【ベランダ比較】マンション、建売、注文のベランダ(バルコニー)比較

マンションの頃の広いベランダ、建売の時の狭いベランダ、注文住宅の今のまあまあ広いベランダ…。

偶然にもほとんどが南西向きのベランダでした。

広さの違いはもちろんですが、雰囲気もそれぞれ違ったので、少し比較してみたいと思います。

※ベランダは屋根があるもの、バルコニーは屋根がないものと最近知りました(笑)。我が家はほとんど屋根がないのでバルコニーだと思われます。

分譲マンションの広いベランダ。

けっこう奥行きも横幅もあり、洗濯物がたくさん干せたし、外用の机とテーブルを置いてみたりもしました。

夫はずっとここをウッドデッキにしたいと言っていましたが…結局は引き渡しの時のままでした。

南西向きのベランダでしたが、ベランダが広く軒も深い分、あまり暑さは感じなかったように思います。

ただ少し残念だったのが、少し見えていますが、手すりが「格子」だったこと。

ほかのお部屋は、透明のガラスタイプだったりしたのですが、なぜかうちはあんまりかわいくない普通の格子…。

引っ越してから気が付いたことだったので、ちょっとだけがっかりしました。

建売の頃のバルコニー。

このサイズよりももう少し短いバルコニーが、別にもう一つありました。

でも竿掛けが付いていたのはこのバルコニーだけで、洗濯物干しはほぼここだけ。

せめて、もう一つのバルコニーつながっていたら、もう少し使い勝手がよかったのにな…。

竿掛けがあると、さらに狭く感じて、洗濯物を干すと人の通るスペースがほぼありませんでした…。そのため、バルコニーに出たことはあまりありません。

いつも、掃き出し窓を開けて身を乗り出して、洗濯物を出し入れしていました。

ぎりぎり、布団干し台も置けましたが、全部開いては置けなかったので、少し閉じた状態で置いていました(汗)。


SeatheStars 物干し X型 伸縮 折りたたみ可能 約4~5人用 簡単組み立て 布団干し 室内物干し ステンレス タオルハンガー付き 幅88~155cm


たくさんの洗濯物は干せませんが、バルコニーの奥行が狭かったので、バルコニーにわざわざ出なくても、窓の位置から布団をエイヤっと干せたのは、ちょっと楽だったかのもしれません。

ちなみにこのバルコニーも南西向き。旗竿地で南側が家でふさがれていましたが、冬のほんの一時期を除けば、一年中日が当たっていたかなと思います。

でも、いつもこのバルコニーのある部屋を、洗濯物干し部屋として使っていました。


ekans(エカンズ) ステンレス屏風型物干し 3連タイプ SBM-30S

こういう感じの洗濯物干しを窓際に置いて、まずはここに全部干し、外に出したいものだけをバルコニーに出していました。

こういうタイプの洗濯物干しは、いらないときにはすっきりと降りたたんでしまえるし、洗濯物を干していない時はそのままでもあまり邪魔にならなくて、便利でした。

ただし…、室内干しはラクでよかったのですが、この部屋にあったクローゼット内の夫の服が、いくつかカビてしまいました!

タンスにゴン的なものは一切使っていなかったし…。湿気対策などはしっかりとした方がいいですね…。

ちなみに、この部屋によく「ゴキちゃん」を発見しました…。掃き出し窓だし、バルコニーづたいに入ってきてしまうのかな…?

梅雨の時期以降に、窓を開けて網戸にしていると、高確率で遭遇してしまいました。

でも、「お外用のコンバット」を置くと、かなり改善されました(汗)。


KINCHO コンバット ゴキブリ殺虫剤 屋外用  6個入

注文住宅のバルコニー。

南西向きの広いバルコニー、広いのはいいですが、庇がほとんどなく、目の前に遮るものもなく、暑いです!

人工芝が余計に暑くさせている…!?のかもしれません…。

そのため、ゴーヤのグリーンカーテンをせっせと作り育てています。

ぐんぐん伸びているので、成長を見守るのがけっこう楽しいです。

グリーンカーテンで、少しでもバルコニーと二階リビングが涼しくなればいいのですが…。

ちなみに、マンションのベランダは、子どものプールNGでしたが、一戸建てなら気にせずできるのがメリットですね。

でも真夏は人工芝がかなり暑くなりそうなので、要注意ですが…。

タイトルとURLをコピーしました