記事内に商品プロモーションを含む場合があります
暮らしのアイディア注文住宅

畳スペースが狭くて失敗…?でも「広げる」裏技を発見して少し使いやすく改善

リビングの一角に作った、ちょっとした畳敷きのスペース。

TVのあるリビングゾーンとはソファで区切られていて、さらに隣にスタディカウンターがあって勉強コーナーとは仕切られてありますが、

壁とかでの大きな仕切りはほぼなく、このスペースとリビングとは同じ空間で、床の高さも同じでフラットです。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

畳スペース、多用途に使われているのに、狭い…!失敗だったかも

活躍しているからこそ…狭かったのが失敗

ここは、末っ子のおもちゃ遊びゾーン、ゲーム、勉強スペース、そして洗濯物干し(室内干し・バルコニーに出す洗濯物をいったん干す)ゾーンなどとして毎日大活躍。

かるたの練習やストレッチなどにも使われ、かなりの使用頻度で、一度に3人が使っている時間帯もあり、ちょっと狭かったかもと後悔している場所でもあります。

真ん中の子はここでミニテレビを見ながら宿題をすることも多く、ここに小さい座卓や本棚を買おうかと検討しているのでなおさら、広いとよかったかもなあと。

ゴミがたまりやすい欠点も

洋風の畳なので、昔ながらのものよりもシンプルでおしゃれで気に入っていますが、ふつうの畳と比べると少し固め。

フラットなためかリビングからのゴミやほこりも入ってきやすいし、ここで洗濯物を干す作業もしているせいもあって、隙間にごみもたまりやすくて、汚れや変色も気になるし、

数年後にはリフォームも必要かもしれないので、メンテナンスを考えると狭くて正解だったのかもしれませんが…。

本当は仕切りたかった

また、もしここに布団を敷きたいという時も、3畳だと1枚がやっと…。

実家の親が泊まりに来た時に、ここを来客用のスペースにしたいのですが、仕切りがないので厳しいし、3畳だとさすがに狭い…。

洗濯物を干しているのをリビングから隠すためにも、仕切れたらよかったなあ。

とにかく活躍しすぎて、3畳では少し狭かった!もう少し広ければよかった仕切れたよかった。と思うことも多いのが事実。

少し改善策?ソファの位置を変えれば、使えるスペースが広がる!

ソファを前にずらす

そこで夫が急に思いついたのが、「ソファの位置を前にずらす」という方法です。裏技でもなんでもなく、たったそれだけなんですが…。

もう少し前にずらしても、リビングのほうの広さにはあまり影響はなし。3mほど先にテレビがあるだけのフリースペースなので。

そうするだけで、このスペースが少し広くなり、使いやすくなりました…!!

仕切りがない間取りなら、スペースを広げられるというメリットがあった

別に「畳」がなくても、この使い勝手のよいスペースが広くなればいいんだということに気が付きました。

ふすまなどで区切りのない間取りにしたからこその、フレキシブルさという長所が、やっと少し役に立ったかも!?

本当は、泊まりに来た家族が寝れるスペースにするため等に、独立した和室にしたいと思っていたのですが、勾配天井にした関係などで個室にはできず、建てた後も微妙に後悔していたのですが、こうやってスペースを広げたり、必要なくなれば狭くしたりという自由さという点では、よかったのかもしれません。

さらに、我が家のソファは、大きなコーナーソファではなく、普通の2.5人掛けくらいのサイズなので、ちょっと位置をずらしたりするのも簡単だし、そこまで邪魔にならず、模様替えも簡単にできるというのがメリットの一つです。

布団も敷ける

たたみにふとん

このスペースの広さは約3畳、ふとんを1枚敷けるくらいの広さがあるので、先日、急遽ここで布団を敷いて寝ようという時が1度だけあって、狭いけれど畳コーナーがあってよかったなと思ったし、ソファをもう少しどかせばまだ横に並べられます(その場合は畳の上ではなく普通のフローリングの上になりますが笑)。

失敗・後悔もあるが…「洋風畳」自体はお気に入り。

洋風の畳は見た目的にも気に入っているし、少し硬いけれど寝転がれて、何かと気に入っているので、もういっそのこと、リビング全面を「畳リビング」にすればよかったかな?と思うくらい。

掃除がちょっと大変になったり汚れが取れにくかったりしたかもしれませんが、フローリングの場合もすぐに傷がついていずれ張替が必要になるし、一緒かもしれない…。

家族もよくテレビの前の床に転がったりしているし、カーペット類は好きではないので敷かないし、リビング全面畳でもよかったかも。

まとめ

リビング脇に作った、たった3畳のスペースは、失敗や後悔はありつつも、一応大活躍しています。

とはいえ、本当はもう少し広くて、押し入れも小さくてもいいからあって、そして仕切れる和室がよかったんですけれどね…!

リビングから仕切れた方が、もし寝るために使うときにも使いやすかったし、ホスクリーンに干した洗濯物も隠せるし。

広々とした仕切りのないリビングを目指したこと、勾配天井にしたかった(→そのため仕切り壁を入れられなかった)ことを優先したので仕方ないですね…。

error: Content is protected !!