【洗面所比較】マンション、建売、注文の洗面所を比較

分譲マンション、建売住宅、注文住宅と住みましたが、洗面所の感じもそれぞれで違いました。

分譲マンションの洗面台。

三面鏡ではありませんでしたが、一つだけある鏡の中が収納になっていて、歯ブラシなどを収納できました。

ちょっとぶれていますが(笑)、洗面台の下に開いているスペースがありました。

なんと体重計を収納しておくスペースなんですね~。最初に聞いたときにびっくりしました!確かに、ここに体重計を置いておけるととても楽だなと。

体重計って重たいし、壊れないようにできれば縦ではなく平面に置いておきたいですよね。

この穴があれば、体重計をちょっと押せばすぐに収納できてしまうのでとても良かったです。

さらに、洗面台の作業スペース?が広くて、材質もしっかりとしていて高級感を感じました。

建売住宅の洗面台。

一番上にはオプションで物入をつけてもらいました。

白いシンプルな洗面台ですが、三面鏡で、中に収納がたっぷりとできたのがよかったです。

歯ブラシなども隠せるので、このタイプの洗面台でとてもよかったなと思います。

一番下の扉を開くと配管が見えます。ここに収納用のラックを置いて、洗剤などを収納していました。


えつこのすきっとトレー スリム II

ちなみに、この隣には洗濯機置き場があり、さらにお風呂と続いていました。

脱衣所兼洗面所ですが、玄関を開けてすぐ前だったので、最初の頃はちょっとお落ち着かない気持ちでお風呂に入っていました…。

でも、廊下から洗面所に入る引き戸に、内鍵をつけてもらったので、少しは安心でした。

鍵がなかったら、子どもにいつの間にか開けられて…その時ちょうどお客さんが…とか、ちょっと怖かったと思います。

注文住宅の洗面所。

Panasonicの洗面台Clineのアルベロホワイト、隣には洗濯機。

脱衣所と洗面所を分ける案も考えましたが、洗面台で下洗いをしてから洗濯機に入れる、ということがよくあるので、隣同士で壁もなくてよかった!と思っています。

今回は、洗面所の引き戸に内鍵は付けませんでした。

脱衣所がちょっと奥まっているし、目の前が玄関ではなく二階だし、

鍵がかかっていると、トイレや右奥のウォークインクローゼットに行きづらいだろうと思ったので…。

でも一応、念のために付けておいてもよかったのかな。

1Fの洗面台。

1階の洗面台は、建売時代とほぼ同じような洗面台です。

詳細は別記事で書いたのでよろしかったらどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました