PR
インテリア&家電

旅行前後で感じた洗濯問題。乾太くんか、浴室暖房乾燥機(ガス式)か…。ドラム式乾燥機の失敗談も

記事内に広告が含まれています。

夏休みに、実家へ行ったり3泊4日の旅行に出かけたり…そうなると問題になるのが、旅行前後の洗濯問題です。

旅行前には、その前日までの家族全員の洋服やパジャマなどの洗濯問題に追われ、旅行終了日はその前日に着たものを洗濯しても乾かないので洗濯できず、その当日分も含めて2日分の洗濯物を家に帰ってから洗うことになる。大家族ならではのお悩みです…。

そこで、旅行先でランドリーを使いながら、ふと、ドラム式乾燥機、我が家にあるガス式浴室暖房乾燥機、それとも乾太くん、どれがいいのかな…と考えました。

旅先で「乾太くん」が欲しくなったが…

今回は宿泊先に無料のランドリーがあり、洗濯機と乾燥機が使い放題でした。

そのため、旅行初日から、家族が入浴後に洗濯機を回し、乾燥機にかけることができました。これは本当に便利でした。

途中、海やプールにも入ったので、水着の洗濯も何度もするし、ランドリーがないと厳しかったと思います。

帰ってから、家族5人分の、旅行終了前日と旅行終了日当日の2日分を洗って一気に干すのは、なかなか大変なので、旅行最終日の分もランドリーで洗って乾かしてから持ち帰ることができて本当に助かりました。

洗濯機30分、乾燥機60分で、干す作業もいらず、干す場所もいらず、洗濯がすっかり終わるのでとにかくラクでした。

ドラム式の乾燥機ってやっぱりいいなあ…やっぱりガス式だからパワフルなんだろうなあ…

家に「乾太くん」があったらいいなあ…と、その時はやっぱりすごく思いました。

 

乾太くんを導入しなかった理由

・置き場所の問題

・浴室暖房乾燥機(ガス式)が気に入っていて設置したかった

・シワになったり縮んだりする衣類が多いので心配だった

ただし、置き場が少し問題で、我が家の場合、洗濯機の上に棚をオプションで付けてしまったので、それを取り外す必要があると思います。

この収納も、タオルや洗剤の買い置き、バスマットの予備など、収納としてけっこう活躍しているので、なかったらちょっと不便だったと思います。

浴室暖房乾燥機なら、お風呂の天井部分に設置するので、設置する場所を気にせずに済むというメリットもあります。

また、我が家は、マンション時代に「ガス式の浴室暖房乾燥機」を使ってとても気に入り、どうしてもそれを家に設置したかったので、乾太くんは導入しませんでした。

ガス式の浴室暖房乾燥機は、とてもパワフルで、お風呂じたいの乾燥はもちろん、洗濯物もカラカラに乾いてくれて、すごく便利だったという経験があったのです。

また、我が家は女子が多くおしゃれ着が多かったり、肌が弱いので素材にこだわりがあってコットン100%やウール素材などの衣類も多かったり、ワイシャツを洗う機会も多く、乾太くんだとしわになったり縮んだりしまいそうで使えない衣類も多いだろうなと思いました。

※フィルターの掃除が必要、というのは、浴室乾燥機の場合も定期的に必要なので、どちらも手間は同じかなと思います。

ガス式浴室暖房乾燥機のメリット

我が家には乾太くんはありませんが、ガス式の浴室暖房乾燥機のおかげで、旅行出発前日に着たものを夜のうちに洗ってしっかり乾かして、片づけておいたり旅行に持って行ったりできます。

浴室乾燥機がないと厳しかっただろうな…と思うくらい、役立っています。

・ガス式のためよく乾く

・ハンガーに干す作業は必要。でもある程度何でも干せる

・外干し→浴室への移動も楽

・お風呂の乾燥もしっかりできる

・冬は暖房機能を使える

ガス式のためよく乾く

浴室暖房乾燥機をガス式にしたおかげで、洗濯物がしっかりとからからに乾きます。

洗濯物の量や季節などにもよりますが、2~3時間で家族5人分の洗濯物がしっかりと乾ききります。

 

ハンガーに干す作業は必要。でもある程度何でも干せる

もちろん、ハンガーに干す作業が必要なので、コインランドリーのように放り込んでそのまま乾燥ができるわけではありません。

その代わり、ハンガーに干して乾かすため、縮ませたくない服や、しわをつけたくない洋服も、ある程度あまり気にせず全部まとめて浴室内で乾かすことができるのがメリットの一つです。

かなりデリケートそうなものは、リビングのホスクリーンで干し、サーキュレーターの風を当てて乾かすようにしていますが、

よっぽどの物以外は浴室乾燥機で問題ないと感じています。

また、子どもの学校の上履きも浴室内に置いて乾かしてしまえますし、

バーを一本ぜいたくに使えば、布団カバーなどの大物も干せます。

ハンガーで形を整えて干せば、シワや縮ませる心配もほとんどないので気軽に使えて便利です。(もちろん素材によっては注意が必要ですが)

 

外干し→浴室への移動も楽

バルコニーで外干ししていて、天気が急変して室内干しに変える…という時も、

外干ししていた時のハンガーやピンチハンガーごとそのまま浴室へ移動させ、浴室のバーにひっかけるだけです。

お風呂の乾燥もしっかりできる

また、浴室乾燥なら、お風呂場の乾燥、カビ予防ができるのもまた、浴室乾燥のメリットかな、と思います。

マンション時代は、あまりケチらず、お風呂のあともガス乾燥機で乾かしていたため、カビ一つはえませんでした!ただ、ガス式の床暖房も使っていたためガス代は結構高かったです。

今の家では、洗濯物の量が増えたしガス代を節約したいので、お風呂後は普通の「換気」機能しか使わないので、時々赤いカビ予備軍は出てしまいます。が4年経ってもまだ黒カビは生えていないと思います。

冬は暖房機能を使える(夏は冷房機能も使える)

冬にお風呂に入るとき、ものすごく寒い日は浴室暖房を付ける時があります。

夏も、すごく暑い時は、浴室の冷房を使うときがたまにあります。

乾太くんを設置したとしても、浴室乾燥機は必要だ思いますが、暖房機能を付けないと不満を感じたかもしれません。

だとしたら、乾太くんも、浴室暖房乾燥機も、両方付ける必要が出てきてしまいます…。

もちろん、高気密高断熱の性能の高い家であれば、暖房機能なんて全く必要ない!という場合もあるとは思います。

ガス式浴室暖房乾燥機のデメリット

・ガス代がかかる

・電気式よりも導入費用が高い(乾太くんと比べたら同じくらいかも?)

・メンテナンス(フィルター掃除)の手間や、故障、交換時の費用

・洗濯物を干していると、お風呂に入れない

乾太くんの場合も、ガス式なので、都市ガスが必要で使えば使うほどガス代がかかるというのは同じです。

が、浴室乾燥にガスを使う方が、体積が大きいため、ガス代が余分にかかりそうな気がします。(比較したことがないので分かりませんが、我が家では梅雨にひんぱんに浴室乾燥機を使って洗濯物を干す場合も、ガス代が1万円を超えたことはほとんどありません。あくまで我が家の場合はですが)。

導入するときも、電気式のよりも高かった記憶があります。(我が家のガス式浴室暖房乾燥機は21万円ほどでした。2018年当時の価格なので参考まで)

フィルター掃除も、定期的に必要です。(普段はダイソンのブラシ付きのツールで簡単に掃除ができますし、本格的に汚れてしまった先日は水洗い+陰干しですっきりきれいにできました)

 

先日、換気機能を使っている時に、異音が気になって、有償で修理に来てもらったりもしました。(5000円ほど支払いました。2年以内であれば保証期間だったのですが、5年ほど経っていたので保証は切れていました…)

また、製品としては10年間使用が目安になっているようで、いずれ故障したら買い替えなども必要かもしれません。

乾太くんの場合も、メンテナンスに関してはきっと色々あるので、あまり差はないかもしれませんが…。

また、浴室乾燥機の場合は、洗濯物が浴室内に干してあると、お風呂に入れないというデメリットはあります。(使用後は暑い!という面も)

我が家は脱衣所に昇降式ホスクリーン、すぐ隣のリビングにも大きなホスクリーン(スカイクリーン)もあるので、すぐに移動させることができるので大きな問題はありませんが、乾燥運転中にどうしても浴室を使いたい…という時は困るでしょうね。(これまでにあまり経験はないですが…)

 

ドラム式洗濯乾燥機は?…不満があった

10年以上前に、通販で3万円くらいで購入した海外製のドラム式の洗濯機を使っていたことがあります。

でも、タオルがすぐに固くなったり、乾燥機能で乾かした服がすぐに縮んでしまったりと、使い勝手がよくありませんでした。

さらに、使って数年で水漏れ事件が発生してしまい、結局我が家の洗濯機はまた縦型のものに戻しました。

もちろん、もっとちゃんと値段の高いドラム式洗濯機なら、大丈夫だったのかもしれませんが…

この時の失敗の経験から、我が家は洗濯機はなんなら乾燥機能もついていないシンプルな縦型の洗濯機でいい、と思う派です。

もちろんこだわってよいものを選べば使い勝手はいいのだろうなと思いますが…。

もし使いやすいものであれば、洗濯機のスイッチを入れたら乾燥までそのままでいい!というのがすごくメリットが大きいですよね。

結局、どれがいい?

我が家がお風呂場に付けた「ガス式浴室暖房乾燥機(ノーリツ)」は、オプション代として約21万円かかりました。

おそらく乾太くんの場合も、ちょっと質のよいドラム式洗濯機にした場合も、それくらいはかかっただろうな…と思います。

今のところは、ある程度何でも気にせず全部まとめて乾かせてしまう浴室乾燥機が便利だと感じています。

外干ししていて、天気が悪くなってきたときに、お風呂場へハンガーやピンチハンガーをそのまま移動させればいいというのも楽です。

でも、干す作業が省ける「乾太」くんもやっぱり魅力的です。

おしゃれ着等は乾かせないのがネックですが、おしゃれ着は薄いものが多いし、リビングのホスクリーン(+サーキュレーター)で干せばすぐ乾くだろうし…。

「乾太くん」は、10年後くらいにもし浴室乾燥機が壊れたら、本格的に購入を考えたいです。

error:Content is protected !!