったときや、家族におつかいに行ってもらうとかもやっぱり近くだと楽ですよね。

なんだかんだで、スーパーマーケットが近い家が最強だなあ…と、家族が多くてしかも食べ盛りが多い今の時期はすごく思います。

 

第4位:買い物後のこまごまとした片付け

スーパーへの買い物、我が家は家族も多くて買うものが本当に多くて、重くて、暑い中へとへとになって…。やっぱり上記のとおり、スーパーがすぐ隣とかだと本当に楽だろうなと思います。

しかも、買い物から帰ってきてから、それぞれのものを冷蔵庫・冷凍庫・パントリーなどにしまう作業が、何気に面倒です…。

しかも、もらってきたクーポンを切り離して財布にしまったり、レシートを整理して家計簿に記録したり、エコバックをたたんでしまったり…と、やることが本当にたくさんありますよね涙。

ドラッグストアのクーポンを切って財布にしまう作業

ドラッグストアでもらう紙のクーポン…これをチラシからきれいに切り取って、財布の中に入れておくという地味な作業が何気に面倒です。

しかも、1000円以上じゃないと適用されないとか、条件が厳しかったりで結局使えないことも多くて、だからといってクーポンを取っておいてない時に限って1000円以上買うことになり、スマホアプリの方のクーポンも特にない時期で、あああのクーポンを入れておけばよかった…ということもたまにあります。

クーポンを入れていると財布がごちゃごちゃするし、そもそもきれいに切り取って保存してという手間も発生するし…

クーポンは面倒だからいっさい使わない!と決めている人が時々いますが、それも一理あるなあと思ったりもしますが、時々高額なものを買う時はやっぱり馬鹿にならないので…。

とあるドラッグストアからは、はがきでクーポンが時々送られてきて、2か月にわたって期間限定で使えたりするので、その間は財布の中に眠っていてなかなか捨てられないし、はがきなのでぶ厚めだし、使うのは本当に時々…。

もう紙のクーポンは廃止して全部アプリやネット上のにしてほしいなあ…。(→その後、アプリ・LINE上でもクーポンが表示できるようになったドラッグストアもあって、助かりました!)

 

第3位:ごみの分別・ペーパー類の補充

ごみの分別も、それぞれのゴミ箱をなるべく近くに置くようにしているので、そんなに大変ではないのですが、ペットボトルからプラ部分をはがしたり…という作業が何気に面倒ですよね。

紙の箱や段ボールゴミの場合は、きれいにたたんでおかないといけないし、ひもで結んだりなんだり…それがまた何気に面倒…。

びん類やかん類も、きれいに洗って、乾かしておかないといけないし、

何も考えずにそういうものを買ってきて、そこらへんにゴミを置いておかれると、「片付ける人の手間を考えていないなあ」とイラっとしますよね…。

箱ティッシュの出口の透明フィルムはがし

箱ティッシュを使い終わった後、ティッシュの出口にある透明のフィルムをはがすのが面倒じゃないですか?

ティッシュがなくなった時、箱をたたんで資源ごみとして捨てる上、フィルムをはがさないといけないとなると面倒なので、子どもが最後にティッシュを使ったあとは、空のティッシュの上に新しい箱ティッシュが置かれていることもしばしば。

最近は、ドラッグストアで見つけた、取り出し口フィルムのないタイプの箱ティッシュを絶対に買うようにしています。

別になくてもスムーズにティッシュは出てきてくれるし、一度使うと捨てる時の楽さがだいぶ違うので、最近はもう絶対にこれしか買わないです笑(ドラッグストアで5箱で200円ちょっと)。

もしくは箱ではなく、ビニールの袋に入っているティッシュも使い終わった後が楽ですね。

 

第2位:食器を洗った後の片付け

食器洗いに関しては、食洗機を付けたので、かなり楽になったのですが、乾燥後に食器棚に戻す作業が何気に面倒です。

夜寝る前に食洗機をセットして朝起きたら洗い終わっているのはいいのですが、朝起きてすぐに弁当作りに取り掛からないといけないので、起きてまず食洗機の中のものを片付ける、というのがイラっとします笑。(しかも量もかなりすごいのが問題点。家族5人分の夕食の食器+お弁当箱が3つ…パーツやはしケースなどもあるので…)

なので、夕食後はなるべく手洗いをして「乾燥機能だけ」を使えば、2時間ほどで乾燥が終わるので、寝る前に食器を片付けてから寝ることができます。

洗い機能から使う場合は、時間がかかるので、なるべく早く食洗機をスタートしないといけないのですが、夕飯を食べる時間は家族みんなバラバラなことが多いし(仕事・塾・部活・etc.)、量も多いしで、夕食後は都度都度、手洗いになることが多いですね…。

食器がたまると面倒!と感じるので、なるべくためず、こまめに洗うようにしているのですが、それもまた、手荒れをするのでいちいちゴム手袋を付けないといけないし、それもまた面倒さを倍増させています…笑。

  

第1位:消耗品の補充

なくなりそうなものにいち早く気づいて、定期的に補充しておくという作業が、何気に神経を使うし、ないと「えー」と言われて、当たり前だと思われて…という名もなき家事の代表例だなと思うことです。

我が家は家族が多いし、こだわりもそれぞれあるので、補充しないといけない消耗品がたくさんあります…。

トイレットペーパー、箱ティッシュ、歯磨き粉(家族によって違う)、歯ブラシの換え、シャンプー・リンス(家族それぞれ使うものが違う…)、ボディソープ、ハンドソープ、整髪料(家族によってそれぞれ違う・ワックス・スプレーなど)、日焼け止め、コンタクト液、うがい薬、マスク、頭痛薬や胃腸薬・虫よけスプレー・ばんそうこう・キッチンの洗剤(手洗い用・食洗機用・泡スプレー・除菌用)、ラップ・アルミホイル・キッチンペーパー・洗濯洗剤(粉・おしゃれ着用・えりそで用等)、ゴミ袋(45L ・生ゴミ用・サニタリー用・分別用)、ドレッシング(家族それぞれ好みが違う…)、卵や牛乳(すぐになくなる)、ふりかけや海苔、味噌や塩や砂糖など調味料(メープルシロップや豆板醤や七味などニッチなものも多数…)、おやつ(家族それぞれ好みがちがう…)、学校用のノート(英語用・方眼ノート・大学ノート・末っ子のは算数・国語・連絡帳・自由帳などマス目や種類の指定もきびしい)、消しゴムやシャーペンの芯、ガムテープやセロテープの換えや接着剤やのりや電池(すぐなくなる)etc………….

意外と無限にありますよね?

しかもそれぞれ、いつどこで買うと安いとかもあるし、かといってまとめてたくさん買っておくと、かさばって邪魔だし、好みが変わって使わなくなるともったいないので、まとめ買いはあまりしたくない…そうなるとストックがなくなったらストックを買い足すのか、それとも使い終わってから買い足すのかも考えたり…意外と複雑な名もなき家事だと思うのですよ…。

これは近々買わなきゃ!と思ったものはすぐに携帯にメモをします。(スーパー・ドラッグストア・ダイソーなど買う場所ごとに分けて)が、そのメモをするのも、メモを見るのもまた面倒なんですよね、メモを見ていても買い忘れたりもするし笑。

error:Content is protected !!