畳コーナーのおもちゃ置き場に…絵本やおもちゃを整理・収納するラック、もしくは「ランドセルラック」が欲しい。

リビングの隣に作った畳コーナーは、末っ子のおもちゃゾーンになっています。

おもちゃは、とりあえずもともと持っていた、サンカの「ルームス」に収納していますが、最近、大型の音の鳴る絵本やパズルなど、収納しきれないものが増えてきて、ちょっと困っています…。

1年前~現在の畳コーナーの様子。

引っ越してきた頃は、こんな感じで、おもちゃがおさまっていました。

絵本類はほとんど、壁に作ったマガジンラックにぎゅうぎゅうに収納されていますが…。


厚みのある絵本や、大型のパズル、ピアニカや音の鳴るひらがなパソコンなどが、なんとなくカゴに詰め込まれてあふれています…。

ピアニカやブロックなどは、もともとは一階の子ども部屋にあったものを、末っ子が気に入ってリビングに持ってきてしまったもの。

子ども部屋ではほとんど遊ぶことはなくほぼ寝るだけなので、よくつかうおもちゃはどうしてもリビングに来てしまいます。

こういう大きなおもちゃやかさばる絵本などをうまく収納できるものが欲しい…!

「ランドセルラック」がちょうどよいかも。

ピアニカや厚みのある絵本なども収納できて、いずれ末っ子のランドセルや学用品置き場として使えそうな、「ランドセルラック」は、ちょうど良さそう!

もちろん、今から幼稚園グッズ置きとしても重宝しそうです。

ちなみに、下の部分がワゴンになっているタイプのランドセルラックもあり、そこがおもちゃ収納にもちょうど良さそう…!

もし邪魔になれば、子ども部屋に持って行けば、長期休みの時に持ち替えられる大量の学用品(習字セット、粘土板、机の引き出し、絵具セット、水泳バッグ、裁縫セット、彫刻刀、エプロン等…)の置き場としても重宝しますね。

カラーボックスを横にして使う?

もっとリーズナブルに、手持ちの家具を活用したりするなら、カラーボックスを横に倒して使う、という方法があります。

高さが抑えられるので、圧迫感も出ないし、大きめの絵本やパズルも立てかけられそう、そしてブロックの箱も入りそう…。

ボックスの上にどんどん物が積み重ねられていってしまいそう…という不安もありますが、とりあえずの間に合わせとしてはちょうどいいかもしれません!

でも本当は、もっと白い木目調のボックスがいいなあ…。IKEAのトロファストみたいなイメージです…。

ちょっとお値段は張るけれど、やっぱりIKEAのトロファストなら、リビングの雰囲気をこわさずに、おもちゃ収納として重宝するだろうな、と心惹かれます。

白い引き出しを外してしまえば、絵本を収納することもできるだろうし、やっぱり思い切って買おうかなあ…と心揺れます。

タイトルとURLをコピーしました