PR
便利グッズ&知恵

サーモスデュラブルシリーズ取っ手の取れるフライパン9点セットAAをレビュー(KSA-9A BK)パール金属・アイリスオーヤマとの比較も

記事内に広告が含まれています。

ずっとほしいなと思っていた、サーモスの取っ手のとれるフライパン9点セットを買いました!

これまでは、パール金属やアイリスオーヤマの、取っ手の取れるフライパンセットを使っていましたが、

今回はずっと気になっていた念願のサーモスのシリーズです!!

サーモス取っ手の取れるフライパン9点セットの内容

フライパン20cm、フライパン26cm、鍋18cm、炒め鍋24cm、フライパン専用フタ(20cm&24㎝兼用)、18㎝鍋専用フタ、取り外せる専用取っ手、ナイロントング、木製プレート(鍋敷き)、の9点セットで、私は8,200円(税込み)で購入しました。

1点当たり1000円もしない計算になりますね…!セット商品はお得感があってGOODです。

全部真っ黒で鉄鍋のような見た目ですが、鉄鍋ではないので手入れは楽だし、なんと食洗機OK!これが購入の決め手でした。

オールブラックでシンプルでかっこいい見た目なのでどんなキッチンにもなじみますね!

26㎝フライパン用のふたはついていないので注意

ちなみに一番大きい26㎝のフライパン用のふたはこのセットにはついていないので注意です。

もともと持っていた、同じ26㎝のフライパン用のふたが、ちょうどぴったりはまってくれました!

メリット・気に入ったところ

フライパンとナイロントングは食洗機OK!

取っ手が取り外せるので、そのまま食卓で出す際に便利なのはもちろん、洗う時も取っ手が邪魔にならないので本当に助かります!

そしてこのサーモスのセットのうち、フライパン・炒め鍋・鍋と、付属のナイロントングは、食洗機対応なので食洗機で洗うことができます…これがうれしい!

フタが洗えないのがちょっと残念ですが、フタがすごくよごれることはそんなにないし、サッと洗えばOKなはずなので大きな問題はないでしょう。

我が家のビルトイン食洗機(深型)に余裕で入る

26㎝のフライパンを食洗機に入れたところ。

24㎝の炒め鍋を入れたところ。

どちらもしっかり入るので問題ないです!

取っ手は流水洗いOK!

取っ手は、他の同じような取っ手の取れるフライパンシリーズ同様、洗えないのかなと思いきや、なんと「流水洗い」はOKと書いてありました!

これまで似たような他社の取っ手の取れるフライパンシリーズのものを使っていて、取っ手は洗えないとのことだったので、フライパンや鍋に触れる部分がちょっと汚れた時に、ウェットティッシュで拭いたり、内部まで濡れないように気を遣ないながら洗っていたので、これからは取っ手も気にせず洗えるならかなり楽だと思います!

取っ手の取り外しも簡単

18㎝の鍋に、取っ手とフタを付けたところです。5人分の味噌汁にちょうどいいサイズ!!

一番小さいフライパンに、外せる取っ手を付けたところです。

取っ手の付け外しはとても簡単で、初めて見るタイプでも全く戸惑いなくできました。

少し深めの設計・炒め鍋は直径24㎝で深くて便利

小さいフライパンでも、少し深めにできている(深さ約5.5㎝)ので、ラーメン1食分くらいなら作れそう。

ちなみに下の写真の左側は、24㎝の炒め鍋。右側が26㎝のフライパン。

炒め鍋はけっこう深めにできているので、シチューやグラタン、麻婆豆腐など色々と使えそうです!

しかも26㎝の深めではなく、24㎝の深めというところがミソですね!26㎝の深めの炒め鍋だと、大きすぎて使いづらいので、ひとまわり直径が小さめだけど深め、というところが使いやすさをアップさせてくれています。

オーブンOK IH&ガス対応

オーブンもOKなので、グラタンを作るときは、炒め鍋で具材を炒めて煮込んだら、取っ手を外してオーブンへIN!というのができるので助かります。(220度まで)

電子レンジはNGなのはほかの同様の商品と一緒ですね。

またこちらの商品に関してはガスはもちろんIHにも対応しています。(ガス火専用のシリーズもありましたが、フライパンの深さが少し浅そうでした)

重ねられるので、コンパクトに収納可能

もちろん、重ねてコンパクトに収納できます!これを機会に、古いものを一気に処分して、ガスレンジ下の収納内にすっぽりおさめることができました。

木製プレートがすごくしっかりしている!

そしてうれしいポイントのもう一つが、木製プレート。意外と、しっかりとした鍋敷きって買うと高いし、取っ手の取れるフライパンは、料理をしたらそのまま食卓に置けるのが便利ですが、しっかりとした鍋敷きがないと厳しいですよね。(前に、安いものを使って、フライパンの底に張り付いてしまったことがありました…)

しっかりとした厚みがあって、でも重たすぎなくて、見た目もなんとなくかっこいいしすごく気に入りました。

これで安心してあつあつのフライパンを食卓へ持っていけますね…!

デメリットは?

デメリットは、

・耐久性はまだわからない

・26cmのフライパン用のふたがついていない

・何個かを同時に使う場合は取っ手が足りないので買い足す必要がある

「10点セット」なら、取っ手が2つついているし、買い足すにしてもそこまで高くないので大きな問題ではないかなと思います。

あとは耐久性が気になるところですが、こういうフッ素樹脂塗装のフライパン類はどうしても傷がついたり焦げやすくなったりするのは仕方ないので、使用頻度が高いものは1年に1度くらい単品で買い替えたりしていけばいいかなと思っています。

<追記>

しばらく使っていてデメリットを発見しました。

・ふたをして煮ていると、水滴が下に落ちる

ふたの方が、鍋よりもひとまわり大きく、かぶさっている形なので、水滴が落ちやすかったり、吹きこぼれもちょっと気になるかも…。

パール金属・アイリスオーヤマの取っ手の取れるフライパンと比べていいところ

これまで使っていたパール金属や、アイリスオーヤマの取っ手の取れるフライパンと比べて、今回のサーモスのものが「いい!」と思った点はこちら。

・「食洗機対応」

・「真ん中に印刷の文字がない」←焦げ付きやすくて困っていたので

・真っ黒でおしゃれ

・取っ手も流水洗い可能

・普通のフライパンも少し深め設計になっている

<パール金属>

<アイリスオーヤマ>

アイリスオーヤマや、パール金属の取っ手の取れるフライパンは、安くて、単品の商品も多くて本当に重宝してきたのですが、このフライパン内側にある印刷の部分に、たまごが焦げ付いたり、肉やソースの焦げが付きやすかったりとちょっとイライラしてきました。

それに食洗機にも対応していないのでそれが不満で…。※最近は食洗機対応のシリーズも出ているみたいです。

でも、パール金属の、小さめサイズのフライパンの深型(20㎝の炒め鍋)が、かなり深めですごく使いやすいので、これはずっと今後も使っていくと思います。

また、アイリスオーヤマの取っ手の取れるフライパンシリーズの卵焼き器も毎日愛用しています。

こちらは内側に印刷がないし、焦げ付きにくいので、こちらもまだしばらく使っていくと思います。

ただ、色(外側の色)が赤なんですよね。ちょっと色がバラバラになってしまいました…。

サーモスのデュラブルシリーズは、どれもシンプルなカラーでシックなものが多いので、その点もお気に入りポイントの一つです。

error: Content is protected !!