天窓と、高窓の、困ったところと、換気のお話。汚れているのに掃除ができない!高窓に入る日差しが秋でも暑い…!

とにかく日当たりのよいリビングが欲しくて付けた、勾配天井のいちばん高い部分にある高窓(南西向き)と、北側の階段上にある天窓。

望み通りに、明るいリビングが手に入ったのですが、やはりデメリットもありますね…。

10月に入ってから、高窓に入る日差しがまぶしい。

夏の本当に暑い時は、太陽の高度が高いので、一応、ひさしのある高窓に直射日光は入りません。

でも、10月くらいになって、太陽高度がちょっと下がってくると、

高窓に直射日光が入って、とってもまぶしい!ということがあります。

透明ガラスで、カーテン類もないので、とにかく直射日光!マブシイ!

10月の天気の良い午後だと、まだまだ暑いので、この直射日光がまた、暑さに追い打ちをかけます(笑)。

でも、明るいから、いいんですけどね…。

↓10月下旬、午後2時頃の日差しです。

窓を開けて、風を通せば、割と涼しくなる。

さすがに10月、11月になってからは、暑いからと言ってあまり冷房には頼りたくないので…。

リビングの掃き出し窓を開けて、ちょっとだけ日よけのためにシャッターを下ろし、

掃き出し窓と対角のような位置にある、トイレのタテスベリ窓を開け、

サーキュレーターを回せば、けっこう風が通って涼しくなります。

でも本当は、トイレ側(家の奥側)にも、掃き出し窓と同じくらい、大きな窓を付けたかった!

風通しをよくするには、両側に大きめの窓を付けた方がいい、と本に書いてあったので…。

でも、洗面台や洗濯機置き場があるので、大きな窓は付けられませんでした。

洗濯機の上に、小さめの引き違い窓がありますが、この窓よりも、トイレのタテスベリ窓の方が、風の通りが良くなる感じがするので、換気にはいつもこの窓を使っています。

でも…さらに言えば、高窓や天窓が開閉式であれば、もっともっと換気性能が高まっていたのですが…。分かっていたのにできなかった、とまだグチグチと言っています(笑)。

天窓が汚れた!

これも分かっていたことなのですが…、天窓が汚れていることに気が付いたのですが、掃除ができません!(笑)。

↓アップしたところ

おそらく、外側の汚れだと思います…そういえば、いつだったか、鳥のフンらしきものがついていたのですが(それも大問題)、それの跡なのかな…。

内側はまだ頑張れば掃除できそうですが、外側はとても自分たちではムリですね。

TVアンテナを付けてもらったとき、工事の人に、「お宅の屋根はかなり急で…危なかったですよお」とぼやかれたので(笑)、とても素人には昇れません…!

ま、あまり細かいことは気にしないので、このままでもいいのですが…いいのかな!?

天窓から、雨漏りしたら…!?

さすがにまだ入居から1年ちょっとなので、雨漏りはしたことがないのですが、

天窓は雨漏りの心配があるそうで…、ちゃんとメンテナンスをしないといけませんね。

もし万が一、いつか雨漏りしたら…、真下は階段なので、危険極まりないです!

しかも二階リビングなので、みんなが何度も通る場所、雨漏りなんてしてもらってはかなりまずいですよー!

雨漏りの危険性を考えると、天窓を付ける位置、ちょっとまずかったのでしょうか!?

タイトルとURLをコピーしました