記事内に商品プロモーションを含む場合があります
2階リビング住宅・暮らし

とうとう冷房をON。リビングで冷房を使用。エアコンの冷房(クーラー)はいつから付ける?我が家の場合(2021年・2024年)

2021年は、5月に入って、暖かいというか暑い日が時々あって、午後に数時間だけエアコンを付ける日がとうとう出てきました。

2024年は、なんと3月の終わりごろから、耐えかねて2階リビングで冷房を使いました。

室温が何度になったら冷房を付ける…というのは人それぞれですが、私の場合は26度~27度を超えると付けることが多いです。が、たまに27度くらいでも少し暑いな?くらいで気づかないままのこともあります。28度を越えたらさすがに冷房ONですね。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

2021年5月はじめ、室温27℃くらいで冷房をON(2階)

午後が暑いので冷房をONにする

我が家は二階リビングで、南西向きなので午後の日当たりがよく、オーバーヒートを起こしがち…。(内窓や「スタイルシェード」などでいろいろと対策をしてみていますが…)

そのため、最高気温が25℃以下くらいの日でも、最低気温が高めで、朝から部屋が暖かいと、日中の気温上昇にしたがって二階リビングの室温も上がっていき、

午後に室温が27℃を超えるくらいの時に限界が来て冷房を入れる、という感じです。

窓を開けてサーキュレーターを回して頑張れば、27.5度くらいまでなら冷房を付けずに我慢もできますが、それ以上になると耐え切れず、エアコンのスイッチをONにします。

5月上旬のエアコン使用量(2階リビング)

気になる電気代は…エアコンにどれくらい使っているのでしょうか?

ちなみに、2階リビングにはエアコンが2台あるのですが、

今のところ、メインの大きなエアコンではなく、サブで付けた14畳用(100V)のエアコンを使用しています。冷えすぎることもなくとても快適です。

「HEMS」でエアコンの電気使用量をチェックしてみると、このような結果になりました。

5月6日(最高気温24℃・最低気温15℃) エアコン使用0.689kWh (食洗機1.11kWh)

5月8日(最高気温26℃・最低気温12℃) エアコン使用0.48kWh (食洗機0.356kWh)

5月9日(最高気温28℃・最低気温16℃) エアコン使用1.91kWh (食洗機0.426kWh)

5月10日(最高気温25℃・最低気温15℃) エアコン使用0.437kWh (食洗機0.781kWh)

5月14日(最高気温29℃・最低気温15℃) エアコン使用1.5kWh (食洗機0.9kWh) 

最高気温が28℃だった5月9日はちょっと使用量が多かったものの、他の日は1kWhにもとどかないくらいの使用量で、電気代に換算してもわずかです。(1日くらいは午後から夜までつけていたことがありましたが、いずれの日も午後から数時間ほどの使用。)

我が家は楽天でんきなので、1kWhあたり26円。(2021年5月現在)

さらに再エネ割賦金が加わったり燃料費調整額が引かれたりするので単純には言えないですが、5月上旬に使用したエアコン(冷房)代は本当にわずかな額でちょっとほっとしました。(ざっくりと計算したところ上記の5月の5日間の使用量で合計で130円くらい?それくらいなら、不快ならクーラーを付ければいい!と割り切れる気がしますね)

しかも大部分は太陽光発電の自家消費でエアコンを使用しているので、実際に払った金額でいうともっと少ないのかなと思います。でもその分、売電額は減るわけだから…?ちょっとよく分からなくなってきました…笑。

今のところ食洗機の方が電気を使っている様子

心配していたエアコンよりも、むしろ食洗機の方がたくさん電気代を使っている日もあり、ちょっと驚いてしまいました!

(ちなみに平日の朝は食器洗い+乾燥、昼は乾燥のみ、夜も乾燥のみ、が基本。休日は洗い物が少ない事が多く乾燥機能を1、2回くらいしか使わない時が多い)

しかしこんなに食器洗い乾燥機に電気を使っているとは知らなかったのでビックリです。

HEMSのデータを見ていると、毎日だいたい1kWhくらい使っているようでした。

特に「乾燥」機能は、朝昼晩と、とても気軽に使ってしまっていたので、今後はなるべくまとめて乾燥するように心がけたいなと思いました。

2024年は3月末・4月にも、昼間~夕方に、2階リビングでクーラー使用

2024年は3月末から冷房使用!?

2024年は、桜の開花が例年よりも遅く、4月に入ってから見ごろになりましたが、3月末に日中やたらと暑い日があって、室温が26度を超える日があったので、2日間ほど、軽く冷房(クーラー)を付けたことがありました。

その後、朝だけ冷え込んで暖房を使う日もあったりしましたが、

4月14日頃にはすっかり昼間は毎日のように冷房をONにするように…。

花粉症などのため窓開けではなくエアコンに頼る

例年であれば、扇風機や窓を開けてなんとかしのいでいましたが、花粉症がひどくなった子供がいたり、黄砂が気になったり…面倒になったりということで笑、冷房にすっかり頼っています。

やはり日当たりのいい2階リビングは暑くなりやすいので、仕方がないかなとあきらめています…。

エアコンの効率を高めるために工夫も

スタイルシェード・クールブレイド

ちなみに我が家は、南西側の掃き出し窓ふたつに、外側には「スタイルシェード」、内側には「クールブレイド」を取り付けて、なるべく日射をシャットアウトできるようにしています。

南西側の高い位置にある小窓にも、内側にクールブレイド。

また掃き出し窓には「インプラス(内窓)」を設置してあるので、冷暖房効率もいくらかは上がっているのでは?と期待。

朝のうちに換気

また、午前中の涼しいうちに室内の温度を下げておくといい気がして、朝から窓を開けて換気を心がけたりもしてみていました。

ちなみに、我が家の太陽光発電は4kWhと控えめですが、最近、売電量もグングン増えて、4月分は1万円近くの売電量になりそうな勢い。

夏に向けてこれからどんどん暑くなってエアコン使用量が増えていきますが、太陽光発電での自家消費と売電ができるというのは心強く感じます。

まとめ

家の中が暑いな…と思ったら、室温をチェックして、26度以下の場合は扇風機や窓開けで少し工夫しますが、26度を超えていたらなるべく早めに冷房をONにした方が快適だな、という感覚ができつつあります。

「せめて28℃まで我慢しよう」という無駄な我慢はせず、不快な時は冷房や除湿を使って行こうと思います。

もちろん窓を開けたりサーキュレーターを回したりで快適になりそうなときはそれで解決しようと思いますが、我が家の2階リビングは特に暑くなりやすいので、日差しが強い日、風のない日は厳しいし、無理せずにエアコンON!で行きたいと思います。

error: Content is protected !!