早速壊れた!注文住宅の「タテスベリ窓」の使い心地。そして住んでいた建売住宅の悩みと不満を思い出した話。二階の引き違い窓は危ない!?

以前住んでいた建売では、「タテスベリ窓」はなく、

キッチンなどについている縦長の窓は「片開き窓」でした。

レバーを押せば簡単に開くし、とても便利だったのですが、今回の注文住宅では、片開き窓ではなく、「タテスベリ窓」がたくさん使われることになりました。

タテスベリ窓の使い心地。

タテスベリ窓は、レバーをクルクルと回して、開く角度を調整できます。

片開き窓と違って、クルクル回す手間がかかるので、面倒じゃないかな…と思っていました。

そのため、できれば片開き窓をとお願いしたのですが、サイズの関係かサッシの関係か何かで、すべてタテスベリ窓になりました。

使ってみると、別に面倒ではありません。片開き窓と、使い勝手はそこまで変わらないので、よかった…と思っています。

ですが、慣れるまではちょっと面倒かもしれません。

まずロックを解除してから、クルクル回さないといけないので…。

このロックのつまみを上に上げて「ひらく」にしてから、バーを回します。

窓の空き具合は、「全開」と「半開」を選べます。

慣れないと…壊すかも!!

この「ロックを解除」することをきちんと覚えておかないと、タテスベリ窓はすぐ壊れてしまいやすいです!

住んで半年も経ってから、夫がようやく初めてタテスベリ窓を開けようとしたらしく、

ロックを解除しないまま、バーを強引にグルグルと回してしまいました!!

すると、窓、壊れてしまいました…。ロックの解除がどうにもできないし、

バーを回しても窓は開かないし…。

数日後、アフターの方が来てくれて、ドライバー一本で直してくれましたが…。

ちゃんとロックを解除してから、バーを回すように、慣れておかないといけないですね。

階段のタテスベリ窓。

階段のタテスベリ窓は、バーを付けても届かないので、チェーンをひっぱることで開閉できます。

ぶら下がったチェーンがちょっとジャマではありますが…。

チェーンをどちらかの方向に引っ張るだけで開閉ができるので、やりやすいといえば、やりやすいですね。

タテスベリ窓のメリット。

こういう窓は、引き違い窓よりも気密性がアップするとか、

見た目的にもよくなるというメリットがあるそうです。

私的には、タテスベリ窓は、細長いし、開けられる幅も限られているので、子どもの落下防止になっていいな、と思います。

今、二階の窓は、ほとんどがタテスベリ窓。ベランダに出る部分だけ引き違い(掃き出し)窓です。

以前住んでいた家は、2階の個室に堂々と引き違い窓がたくさんあって…。

子どもがふざけていると落ちてしまうんじゃないか、とかなりハラハラしました。

この図のように、窓の下に一階部分の屋根があるならまだしも、下に屋根も何もないのに引き違い窓があると、ストーンと下に落ちそうで怖くて。

しかも、下に屋根もないしパラペットみたいなのももちろんないので、危ないばかりか、エアコンを付けたいときに、一階までホース?を伸ばさないといけなくて、料金も余分にかかるし見た目にも影響するし…。うーん…と思いました。

購入する際、担当の人に、「この2階の引き違い窓、大きいし、危なくないですか…」と聞いたのですが、「明るさをたくさん取ることをとにかく考えていたので、そこまで考えていなかったですね」なんて言われたことがありました。

そこで、2階の大きな引き違い窓、4つ全部に、面格子を付けようかとも考えたのですが、見た目がすごくなりそうなので、業者さんからも反対され、さすがにそれはやめました(笑)。

二階の安全性…子ども部屋にすることも多いのだし、もう少し考えて建ててくれてもいいのにな、とちょっと思った経験でした。

タイトルとURLをコピーしました