旗竿地の建売でも、すぐに売れる物件、その工夫やこだわり。

我が家は旗竿地の建売に住んだことがあり、住み心地はとても良かったのですが、

どうしても「間取り」と「外観」が気に入らず、注文住宅を建てることに…。ワガママですねぇ…

旗竿地の建売といっても、中にはすごくこだわって工夫して作られている物件もあります。

そういう物件は、旗竿地の方が早く売れることもあるそうですよ。

光を取り入れる工夫がされている。

私が見たことのある、工夫された旗竿地の建売住宅は、

1階リビングの横に、小さいけれど素敵な中庭がありました。

窓も大きく、直射日光が入らなくても、抜け感があり、明るくオシャレな雰囲気でした。

他には、吹き抜けになっていて、二階リビングに二階の窓からの光が届く、という物件も。

吹き抜けがあるだけで、ぐっとオシャレな雰囲気になりますよね!

また、二階の広い寝室が勾配天井になっていて、セカンドリビングとしてもぴったりな雰囲気だったり。

旗竿地の建売で、土地の条件が悪くても、家の中でアドバンテージを作っているという物件も、いくつもありました。

デザインや外構にこだわり。

そして、外構や植栽もとても工夫されていて、旗竿の「竿」の部分すらオシャレに見えたり…。

同じ街区の他の家も、同じ様なテイストで素敵にデザインされていて、

それでも一戸一戸の家が少しデザインが違っていて、旗竿地の家も同じようにオシャレな外観。

それなら、旗竿地は地味…?と悩む必要も全くなく、むしろ、そんなステキな街の一角を、お安く買えた!とお得感を得られそうです。

実際にいろいろな物件を見てみると。

建売といっても、とにかく安く建てるのがモットーのハウスメーカーと、

オシャレなデザイナーズ物件を建売で建てているメーカーとでは、全く印象が違います。

もちろん価格も全く違ってはくるので単純に比較はできないのですが…。

とにかく土地と安さが重視!という方も、いろいろな物件を見てみると、とても勉強になると思いますよ。


改訂版 こんな建売住宅は買うな


改訂版 小さくても居心地のいい家を建てる152のコツ―床面性が小さくてもゆったり暮らせるポイントが豊富な写真でよくわかる! (別冊プラスワンリビング)
タイトルとURLをコピーしました