【ショック】【オリーブ】やはり今年もオリーブにスズメガの幼虫が!!(2021年7月末)

今年の6月末に、スズメガの卵らしきものが、玄関先のオリーブに付いているのを発見してショック…!

毎年、9月くらいにスズメガの幼虫を発見していたのに、こんなに早い時期にもう卵を産み付けられてしまうのか…ととてもショックでした。

幼虫に気が付くタイミングはいつも、黒いコロコロのフンがオリーブの根元のコンクリートに落ちているのを見たとき。

そして、フンが落ちている場所の真上あたりや、葉っぱがたくさん食べられてしまっているところを探すと、一見オリーブの葉とあまり見分けのつかない色のイモムシを発見します。

今年こそはイモムシを見たくないし、処理するのもやはりストレスなので今年こそは見たくない!と、剪定や観察を怠らないようにはしていたのですが、

やはり今年も…!!

大きめのコロコロのフンを発見…。

今朝、玄関先に出たときに、末っ子がすぐに気が付いたのが、黒いコロコロの虫のフンらしきもの…。

これはスズメガの幼虫のフンだ!!と思ったのですが、信じたくない気持ちが一杯で…。

先日も、キンギョソウを剪定したあたりにたくさん黒いブツブツが落ちていて、幼虫かと思って探したのですが見つからず、あれはキンギョソウの種かな?と思ったのですが、今回もきっと何かの種だよね…と思いたくて。

なんとインターホンの真上に!

しかし午後、再度、オリーブを観察していると、見つけてしまいました…。

フンの大きさに比例して、幼虫の大きさも大きくなることを知っています。このフンの大きさではきっと、そこそこ大きいだろうなとはちょっと思っていたのですが、案の定、なかなかの大きさのイモムシでした。

グロテスクなので写真は載せませんが、なんと、インターホンの真上の部分に、オリーブの枝が垂れていて、その先にイモムシがいました…!

買物に出ていた間に郵便屋さんが来ていてピンポンを鳴らしていたみたいですが、もしイモムシに気づいていたら…大変嫌な思いをしたことと思います…申し訳ない…涙。

インターホンのすぐ近くに庭木、というのは、良くなかったかもしれませんね。反省ポイントです。

<反省>観察が足りなかった…。

オリーブの庭木を植えて2年、3年が経ちますが、毎年スズメガのイモムシに遭い、とても悲しいです…。

虫は大嫌いで、特にイモムシは大嫌い。見るのも嫌だし動いているのを見るのはもっと嫌で、

でも家のすぐ目の前にあるオリーブのシンボルツリーにイモムシ、となると、さすがに、見つけたからには処理しないといけません。

家族が誰かいれば頼れますが一人しかいないときは自分で処理しないといけないし、

毎年何匹が処理をしているうちに少しずつ慣れてはきていますが、やっぱり苦手なものは苦手です。

卵が産み付けられていないか観察をしようとがんばったり、

観察がしやすいように剪定もこまめにやったりしていたのですが、やっぱり少し見ないうちに枝が伸び、葉が増えていきます…。

そして梅雨が終わっていよいよ暑い日が増え、子どもも夏休みに入ってからは毎朝必ずオリーブを見るというルーティーンも忘れがちになってしまいました。

そして6月下旬頃に、「ガ」除けになると思われたスプレーを購入し、何度かオリーブ近くの外壁にスプレーしたのですが、最近は使うのを忘れていました。

一度スプレーをすると割と長く効くとは書いてあるものの、雨が降ると効果がなくなるので、梅雨の時期は特に気を付けてこまめにスプレーしないといけなかったかなと反省です。

オリーブにやはり後悔…。

シンボルツリーを植えるために作った庭先の小さな花壇。

オリーブの木もいい感じで成長してくれているのですが、やはり毎年必ずイモムシが襲来…。

しかもインターホンの近くに発生したりして、見逃すこともできず、

イモムシが大きくなると目立つし気持ち悪いし糞も大きいしで処理せざるを得ない。

スズメガの幼虫が付くのはオリーブの木だけではないとは思いますが、やはり後悔…!

これは…もしかしたら…いつか切ってしまうかもしれません(涙)。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました