家をきれいに保つには…あれが重要!私には足りないもの…。「目の悪さ」が災いして!?

家をきれいに保つために、大切なことが一つある…そしてそれが私には足りないのだ!ということに最近、気が付きました。

言い訳なのですが、このせいだな…これが大きな理由の一つだな…と気が付いたのです。

気付いたときが掃除のし時。

毎日、洗濯したあと掃除しなきゃ、とやることに追われてプレッシャーになってしまうよりは、「汚いことに気が付いたから掃除する」という方がいいなと思っています。

気付いたとき、気になった時がやる気の出る時で、その時がチャンスとばかりに掃除をするようにしています。

でもそれだと、もし汚れに気が付かなかったら…気にならなかったら…永遠に掃除をしないということになってしまいますよね…。

目が良い方がよい。

私の視力は本当に悪くて、かなり強いコンタクトレンズを付けてもせいぜい0.7~0.9くらい。とにかく、強度の近視です。しかも乱視もあるし、白内障にもなりかけらしく視力もあまり出ません。

夜、コンタクトレンズを外したあとと、朝、起きたあとしばらくコンタクトレンズを装着しない間は、メガネをかけていますが、これも最低限の度数にしています。

そのため、床のゴミが見えにくいです。

床の色は薄いのですが、やっぱり見えにくいです。

我が家の女子は皆髪が長いので、髪の毛がよく落ちているのですが、よく目を凝らさないと見えませんん。

そして巾木にたまったホコリも、よくよく見ないと、見えません。

壁についたちょっとした汚れも、物を拾う時など何か理由があって近づいて見たときでないと見えないです。

もし私の目がもっとよければ、小さなゴミやホコリ、汚れがすぐに気になって、もっとこまめに掃除していただろうな…と思うのですが。

実際、よく見えて気になった時はすぐに動いています。

言い訳なのですが、本当に、見えないから気にならない=掃除しない…になってしまうのですね…。

また、以前、日当たりがよい方がゴミが見えやすいんだなあということに気が付いた事がありました。

暗い場所や日当たりが悪い場所は汚れに気が付かず、朝だけ日当たりが良い場所は朝だけ汚れに気が付いて、やはり日当たりは大切なんだなあと思いました。

でもそれも、目が良ければ、多少暗い場所でも、汚れに気が付きやすいのかもしれないですよね。

ルーティーンにするのがよいかも。

洗面所に関しては、私と娘のドライヤー後に髪の毛がたくさん落ちているということがよく分かっているので、あまり見えていなくても、すぐにダイソンで掃除をするように心がけています。

でも、リビングなどだと、いつどれくらい髪の毛やゴミが落ちているかはなかなか予想できません。

あまり人がいる時間の少ない、一階の部屋や廊下などはなおさらです。

そのため、私のような人は、やはり、一日のうちの、この時間とこの時間にリビングに掃除機をかける!週に一度は巾木を掃除する!という風に決めて、ルーティーン化してしまったほうがいいかもしれませんね。

「やらなきゃ」と決めてしまうのはあまり好きではないですが、汚れが溜まって行ってしまうよりはマシかも…!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました