リビングをできるだけオシャレにしたい。選んだ家具、時計、造り付けの収納などの紹介。

せっかく注文住宅を建てるなら、リビングは「できるだけ」オシャレにしたい!というこだわりがありました。

ほかの部屋は、正直言ってどうでもよかったのですが(笑)、リビングは長く過ごす場所、人が集まる場所。そのため、家具や収納にこだわりました。

とはいえ、あまりこだわりすぎるのも疲れるので、ゆるーく、できる範囲でだけこだわりました(笑)。

完璧にキレイでオシャレな家を維持するなんて疲れるから私には無理なので、できる範囲で、無理なくおしゃれに、がテーマです。

こだわりのお気に入りの時計。

家探しをしているときに、あるオシャレな住宅会社が、よくモデルルームの広告で使っている時計が気になりました。とにかく使用頻度が高く、いろいろな広告でこの時計を見かけました。

こういう形の時計、いいね!と夫ともよく話していたのですが、私はとうとう、同じものをAmazonで見つけました!

上の写真が我が家の新居なのですが、左上の部分にかかっている時計が、その時計です。これがあるだけで、なんだかとてもオシャレになったように見える気がするのです。

お値段も高くなく、とてもいい買い物をしたなと思います♪


ナチュラル/掛け時計 壁掛け 太陽 ウッド素材 北欧 放射状 オブジェ 天然木 スチール ウッドバー 軽量 ブラウン ナチュラル ホワイト

濃い色の「ウッドブラインド」が夫のこだわり。

三連の窓に、濃い色の「ウッドブラインド」を付けました。ハウスメーカーのインテリア相談の時に、色や素材を選び、見積もりをとりました。けっこう高かったのですが、これは絶対に付けたい!と夫が譲りませんでした(笑)。

ウッドブラインドのおかげで、確かに、空間が引き締まり、ぐっとオシャレになったなと思います。

ダイニングテーブルとテレビ台は「unico」で奮発。

ダイニングテーブルとテレビ台は、おそらくこの先10年、20年は買い換えないし、リビングの雰囲気をかなり左右するので、なるべく良いものを選ぼうと夫と決めました。

素材感や色、デザイン、なるべく妥協のないようにと、いろいろなインテリアショップを見て回りました。

そして最終的に決めたのが「unico」というショップのもの。ダイニングテーブルとイスとテレビ台は、木の素材は違いますが、色がなるべく近いものを選びました。

イスはどうしても「ウィンザーチェア」!とこだわったのは私です。イスの格子が、かわいくないですか?

テレビ台も、横に格子が入っているものがいい!とずっと憧れていたので、このようなデザインを選びました。

ただし、まだ小さい子どものいる我が家なので、無垢材の机をそのまま使うのはこわい。ということで、透明のテーブルカバーを敷いています。

キッチンの天井に間接照明とアクセントクロス。階段横に木格子。キッチン横に飾り棚。

キッチンの上のアクセントクロスは、ダークブラウンの木目調。

「建築化照明」という間接照明になっています。

真っ白な空間の中で、よいアクセントになってくれています。

階段横の木格子は、私の憧れ。実用的には、子どもの落下防止になっています。

ドアなどの建具は白系で統一。幅木、窓枠も白で。

賃貸マンションに住んでいる頃、建具の色がいまいち…と思っていました。

「巾木」や「回り縁」も、赤系の茶色で…ちょっと古い感じがしたのです。こんな感じです。↓(分かりますか?写真があまりなくて小さくなってしまいました汗)

賃貸マンションの建
具。

前の家のときも、ベージュの回り縁と巾木が、あまり気に入りませんでした。

そこで我が家は、建具などもなるべく白で統一することにしました。

各部屋を仕切るドアの色も、クローゼットや収納の扉も、なるべく白。窓枠も白(掃除が大変になる可能性はありますが…)。

ドアは、木目調の白にしました。収納の扉は真っ白です。壁となじむので、部屋が広く感じるし、空間の邪魔をしなくて気に入っています。

畳スペースの上部にある窓です。この窓の枠がもし茶色だったら…と想像すると、やっぱり白でよかった!と思います。

憧れの「スキップDEN(スキップフロア・小上がり)」を実現

いろいろな家のアイディアを探している中で、この「スキップDEN」に憧れ、実現してしまいました!

二段の階段の上に、ほりごたつ式のL字型カウンター。子どもたちの勉強スペースや、私のミシン・アイロン用スペースにと、大活躍しています。もちろん、コンセントもたくさん付けたので快適です♪

その隣にある畳スペースはフラットな空間です。あえて、DENだけ段差のある空間にし、空間を仕切りました。

畳の色は緑ではなくベージュにし、「和」な感じがあまり前面に出ないようにしました。和室が独立していないし、「和」な要素はこのリビングにはあまり合わないだろうなと思ったので。

リビングの照明はダウンライト。

ダウンライトなら空間がとてもスッキリします。

LEDの寿命が来た時に交換が面倒、という欠点もありますが…。

オシャレさとスッキリさという点では、ダウンライトは本当に優秀だなと思います。

しかもこのダウンライトは、調光ができるようになっています。昼間は白、夕方以降は黄色っぽい色に変えて、良い眠りを誘うようにしています(笑)。雰囲気もとても変わるし、おすすめです。

イメージするには、「3Dマイホームデザイナー」が一押し!

どんなにイメージをふくらませても、計画中の間取りと全く同じ写真なんてないし、どこをどうしたらオシャレになるのか分からない。我が家も最初はそうでした。

そこで、思い切って、Amazonで「3Dマイホームデザイナー」を購入。


3Dマイホームデザイナー12 オフィシャルガイドブック付

    

間取りだけではなく、窓枠の色やドアの色、床の色、家具など、細かいところまで指定できます。

その結果の画像を見て、「ここはもっとこうした方がいいな」と考え直し、何度も間取りや細かい部分を変更しました。

間取りやインテリアの計画、これでいいかな?と迷っている方は、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました