「太陽光パネル」付けるかどうか相談。メリットとデメリットは様々。でも我が家は付けたいかも!太陽光その2。

前回、「太陽光パネルが気になっている」という記事を書いたように、

以前は何となく避けていた太陽光パネルですが、ここにきて、すごく気になってきています。

そこで、ハウスメーカーの太陽光部門の方に来ていただき、詳しく話を聞かせてもらいました!

素人がなんとなく思っていることなので、間違いやおかしなところがあるかもしれませんが、あくまで一消費者の感想をメモしておこうと思います。

いいなと思ったこと。

・昼間、毎日、電気をガンガン使う我が家には最適かも。太陽光の売電価格(21円)よりも、買電価格(約26円)の方が高いこともあり。

・しかも我が家はシンプルな切妻屋根、南東向きに5kWほど載せられる(自家消費メインならもっと減らしてもよいかも?)、近隣より少し背の高い家なため日差しを遮るものも今のところ何もない。

・機器の補償、自然災害の補償も最近は手厚く、15年~20年ほど補償される。

・売電価格は確かに10年前よりもかなり下がってきているが、初期費用もその分安くなっている。初期投資も10年ほどで回収できる計算。10年後、売電価格が保証されなくなってからも、昼間は自家消費ができるので買電しなくてもよい分はその分だけお得(しかも電気料金は上昇傾向にある)、売電も単価は下がるにしてもいくらかはできるはずなので、10年で回収…にこだわることもない(短いにこしたことはないけど)。

・停電の時は非常用電源を使って(昼間だけだけど)携帯の充電などができる。10年後以降、蓄電池を購入すればさらにGOOD。

・建ててもらったハウスメーカーに施工してもらうため、構造計算をやり直してくれるので、安心できる。(※ハウスメーカーによって違うので注意)

・屋根の遮熱効果がいくらかは期待できる。

・自治体からの補助金も少し出るらしい(5万ちょっとくらい?)。次世代住宅ポイント制度がなくなったのは残念だけど…。

・自宅で発電ができてそれを使う…というのがやっぱりなんとなく良い。

ちょっと心配…と思うこと。

・屋根に穴を開けて設置するので雨漏りが心配。←建てたハウスメーカーで施工してもらうので家の補償には影響ないが、他の業者にお願いした場合も雨漏り補償はあるようだしその方が安くなる可能性もある…。

屋根の塗装などメンテナンスの時にパネルが邪魔になる?

・隣の家と距離が近いので、もし大雪が降った時に、パネルだと雪がすべりやすく隣家に迷惑をかけるかもしれない。←雪止めを付けることで心配を減らせるかな。

・将来、撤去したいときの費用。

補償は手厚い(台風や落雷、火災、雪の場合は15年補償される)が地震・津波の場合は適用されないらしい。また、どのみち、パワーコンディショナーは15年ほどで買い替えが必要(それまでに壊れたりすれば補償されるようだけれど…)。

・南東側だけにパネルを付けると負荷が偏り、地震の時が心配。←構造計算をやってもらうので、もし問題がありそうだったら反対側にいくらかずらしたりしてバランスを取ればいいのかな…。

・やはり初期費用はそこそこかかる。ローンを組む場合は金利がかかってもったいない。←夫がすごく乗り気だし、もしやるなら現金払いで行くつもり。

とりあえず、気持ち的には付けようかという前向きな気持ちなのですが、どこのメーカーのものにするか、どの部分にどれだけ載せるかなどで迷い中…。もう少しじっくりと悩んでから決めたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました