記事内に商品プロモーションを含む場合があります
住宅・暮らし

しまうまフォトブックのライトとスタンダードの紙・画質の比較をした結果、今後はどちらにしようと思ったか?

しまうまフォトブックを毎年1冊作成して、1年の思い出をアルバムにまとめています。

2023年度のものを作ったとき、両親にも渡そうと思ったので、数冊同じものを注文したのですが、

いつもはお手頃な「ライト」を選んでいるけれど、「スタンダード」も1冊注文してみよう!と思い、実際に両方注文してみました。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

しまうまフォトブック ライトとスタンダードの違いを比較

価格の比較

ページ数や中身が全く同じもので、ライトとスタンダードを注文したのですが、価格はけっこう違っていました。

注文した内容

スタンダード】A5スクエアサイズ36ページ 1冊1,318円+送料

ライト】A5スクエアサイズ36ページ 1冊498円+送料

送料は、メール便なら130円、ゆうパックなら690円でした。(2023年12月利用時)

紙質や画質・色などの比較

届いたものの紙質や画像の色合い、画質などを比較してみると、

  • ライトは少し赤みがかっている
  • スタンダードの方が紙質がよく見える。少し凸凹、キラキラしているように思った
  • 中表紙がスタンダードはあり、ライトはなし(カバーを取ったときの中身の表紙の画像のあるなし)

下の写真の、上側が「ライト」で、下側が「スタンダード」

shimauma

ライトの方が少し赤みがかった色なのが分かると思います。

下の画像は、左側がライト右側がスタンダード

しまうまフォトブック比較

紙がスタンダードの方が少しきらきらとしていてきれいでいい感じがします。

でも正直、画質に関しては同じくらいかな…と素人目には見えます。

下の写真は左側がスタンダードで、右側がライトです。

しまうま

スタンダードの方が光沢感?があるのが分かります。

こちらは1枚めくったときにある中表紙。

上がライト下がスタンダード

しまうま

スタンダードの紙質がやっぱりきれいに見えます。

次に、カバーを取ったときの表紙。

上がライト下がスタンダード

スタンダードは、カバーを外した時にも、カバーと同じ画像とタイトルが印刷されているので、もしカバーをなくしてしまっても安心?です。

今後はどちらにする?

  • 家での保管用ならライトで十分
  • 人へのプレゼントならスタンダードにするかも

画質や、パッと見た時のきれいさなどは、大きく変わらないなと正直思いました。

でもよくよく比べると紙の質がスタンダードの方がやっぱりきれい。

プレゼントとして作成するとか、大事な大事な思い出としてきれいに残したい!という時は、やっぱりスタンダードの方がいいかもな、と感じました。

でもライトでも十分きれいだし、手に取ると思ったよりも大きいなと思うし、コスパが高いなと改めて思いました。

error: Content is protected !!