庭づくりの本を購入!参考になる&気分が上がる2冊。そしてクリスマスローズにも挑戦…!?レースラベンダーの切り戻し後は?

まだまだガーデニング初心者の私ですが、入居してしばらく経った頃に植えた、花壇の「ハツユキカズラ」や「アイビー」がしっかりと増えて、グランドをカバーしてくれて感動!

夏の間から秋までしっかりと咲いてくれる「ニチニチソウ」も、とても丈夫で失敗ナシ、花壇がとても華やかになるのですが、やはり一年草なので、秋を過ぎると植え替えが必要です。

今、花壇に植えている「ガーデンシクラメン」や「ナデシコ」なども、しばらくお花を楽しんだらまた植え替えが必要です。

もちろん、暑すぎる夏や、寒い冬にも咲いていてくれる一年草はとても貴重なのですが、

ハツユキカズラやアイビーのように、植え替えがほぼ必要ない植物も増やしたい…!と思うようになりました。

花壇・庭づくりの本を購入!

これまで、ネット情報や花屋さんで見ただけでなんとなく選んでいたお花たちですが、そろそろちゃんと勉強してみようかなと思い、ブックオフで2冊の本を買ってみました。

「スペースをいかす美しい庭づくり」は、とても写真がきれい!

それだけではなく、庭の場所・シチュエーションごとに、どんなお花や植物を植えるのがいいかを提案してくれていて、植物ごとの解説もあって、とても実用的です。

「一番くわしい四季の花づくり」は、季節ごとのそれぞれのお花の詳しい植え方・育て方がカラーでわかりやすく載っていて、

この季節はどの花を植えるのがいいかな…水やりや肥料のやり方はどうかな…と、調べやすくてわかりやすくてとっても実用的です。

「宿根草」に挑戦!?

これらの本を読んでかんたんに勉強した結果、

一年草以外にも、何年かにわたってグリーンや花を楽しむことができる「宿根草」というものがあることを、最近やっと知りました(笑)。

ちなみに、最近育て始めた「レースラベンダー」は、「低木」というカテゴリーになるようで、これもうまく育てば、何年もお花を楽しめます…がんばります!

そして、花壇や玄関周りの鉢植えに、「宿根草」を取り入れてみよう!という気分になりました。もうあまりスペースに余裕はないのですが…(笑)。

とりあえず買ってみたのは、

・銀色の細い枝がきれいな「プラチーナ(クッションブッシュ)」

・黄色のお花みたいな茎がかわいい「ロータスブリムストーン」

・白い小さなお花がかわいい「イベリスブライダルブーケ」

・冬に咲いてくれる貴重な宿根草「クリスマスローズ」です。

「クリスマスローズ」に挑戦!?

冬にかわいいお花を咲かせてくれる貴重な宿根草…クリスマスローズ。

日陰の庭によさそうということで、少し前からその存在は知っていましたが、苗も高いし、難しそうということで避けていました。

でも、毎年の冬に、華やかなお花を咲かせてくれるなんて魅力的…!と思い、一株だけ買ってみました。

ただ、課題の夏越しが、暑すぎる南西向きの庭でできるのか…いや普通に考えると難しいですよね…。

日よけができないなら夏に庭植えはムリで、鉢植えにして、夏は日陰に移した方がいいのかな…しかし外にはそんな場所はほぼなく、どうしたものか?

やはり初心者&狭い庭に、クリスマスローズは難しかったかな…!?

レースラベンダーは元気!切り戻し(剪定)後のようす。

レースラベンダーは、とても茎の長いものがあったのですが、お花がずいぶん枯れて終わってしまったようだったので、茎を切っておきました。

その後、(まだ最初の姿よりは短いですが…)脇芽が少しずつ伸びて、どんどんお花を咲かせています!

枯れた後のお花は、お花の根元を切るのではなく、長く伸びた茎ごと切ります。写真の赤い線のあたりでバッサリと切りました。

茎を下へたどっていくと、二つの脇芽が出ているはずなので、その上あたりで剪定するといいそうです。

そうすると、脇芽がぐんぐん伸びて、花を咲かせていくのですね、よくできています!

また、買ったときのような、背の高い、長い茎になってほしいな…と毎日見つめています(笑)。

タイトルとURLをコピーしました