お風呂の着替え、どこに置く?昔、現状、理想。脱衣所のワゴンの上、洗濯機の上?

お風呂に入る時、一人一人の着替えをどこに置くか?がけっこう問題になりますよね。

特に家族が多い場合、子どもがいる場合は、それぞれ自分で用意してもらうのもなかなか難しいし、

誰かが入るたびに、ママが着替えを準備して置いておいてあげる…なんてのも忙しくてムリ!です。

私がここ数年間ずっとやっている、ちょっとズボラでざっくりとした着替え置き場の工夫をちょっとご紹介します(笑)。

昔…カゴの中に収納。

ナチュラルな感じのバスケットを、洗濯機の前に置いた「バスタオルハンガー」の上に載せて、バスケットの中に、家族全員の着替えを収納していました。

バスケットも、バスタオルハンガーも、雰囲気があってちょっとオシャレで気に入っていました。

パジャマとインナーを着る順番に積み重ねて、一番上には各個人のタオルを畳んで置き、目隠し替わりにしていました。

洗濯し、乾かして取り込んで畳んだ着替えを、そのままカゴの中に片づけて積み重ねていく…という時短家事?でした。

現状…、ワゴンの上に、布製のボックス。

洗濯し終わったインナーやパジャマを、そのまま着替え用ボックスに積み重ねていく…というのは、今でも変わっていない考え方です(笑)。

ただ、置くボックスなどは変わっていて、今は、着替え(ストック)などが入っている、白いキャスター付きのワゴンの上に、白い布製の箱(フタ付き)を載せて

その中に各個人の1回分ずつの着替えを入れています。

これなら、子どもでも誰でも、自分の着替えをさっと取り出しやすいので…。

図のように、ざっくりと個人のスペースを分けて、パジャマ、インナー、タオルの順に積み重ねて置いています。

末っ子のは、脱衣所にある小さなニッチに今のところは置いていますが。

洗濯後の片づけもこれならラクチンなので、ずっとこのスタイルを続けています…(笑)。

着替え置き場…理想としては…?

でも理想としては、開き戸とかの収納スペースに、各個人の着替えも入れられたらよかったな…と思います。

写真(キッチンのパントリー)のような、開き戸の収納が、分譲マンション時代に脱衣所にあって、とても便利でした。

でも結局、扉が邪魔なので、今のようなカゴに着替えを入れていましたが(笑)。

なので、奥行きが深めのニッチとかがあれば、着替え置き場にちょうどよかったのかな…?

脱衣所の壁にあるニッチだと、末っ子の小さい服を置くのにギリギリな感じです。

ただ、ニッチの奥行きはこれくらいが限界なんだろうし…、

着替え置き場問題、なかなか難しく奥深い(笑)。

いざとなったら収納場所を作るべくリフォームするのもいいかも!

リショップナビ 見積もり
タイトルとURLをコピーしました