建売住宅の困ったところ~パントリーがない!とにかく収納が少ない!代わりになる家具はある?

建売住宅に入居することになり、収納が全体的に足りない…特に1階の収納が心もとない…と思いました。

そしてまず困ったのが、「パントリーがないこと」でした。

キッチンのパントリーがない。代わりの収納庫が欲しい。

分譲マンション住まいだった時は、造り付けのパントリーがありました。ウォークインタイプではなく普通の収納庫ですが、とにかく便利でした。

次に住むことになった建売住宅だと、パントリーがなかったので、どうしようか悩みました。

食器棚や、システムキッチンの収納を上手に使うという手はありましたが、やっぱり、「目線の高さに」食材を置ける場所が欲しかったのです。

買い物から帰ってきたら、とりあえずパントリーの扉を開けて、買ってきたものを目線の高さでポンポン放り込みたい!

目線の高さに収納があると、しゃがまずに食材を入れられて、出すときも探すときも楽な気がします。

乾物やおやつなどの買い置きのもの、食パンやお茶、買ってきたものをとりあえずこの中にポンと置く。お米やお水は一番下に置く。

だしパックやコンソメ、のりやわかめなどの乾物など、料理の際に頻繁に使うものは、探しやすく取り出しやすい「目線の高さ」での収納が楽なのです。

※実際、キッチン収納の引き出しにも、隠しておきたいおやつなどを入れているのですが(笑)、下へ下へと入り込んでしまうので、「こんなおやつがあったのか!」と後から発見してビックリすることがよくあります(笑)。

もともと持っていた食器棚は、目線の高さあたりの部分は、電子レンジや炊飯器などを置くためのスペースになっていたのでムリ。

システムキッチンの引き出しは、しゃがんだり手を伸ばしたりが必要で、物を出し入れしづらい。

やっぱり「パントリー代わりになる、収納庫が欲しい!」と思い、探し回りました。

でも、ニトリや家具屋で探しても、しっかりとしてはいるけど、10万はするものばかりで高すぎる…!

そこで、ベルメゾンで見つけた「シューズボックス」をパントリー代わりにし、キッチンに置きました。

完成品で、お値段は3万円未満(購入当時)と、リーズナブルでした。

左奥がもともと持っていた普通の食器棚で、その右側がパントリー替わりのシューズボックスです。

同じ白で統一したので、見た目はすっきりしたかな?と思います。

扉は三列になっていて、一番左側の一列を食品用にし、右側の二列は工具や裁縫箱などこまごまとしたものを入れました。

棚板の高さも調節できるので、ちょっと背の高い醤油やみりんの買い置きを置ける広めの場所を作ったり、ティーバッグやだしの素などこまごましたものを入れる場所は狭くして百円ショップのかごがちょうど入るように調整したり。

以前のパントリーと何ら変わらない便利さでしたよ。

ゴミ箱の収納がない。

造り付けのキッチン収納には、ゴミ箱を隠して置ける部分があったり、シンクの下がオープンになっていてゴミ箱を置けたりと、注文住宅ならいろいろな工夫ができます。

建売住宅の場合、ゴミ箱を見えない場所にしまえるようなキッチン収納なんて付いていませんよね…。

そこで、ゴミ箱の収納の仕方も考える必要があります。いかにもなゴミ箱が丸見えだと、どうしても生活感が出てしまうので…。

普通のタンスや食器棚に見えるような「ゴミ箱家具」もよくありますが、とても大きいし、高いし、その割にはゴミの収納量が小さいものが多くて、いまいちピンときませんでした。

子どもがいると、燃えるゴミなんてすぐにいっぱいになるので、45リットルサイズのゴミ箱が必須なんですよね。

そこで、私が考えたのは「ゴミ箱自体をおしゃれなものにする」こと。ま、当たり前なんですが。

我が家のキッチンは、なるべく白っぽい色で統一したいなと思い、白くておしゃれで大きなゴミ箱を探し回ったのですが、45リットルの大きなサイズとなると、なかなかおしゃれなものが見つかりません…。

ホームセンターなどで、まあこれでいいかな?というものを見つけても、大きすぎて持って帰るのも大変です。

そこで、ネット通販でいろいろ探し出したのが、「クード」というゴミ箱。

実際の容量は33リットルですが、45リットルのごみ袋がぴったり入ります。

プラスチック製なので軽くて、コロコロキャスターもついているので、ゴミをまとめるときも、ゴミ袋をセットするときも、掃除するときもらくちん。

違う色で二つ三つと並べてもおしゃれだし、他の部屋にも欲しくなってしまうくらいお気に入りです。

帰ってきてからすぐに掛けたいアウターやバッグの収納。

これは本当に困りました…。とりあえず和室にポールハンガーを置いたり、ハンガーラックを置いたりしましたが、邪魔だし、見た目もあまりよくありません。

とりあえず、ハンガーラックに掛けている衣類が見えないように、シンプルなカバーでラックを覆い、目隠ししていました。


それが嫌ならやっぱり、面倒でもいちいち二階のクローゼットに片づけるのがいいですね…。面倒ですが、慣れれば大したことはないのかも。

脱衣所の収納について。

建売物件だと、脱衣所にもあまり収納がありません…。
バスタオル、ハンドタオル、お風呂場上がりに着るインナーやパジャマは、脱衣所に収納したいですよね。

私が使ったのは、洗面台と洗濯機横の隙間にちょうどいいサイズの「隙間収納チェスト」と、

洗濯機の上のスペースを有効活用できる、洗濯機ラック(ランドリーラック)です。

このラックに、ちょうどよいサイズのカゴを置き、インナーやタオルなどを保管していました。

ちなみにラックの上部に、ハンガーなどをひっかける部分があったので、手洗いしたものなどをちょっとかけておくのに重宝しました。

それから、建売業者にお願いして、洗面台の上部に収納タンスを一つつけてもらいました。もちろん有料ですが…。

ちょっと位置が高いのですが、バスタオルなどのタオル類の収納にとても役立ちました。

ホチキスで付けれるラックもあるので、試してみてもいいかもしれません。

結論。

建売住宅は収納が少ないですが、大丈夫です、収納家具でいくらでも収納が可能です!

サイズの合ったものを探す手間は少し面倒ですが、色々な商品、グッズがあるので、楽しみながら探すと良いと思います。

でも、「造り付けの収納がいい…!」という方もいますよね。造り付けの方が、見た目がかなりスッキリとするし、付けたい場所のサイズや自分の好みに合わせてきれいに付けてもらえるので、やはり魅力的です。

その場合は、思い切って「リフォーム」を考えてみるのもよいと思います。

リショップナビ 見積もり

私も「リショップナビ」を実際に使ったことがあるのですが、無料で、複数のリフォーム会社の見積もりを比較できるので、「ここなら、この値段なら、お願いしたいかも」と思える会社に出会えるかもしれません!

ネット申し込み→リショップナビから要望を確認する電話が来る(もしくはメール返信)→リフォーム会社の紹介連絡が来る→リフォーム会社から下見日時相談の電話が来る→下見の後、見積もりが出る。 という流れになっています。

リショップナビはこちら
タイトルとURLをコピーしました