リビングのテレビと窓の関係で悩んだ体験。テレビの上に窓、横長窓に憧れたが、デメリットがあった!?

注文住宅を建てるにあたって、リビングのテレビ周りの窓は、「テレビの上に横長の窓がいいな」という、漠然とした憧れがありました。

モデルハウスや、いろいろなリビングの写真を見ていて、テレビの上に横長の窓があると、おしゃれだな…と思ったためです。

でも、間取りが決まっていく中で、窓のことをテレビとのバランスを考えた上で検討すると、そう簡単にはいかないことが分かってきました。

 

理想の窓、最初の案。

最初は、こんな感じの窓が理想だな、と思い、書いた絵をハウスメーカーの担当者に見せてみました。

この窓の図を書いたときは、きちんとテレビの幅を測り、縮尺のことを考えて、なるべく正確なバランスになるように、方眼ノートに計算して書きました。

下の図は、それを改めてペイントで書き直したものなので、縮尺はちょっと適当です。

※左下の変な形のものは、造作のカウンターと収納です。

 

窓とテレビのバランスが難しい。

担当者さんに見せると、希望の位置では窓が付けられない!ということが判明しました。

角?から、90mはあけて、窓を設置しないといけないとのことでした。

私の書いた図では、40cmしかあいていない場所から、窓が始まっていました。

テレビとのバランスを考えると、この窓の位置がベストだったのですが…。

ちなみに、左側の横長窓も、キッチンの建築化照明の関係か何かの理由でNGと言われ、断念することになりました。

そこで、位置をずらして書いてみると、こうなりました。

うーん、テレビと横長の窓の位置がどうしてもずれる。

テレビ台をもっと左に寄せればいいのですが、そうすると右側が不自然に開いてしまうので嫌だ!というわけで、こういう案も考えました。

引き違い窓はあまりデザイン的にはよくないけれど、光はたくさん入るし、換気にもよさそう、ということで書いてみましたが…やっぱりおもしろくない。

その上の、三連窓の案は、なんとなく書いてみたものですが、これが意外といいかもね?ということに。

 

テレビとのバランスがとりやすい、三連窓。

なかなか、横長窓への憧れがあきらめられなかった私ですが、打ち合わせの中で、「横長窓にすると、テレビを買い替えたときなどにも、バランスがとりにくくなる」という、担当者さんの声でとても納得。

もし万が一、このように、テレビをもっと大きなものに買い替えた時も、窓とのバランスを気にせずにすみそう…。

そして、和室側に、横長窓を付けることで、私の憧れも回収させることができました(笑)。

 

そして出来上がった三連窓。

結果的に、テレビや、造作カウンターとのバランスもあまり気にならないし、

テレビの買い替えの時も、液晶サイズを小さくしても大きくしても、問題なさそうです。

 


一生使える! 住宅の高さ寸法 (エクスナレッジムック 建築知識)

タイトルとURLをコピーしました