樹脂製の「よしず」を買ってみた!二階のベランダと室外機を直射日光から守りたい!冷房の効率もUP?

南西向きの二階リビング、猛暑日は本当に暑くて、せっかく買った29畳用のエアコンの室外機も、バルコニーで熱くなってかわいそう…!

昨年買った「シェード」は、掃き出し窓のシャッターボックスにマグネットで貼り付けているので、掃き出し窓の脇に置いている室外機は、午後を過ぎてしばらくしてからは日陰にならなくて心配。

そこで、エアコンの室外機のあたりをしっかり陰にしてあげたい…ということで、ホームセンターで「よしず」を買ってみました。

お手頃価格のすだれ?藁製のよしず?樹脂製のよしず?

ホームセンターでまず惹かれたのは、お手頃価格の「すだれ」

昔ながらの、竹でできたすだれ。でも、これをどうやって吊るせばいいのか…?

シェードもいまいちきちんとつけれていないので、なんとなくうまくいかない気がしてしまいました。

それに、室外機をしっかりと日陰にしてあげたいので、吊るすのではなく、立てかけて置けるものがいい…と思い、「よしず」にしよう、と思いました。

また、「よしず」も、昔ながらの藁でできたものがとてもお手頃価格で売っていました。

藁でできたよしず、たて240㎝×よこ180㎝サイズのものはなんと、一本1280円でした。

でも、見た目が日本家屋風に合う感じなので、うちの外観には合わないかも…。

しかし、もう少し洋風に見えそうな「樹脂製」だと同じサイズで一本3580円くらいと、藁のものに比べるとけっこうお高い…。

でもデザイン性と、雨に強くて数年は持ちそうだなということで、思い切って購入。

ちなみにネットにも、便利な収納ケースがついている、洋風のたてすが売っていました。シェードをたてすにしたような商品なら、より、洋風の家にも違和感なくなじみそうです!

よしずの見た目は?

見た目は、外から見るとやっぱり「よしず」なので和風な感じがしますが(笑)

通りから見ると、上の方しか見えないしまあいいかな。

それに、窓の部分には、よしずの上にさらにシェードを重ねて使うことにしたので(ベランダの床全体がより日陰になるように…!)、外からはほとんど目立たないはずです。

収納はどうする?

けっこう大きいし、3つも買ってしまった(笑)ので、収納はどうする…という迷いもあったのですが、

クルクル巻いておけばわりとコンパクトだし、巻くだけなのでしまうのもラクそう。

ベランダの隅っこに置いてブルーシートみたいなもので濡れないようにしておくか、玄関の土間収納にしまっておけばいいかな…と考えています。

よしずの効果は?

シェードと比べると、よしずのほうが、隙間があるので、間から日は差しますが、風通しが良いので熱がこもりづらくて良さそうです。

室外機も、しっかり日陰になるように調整。

本当に暑くて晴れている日、南西向きのバルコニーに置いてある室外機は、太陽の光のせいでとても熱くなり、冷房の効率が悪くなっていそうなので、よしずでしっかりと日陰をつくれるといい気がしています。

しかも、室外機の目の前だけではなく、横・ななめからの日差しも遮れるように、幅広くよしず+シェードで陰にしているので、南西向きバルコニーへの容赦ない日差しをしっかり避けてくれています。

そういう意味では、室外機をかこっていた、白い室外機カバーは、日よけになっているかと思いきや、カバー自体がすごく熱くなってしまうので、よけいに熱い熱がこもってしまいそうで、真夏はむしろない方がいいかも…と思い、外して使うことにしました。

夏場は外した方がいいかも…?

よしず+シェードのおかげで、二階リビングの冷房の効きがとてもよくなった感じがしています…今のところ!

実際、よしずとシェードをつけてから、室外機まわりのバルコニーの床を触ってみると、以前より確実に冷たい(熱くなっていない!)です。

タイトルとURLをコピーしました