お風呂がリビングから近くてよかった理由。二階リビングに水回りが隣接の間取り。

我が家は横幅の狭い土地に建てた二階リビングのおうちです。

明るくて広々としたリビングを目指した結果二階リビングを選択したのですが、洗面所やお風呂などの水回りもLDK近くに隣接しています。

お風呂が近いことが意外と便利。

以前にも、洗濯機や洗面所などの水回りが、リビングやキッチンから近いことで家事がしやすいということを書いたのですが、

改めて最近、お風呂がLDKから近いことで助かった…と思うことが何度かありました。

栓の閉め忘れ確認がしやすい

我が家のお風呂は、パナソニックのFZシリーズ。

浴槽を大理石風プリント(笑)のものにしたこと以外は、特に高価なオプションはしていなくて、いたってふつうの標準タイプのお風呂です。

実家とかではチェーン付きの栓を自分で入れてからお風呂を沸かしていた記憶がありますが、

最近のお風呂の栓は、写真右側にあるポッチみたいなのを押すだけなのでとても楽です。

ただこのぽちっと押すだけの簡単な栓、沸かすときに閉め忘れることが頻発(笑)。

簡単だからこその弊害でしょうか…?

お風呂掃除をしてからふたをして、お風呂自動ボタンを押すのですが、時々栓を閉め忘れたままボタンを押してしまうんです…。

そしてしばらくたったころに「お風呂の栓を確認してください」と言われてはっ!!ヤバい!と慌てて栓を閉めに行く…ということを、この家に住んでからおそらく10回近くやらかしてしまっています…。(お風呂の栓を確認してくださいのアナウンスがもっと早ければいいのに…!)

お湯がもったいないし本当に反省しているので、

最近は、お風呂のふたをしてから外に出て、キッチン横にある風呂自動ボタンを押す前に、もう一度お風呂を覗いて、栓が閉まっていることを確認するようにしています。

そのため、キッチンやリビングからお風呂が近くて本当によかった…と思っているドジな私です。

もちろんもし違うフロアにあった場合も、お風呂の栓をしっかりと確認してからボタンを押すようにすればいいだけなのですが…(笑)。

子どもがお風呂に入るとき。

子供たちが成長してくるとだんだん子どもだけで入ることが増えてきます。

幼稚園の間は水の事故も怖いので、完全にひとりで入らせることのないようにしているのですが、時には親が一緒に入れないこともあるので、近くで見守るようにしているのですが、お風呂が遠かったら大変だっただろうなと少し思います。

子どもがお風呂につかっている間だけ脱衣所に行ってドアを少し開けて見守り、シャンプーとかをするときはシャワーが外に出ないようにドアを閉めているのでその間にキッチンで洗い物をしたり…。

その行き来が、お風呂とLDKが近いからこそすごくしやすくて、日々助かっています。

子どもが小さいうち限定の「よかった」点なので、本当に短期間のニッチなニーズだとは思いますが…。

誰が入っているか、いつ出たかわかりやすい

リビングからドアを一枚隔ててすぐに脱衣所とお風呂があるので、今だれかが入っているんだなというのが分かりやすいし、お風呂のドアが開いた音がすればすぐ出たというのが分かるので、次に入る人に呼び掛けたり、準備をしたりというのがやりやすいです。

お風呂渋滞が起きやすい大家族には意外と重要ポイントかも(笑)。

また洗面・脱衣所のドアは引き戸なので、ふだんは開けっ放し。洗面・脱衣所にも冷暖房が届きやすいので、冬は寒くなりにくいし夏は暑くならないのも良い部分だと思います。

掃除がしやすい

お風呂の簡単な掃除は、いつも最後に入る夫にやってもらいますが、やっぱりとても簡単な後かたづけしかしてもらえないので(笑)、

お風呂を沸かす前にもう一度、私がウタマロクリーナーとスポンジで掃除をしています。

いつも夜ご飯を食べる前くらいにお風呂を掃除してそのままふたをして沸かす準備をするので、

キッチンから近いところにお風呂があるおかげで助かります。

洗濯物も干しやすい

我が家のお風呂には、「ガス式」の浴室暖房乾燥機がついています。

冬場はほとんど使わないのですが、梅雨の時期などは本当に大活躍です。

ガス式なので本当にパワフルで、生乾きになってしまうことはまずなく、カラカラになってくれます。

洗濯機は脱衣所に置いてあるので、お風呂で乾燥させるときは、すぐ横で干せるのでとても楽です。

また、最初は晴れていて外(バルコニー)に干していたけれど途中で天気が悪くなって、でもまだ乾いていなくて…というときに、2階リビング隣接のバルコニーから、2階の浴室に洗濯物を移動させ、ガス乾燥機にかけます。

そういう場合にも、洗濯物の移動がしやすいので、お風呂が2階リビングの近くで助かりました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました