PR
便利グッズ&知恵

タワーの「洗濯機横マグネット収納ラック」が優秀!狭い洗面脱衣所に最適で使いやすい理由(メリット・デメリット)

記事内に広告が含まれています。

洗面所と脱衣所が一緒になっていて、あわせて約2畳ほどしかなない我が家。

洗濯機ももちろん置いているのですが、洗剤はぱっと出せる場所に置きたいし、でもあまり目立ってごちゃついてみえたら嫌だし…

そこで、洗濯機の横、壁側に、タワー(山崎実業)の「洗濯機横マグネット収納ラック」をつけていて、これが本当に便利で手放せません!

狭い洗濯機置き場…洗剤置き場に悩む

我が家の洗面脱衣所の間取りです。

洗濯機の上に、収納棚を作りつけてもらったのですが、ちょっと位置が高いので、洗剤をいちいち出すのは面倒な位置。(洗剤のストックや、古いタオル、バスタオルの予備などを入れています)

洗面台もすぐ横にあって、すきまラックなども微妙に置けないすきましかないし、洗面台下の引き出しはありますが、洗剤を出すときにいいちいち開けるのも面倒です。

というわけで、洗面台と反対側の壁側に、山崎実業(タワー)の「洗濯機横マグネット収納ラック」を貼り付けていて、ここに粉洗剤と液体洗剤、えりそで洗いを置いています。

S字フックで、うわばき洗いのブラシや、洗濯機クリーナーを使った後のカスを取るためのネット、洗濯機の溝を洗うブラシ、お風呂用のブーツ、そして体重計、ゴム手袋なども収納しています!

洗濯機横マグネット収納ラックのメリット

洗面台と反対側に付ければ、目立たずスッキリ

我が家の場合は、洗面所に上の図の青い矢印のような導線で入っていきますが、洗濯機の横、洗面台と反対側にこのラックをつければ、洗面所からはまったくこのラックが見えません。

そのため、洗剤や掃除用品などでごちゃついていていも、全く気にならないのです。

さすがに脱衣所、お風呂のドア前までくれば見えますが、来客がここまで来ることはほとんどないし(そもそも来客がない笑)、来客が使っても普通は洗面台までですよね。その場合、このラック部分はまったく見えないのです。

洗濯機があるので、向こう側にはりつけたラックは全く見えませんね!

洗剤がさっと取り出しやすい

洗剤が、洗濯機のすぐ横にあるので、洗濯のときにさっと洗剤を取り出せます。これが本当に便利です。

掃除用品や体重計など、コンパクトに収納できる

洗剤の下には、バーやフックなどがあって、うわばき洗い用のたわしや、ごみとりネット、お風呂掃除のためのお風呂ブーツ、体重計、ゴム手袋、洗濯機用掃除ブラシを収納しています。これもよく見るとごちゃついていますが、普段は全く目立たないし、使いたいときはさっと取り出せて、戻すのも簡単です。

ブーツと体重計は、それぞれ、ちょうどいいひっかけ場所みたいなものがついているのでジャストフィットです。

体重計部分は、珪藻土マットを置く場所としてもぴったりです。

(我が家は布のお風呂マットを使っているのでここではなく、お風呂ドアのバーにひっかけています)

洗濯機横マグネット収納ラックのデメリット

もう5年以上使い続けていて、特に不満もデメリットも大きなものはないのですが、あえていうなら

・洗濯機が脱水時などによく左右にゆれるので、これも一緒に揺れてしまう

・ものをたくさんひっかけていると奥の方のものは取り出しづらい

・洗剤置き場は限られているので、漂白剤やストックなどは別場所に置く必要がある

これくらいな感じで、大きな問題ではないし、特に困っていません。

ただ、家族がよくお風呂前後に体重計を取り出しているのですが、最初のころは面倒でなかなか戻してくれませんでした。でも、うるさく言っていたら最近はちゃんと、このラックの定位置に戻してくれるようになりました。

また、お風呂ブーツを取り出そうとすると、他の物にひっかかって、ブラシなどが落っこちてしまい、拾う作業が発生することも時々あります。

もともとついているフックがちょっと小さいので、大きめのS字フックにつるすようにしたら、落ちにくくなりました。(その代わり、取り出す時・戻す時がちょっと面倒ですが)

狭い洗濯機置き場に欠かせない収納グッズ!

ちょっとしたデメリットはありつつも、どう考えても便利で、今後も絶対に手放せないのは間違いないです。

洗濯機置き場のすぐ横にニッチを作ったり、洗剤専用の棚を作れたらよかったのですが、取り出しやすい位置に作るのはなかなか難しいし、これさえあれば、狭い洗濯機置き場の悩みを解決できて本当に助かっています。

error: Content is protected !!