ダイニングテーブルとスタディカウンターのテーブルマット(ビニールクロス)をとうとう買い替え!

「unico」で購入したダイニングテーブルは水気禁止。子育て家庭には、そのまま使うのはリスクが高すぎです。

また、造り付けのスタディカウンターも、白いトップにしたので、汚れは避けたい!

というわけで、3年ほど前、新居に越したのと同時くらいにホームセンターでテーブルマット(ビニールクロス)を購入し、常に敷いて使っていました。

ホームセンターで購入したもの。

約3年前、ホームセンターでビニールクロスを購入したのですが、切売テーブルクロス、というような名前でした。

ダイニングテーブルの方のビニールクロスは2㎜厚、勉強カウンターの方は1mm厚のものを購入し、カットしてもらいました。

切ってもらって水平に置いておくと、しばらくしてから縮むそうなので、一度大きめにカットしてもらってから、1週間2週間後くらいにもう一度ホームセンターにレシートと一緒に持って行き、もう一度カットしてもらう、というのが定石のようです。

我が家もそうしたのですが、一度カットしてもらったのがまだ少し大きくて、もう一度カットしてもらったら、今度はなぜか1cmほど小さくなってしまいました(笑)。

それでもまあ大して困らないので3年ほども使い続け、一部が浮いてきたり、さすがに汚れが気になったりしてきたので、正月休みの間にとうとう買い替えることにしました。

ちなみに本当は毎年買い替えるつもりだったのですが…面倒で3年もほったらかしにしてしまいました(笑)。

特に、厚みを薄くした勉強カウンターの方のマット(1mm厚)の方が、鉛筆や消しカスなどでかなり汚れ、とても気になっていました。しかも薄いためにずれやすく、ちょっとストレスを感じていました。

今回は全部2mm厚でちょっと豪華に…ということで2mm厚のものをホームセンターで今回も大きめにカットしてもらいました。

「切売機能透明 約巾90CM 厚2mm」「切売機能透明 約巾60CM 厚2mm」の2種類を購入しましたが、もともとの巾が違うだけで同じ商品です。確か「抗菌タイプ」という事も書いてありました。 

ちなみにこの写真にあるのはホームセンターに持ちこんだ古いテーブルクロスです。汚れているのがなんとなく分かります…。また、これを持って行けばカットしてもらう時楽かなと思いきや、結局ここで長さを測ることになったので、家でちゃんと測っていった方が早いですね(笑)。でも古くなったマットは処分してもらえたので、それはとても助かりました!(お店によるのかもしれません)

2mm厚テーブルクロスの価格について。

ダイニングテーブルも勉強カウンターもすべて2mm厚のもので切ってもらったのですが、

我が家の勉強カウンターはL字型で少し大きいので、全部で1.5万円ほどもかかってしまいました!

(ダイニングテーブル:巾90cm 厚2mm 10cmあたり338円を16単位購入 合計5,408円+税)

(勉強カウンター:巾60cm 厚2mm 10cmあたり278円で、9単位と22単位購入 合計8,618円+税)

しかも、しばらく水平に置いておいて縮ませてから再度カットしてもらう時に、

長さ(縦)に関しては費用は掛からないのですが、巾(横)に関しては10cmあたり100円くらいの価格がかかるという事で…あれ、前回もそうだったっけ?と思いつつ、おそらくカットする際にも4000円ほどの費用が掛かる模様…。

必要経費なので仕方ないのですが、ちょっと痛い出費!

自分でカットできる器用な人ならこれを節約できるのになあ…我が家は不器用だし怖いので切ってもらうつもりです。

そして今回こそはサイズをぴったりと合わせたいし、なるべく汚さないように頑張っていきたいです。

なんと裏表があるとのこと…!

ちなみに今回、買う時に驚いたのが、このビニールクロスに裏表があったこと…。

全く知らないで使っていたので、ダイニングテーブルの方はしばらく、裏を使っていたようです。

ツルツルとした方が表で、滑りにくなっている方が裏。

同じ面をすり合わせてみて、ツルっと感じる方が表で、ちょっとざらっと抵抗を感じる方が裏です。

ちょっとざらざらで滑りにくい方を表にして使ってしまっていました…。その方がお皿とかがすべりにくくていいかな?と思い込んでいたかも(笑)。

そのせいで汚れも落ちにくかったのかな…?

次からは気を付けて正しい方を使って行きたいと思います(笑)。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました