PR
便利グッズ&知恵

洗濯物を取り込んだ後の置き場はどこ?

記事内に広告が含まれています。

洗濯物を取り込んだ後はどこに置くのが片付ける際に楽なのか…?を、前の家で考えた結果、室内に「仮干しをする場所」を作ることが大事だな、と気が付きました。

「干す作業」は外ではなく、家の中でやってから、外に出したいし、「ハンガーから外す作業も絶対に家の中でやりたい」ので、家の中に必ず、仮干しができる場所を設置しています。

洗濯物を取り込んだ後の置き場は大事!その理由

洗濯物は家の中でいったん全部干してから、外で干したいものだけバルコニーに出します。

そして、乾いた後は、ハンガーやピンチハンガーをなるべく一気につかんで、家の中にしまいます。

冬は寒いし、夏は暑いし、なるべく外にいたくないからです笑。干す作業や外す作業を外でやるのは苦痛なのです…!

となると、洗濯物をいったん干す場所と、洗濯物を取り込んだあとに、いったん一気に洗濯物を置いて置ける場所が大事です。

取り込んだ後の置き場のおすすめ

ホスクリーン

我が家は、バルコニーの近くに「ホスクリーン」を設置しました。ここでいったん洗濯物を全部干してから外で干したいものをだけを外に出します。洗濯物を取り込むときもいったんここに全部ぶらさげます。

ホスクリーンがあれば、天気の悪い日も、洗濯物を干す場所に困りませんし、外に出したくないデリケートな衣類もここに干しておけます。

乾きが早くなるように、近くにサーキュレーターも置いています。

物干し台(洗濯物干し)

前に住んでいた家では、ホスクリーンがなかったので、3連の折りたためる「物干し台(洗濯物干し)」を、バルコニーのある部屋の窓際に置いて使っていました。

もちろん雨の日はこれで室内干しをしていました。

ソファの背もたれ

もしくは、バルコニーのある窓のそばにある「ソファの背もたれ」に、取り込んだ洗濯物をいったん置いておく方法も気に入っています。立ったままで洗濯物を片付けていけるので意外と楽です。

畳の上

ソファもない場合は、「畳」の上に洗濯物をいったん全部置いてしまうのもアリだと思います。

畳に座ってゆっくりと洗濯物を畳んでいけばOKですね。立ち上がる作業がちょっと面倒ですが、やっぱり畳スペースは洗濯物の片づけにも最適です。

浴室の物干しバー

浴室に洗濯物干しバーがある場合は、そこにいったんぶらさげてもOKですね。

我が家はお風呂にガス式の浴室乾燥機を付けたので、雨の日はここで一気に乾かします。

バルコニーからは少し離れていますが、リビングのホスクリーンがいっぱいなときは、ここでいったん仮干しすることもあります。

洗濯は毎日の作業…なるべく効率的に楽にやりたい

洗濯は毎日の作業なので、なるべく効率的に楽にやりたいですよね…!

我が家はホスクリーンや浴室乾燥機のおかげでかなり助かっていますし、色々な手抜きアイディアなども取り入れてなんとかやっています…!

error: Content is protected !!