ふとんカバーの紐の付け方。簡単な方法は…裏返しのカバーのまま紐を結んで、ひっくり返す方法!(掛け布団)【図解】

ふとんカバー(掛けふとんカバー)を洗ったあと、また掛けふとんにカバーを付けるのって意外と大変ですよね…。

一人暮らしを始めてから、何度も、布団カバーをかけるために、布団をカバーの中にどうにかこうにか入れて、手をカバーの中に入れて、よく見えない状態でずれ防止のためのリボン結びをして…でもうまくいかなくてしまいには体ごとふとんカバーの中に入り込んで暗闇の中でリボン結びをして…と苦労してきました。

でも何度か洗濯とカバーかけをしているうちに、簡単な方法を発見!

夫にも何度か教えてみたものの、何度話しても理解してもらえなくて笑。今回、図に書いてみようと思いました。

知っている人は知っている方法だと思うのですが、念のため記録しておきたいと思います。

コツ!ふとんカバーを裏返したまま、ふとんに結び付けて、ひっくりかえす。

コツは、「(洗ったあとの)ふとんカバーを、裏返しの状態のまま、ふとんに結び付ける」ということ。

また、ふとんカバーのファスナーは開けたままというのも大事です。

カバーが裏返しの状態なら、ずれ防止の紐が外側にあるので、ふとんの4隅+中間点にあるループ部分に、紐がとても結びやすいです。

そしてその状態で、一気にひっくり返す!という方法です。

①裏返しのふとんカバーを、ふとんの上に載せる

カバーのないかけふとんの上に、裏返しの状態のふとんカバーを載せます。

②ふとんカバーの紐を、ふとんのループに通して結ぶ

裏返したふとんカバーを、ふとんの上に置いたら、ふとんの4隅+中間点にあるループに、ふとんカバーについている紐を通して蝶結びをします。

※ふとんカバーのファスナーはまだしめないでください。

③ファスナー部分から、ふとんカバーの中に手を入れて、奥のふたつの隅部分をつかむ

④つかんだ奥の隅2つを、ファスナーの開いた部分からふとんカバーの外へ出す

ここが少し難しくて、夫にもなかなか理解してもらえないのですが…

つかんだ奥の2隅(★)を、ふとんカバーのファスナーが開いている口部分へ向かって外へ出します。(★の部分を、ふとんカバーの外側へひっぱり出す)

ここで、裏返しになったふとんカバーが表に返りますし、

紐で結びつけられたふとんごと裏返しにすることで、ふとんがカバーの中に入ります。

⑤ファスナーをしめて完成。

あとは、ふとんカバーのファスナーをしめれば完成です。

ふとんは大きさが大きいので、ちょっとイメージがしづらいと思うのですが、小さいものを想像してみると分かりやすいかもしれません。

奥の隅部分をカバーの中から外へ出すことで、ふとんカバーはひっくり返り、結びつけられたふとんカバーの中に入ります。

訳が分からない…という場合は、一度、ふとんはない状態で、裏返ったふとんカバーを表にするにはどうしたらいいか?をイメージしてみるといいかも。

その場合も、奥に手を入れて、ファスナーのあいている部分から外に出してひっくり返しますよね?

それを、ふとんがある状態でやるので、難しくなってしまうのかもしれません。

これで伝わるといいのですが…何度かやってみるといつの間にか分かってくるかと思います。

私も、最初にこの方法に気が付いたときは、どうしてこれでいいのか?が理解できないままで笑、なぜかこれでうまくいくんだよな…というのを繰り返し、何度かやるうちに自信が出てきました笑。できるようになると、ちょっとした家事がすごく楽になります!

error:Content is protected !!