オリーブのシンボルツリーに後悔?虫の被害に遭ったり、ぐんぐん伸びて剪定が必要になり…。鉢植えにすればよかった?

ちょっと洋風の雰囲気のある「オリーブ」をシンボルツリーとして選び、庭の花壇に植えて育ててきましたが、少しだけ、オリーブにして後悔したことが…。

昨年秋、虫の被害に遭う。

去年の秋に、若い黄緑の葉っぱが、次々に欠けていることに気が付きました。そして、黒いぶつぶつが地面に落ちているのも発見。

どんどん葉が少なくなってから、「スズメガ」の幼虫にやられたことに気が付きました。

幼虫とはいえかなりの大きさでとてもビックリしました…!

スズメガの幼虫はなんとか捕獲して駆除したのですが、同じころ、知り合いのお宅(そんなにご近所ではない)でも、全く同じものをオリーブの木で発見したそうです。

ほっとしたのも束の間、その後すぐに、葉っぱが丸まり、蜘蛛の巣のような白い糸と黒いツブツブが、葉のところどころにあることに気が付きました。

今度はどうやら「ハマキムシ」のせいだったようで、たくさんの葉っぱごと剪定し、かなり貧相な姿になってしまいました。

あまり薬剤には頼りたくないな…と思っていたのですが、ここまで次々と虫にやられてしまってはもう耐えられなくなり、「ベニカXファインスプレー」などの薬剤を買って少しスプレーしてみたり…。

今年もまたハマキムシ!?

今年も、5月に入ってからかなり若い葉が増え、枝が伸びて、元気に成長しているオリーブの木ですが、去年の虫害の痛い記憶がよみがえってきます…。

そのため、あまり伸ばしっぱなしにせず、長すぎる部分を少し剪定してみたり、

ほんの時々、上記のベニカXスプレーをかけてみたり、葉のようすをできる限り観察したりしています。

しかし先日、また、白い蜘蛛の巣らしきものを発見してしまいました…!

すぐに駆除しようと思い白い糸は駆除したのですが、虫は見つからず、もしかしたらまだどこかに潜んでいるかも…。

葉がかなり食べられてからだと、また貧相な姿になってしまうし、剪定も駆除も大変になってしまうので、なるべくこまめなお手入れ、観察がとても大切だと思います…。

けっこう虫の被害に遭いやすいオリーブの木…ほんの少しだけ、後悔です。

今年もまたあの大きなスズメガの幼虫に出会ってしまうのかな…それだけは、避けたい…!

見た目はやっぱり素敵だけど…理想を言えば鉢植え。

オリーブの木の見た目は、洋風の家に合う感じで、気に入っています。

でも、理想を言えば、庭の花壇に地植えではなく、テラコッタのポット(鉢)に植えられたオリーブがかわいいな…と思います。

カフェやイタリアンレストランの玄関先に置いてあるイメージです。

地植えだと、すぐにどんどん大きくなってしまうので、剪定が大変だし、放っておくと大変なことに…。

もし、「もうオリーブはやめよう」と思って抜こうと思っても、一筋縄ではないかないでしょうね。

しかし鉢植えなら、もしやめようと思ったら、直植えよりは簡単にリセットできそうですし、オリーブなり他の木なり、また苗を買ってきて鉢に植えて育て直しができる…。

鉢植えの場合は、地植えよりも、水やりの世話が少し大変ではありますが、鉢植えにしておけばよかったかな…とも思います。

とはいえある程度大きくなれば、大きなサイズの鉢へ植え替えをしないといけないでしょうしね。いずれは花壇に行くのかもしれません(笑)。

タイトルとURLをコピーしました