注文住宅、照明スイッチの場所(と種類)、ちょっと失敗&後悔!その2。

ここ最近、照明スイッチの場所と、照明の種類に関して、ちょっと失敗したな…と後悔することがまたまた出てきました。

住んでからでないと気付かないことだな…と思うので、どなたかの参考になれば幸いです。

子ども部屋・寝室に近いトイレの照明。

子ども部屋と寝室に近いトイレの照明…我が家では一階のトイレですが、

これがちょっとまぶしかったな…と少し後悔しています。

特別、とても明るい照明にしたわけではないのですが、

夜中に起きてトイレに行くときに、「まぶしい!!」と思ってしまうのです…。

深夜なので、まだまだ寝る気満々、なのにまぶしい光を浴びてしまうと、ちょっと眠気が冷めてしまいそうで…実際はすぐに寝てしまいますが(笑)。

優しい光にもできるタイプの照明…それこそ調光タイプとかだともっとよかったかな?と少し思います。

門柱の灯りのスイッチの場所。

庭先にある、門柱・ポストの灯りは、スイッチをONにしておくと、日が暮れてから自動で灯りが付いてくれます。

でも、夜中にはちょっとまぶしいし(玄関ドアのガラス窓部分から、家の中へも灯りが入ります)、そもそも深夜に灯りが付いたままだと電気代ももったいないので、夜寝る前とかに電気を消すようにしています。

でも、この門柱の灯りのスイッチ、玄関土間に下りないとON/OFFができないのです!

この写真の、青マルの部分に、門柱のスイッチと玄関スイッチがあります。

一番使い勝手のよさそうな、赤マルのスイッチは、土間収納の照明だけです…。

この赤マルの部分に、玄関照明も、門柱照明も、スイッチを集めればよかった…!

照明の打ち合わせの時、そこまでの想像力が働きませんでした。

(玄関照明のスイッチは、階段下に一応ありますが、ちょっとだけ離れていて使い勝手が悪い…)

そのおかげで、寝る前のほぼなにもやる気のない状態で、(笑)、いったん靴を履いてスイッチを押しに行かなくてはいけないし、

夜中に起きたときにつけっぱなしなのに気が付いて、スイッチを消そうとしたときにも、まず玄関の灯りを付けて(省略することもあり)…靴を履いて…と言うのが本当に面倒です。

スイッチの場所、しっかりシミュレーションをしよう!

照明スイッチの場所を考えるときは、おそらく、担当の方からの提案とかがあると思います。

ならそれでいっか~と、面倒になって深く考えるのを省いてしまいました。

でもそれがちょっと失敗だったな…と。

自分が毎日、どういう動きをして、どこでスイッチを消すのがやりやすいのか?

家じゅうのことと、一日中の動きを想像して、シミュレーションしてみることをおススメします!

タイトルとURLをコピーしました