PR
オプション暮らしのアイディア

たった2畳の洗面所に「ホスクリーン」…洗濯物は干せるの?邪魔ではない?

記事内に広告が含まれています。

2畳という限られたスペースの洗面所の天井に、ホスクリーンを設置したのですが、果たして洗濯物干しとして使えるのかどうか…?

2畳の中に「洗面所+脱衣所+洗濯機+ワゴン+カーテン」

我が家の洗面所+脱衣所は、あわせて2畳のみ。もちろん洗濯機も設置してあります。

そして、パジャマなどを収納しているプラスチックタンス(キャスター付きのワゴン)も置いているので、狭いといえば狭い…です。

さらに、洗面所と脱衣所を分ける・目隠しのために、カーテンも設置しているのでなおさら狭いです…!

洗面所で、洗濯物は干せる?

2畳の洗面所の天井に付けたホスクリーン、結論から言うと、「洗濯物を干すのに一応活躍しています」。

でも、我が家は5人家族。1日分の洗濯物すべてをここに干すのは絶対に不可能です。

そもそも、このホスクリーン(昇降式)は紐が細くて耐荷重量も少なく(8kgまで)、とてもたくさんの洗濯物は干せません。

※昇降式のホスクリーンのデメリットやメリットについては、別記事で詳しく書いています。

でも、毎日、ここにひっかけたステンレスピンチハンガー(ダイソーで200円か300円かで購入したもの)に、インナー類や細かいものを干すのに活躍しています。

他にも、一度着たけれどまだ洗わない上着とかをハンガーでつるして置くこともあるし、ミニバスタオルをピンチハンガーにかけて干すこともあります。

干している時、邪魔ではないの?

はっきりいって、長いものを干している場合は、とても邪魔です笑。

背の高い人はもちろん、背の低い私でも、洗面所に行こうとしたり、洗濯機のところに行こうとすると、どうしても頭や体を洗濯物がかすめるので、じゃまだなあと感じてしまいます。

写真のように、リビングから洗面所へ行こうとすると、長い洗濯物だとどどーん!という感じになります…。

でもここに干さざるを得ないときは仕方ないので、干しています。

ちょっと邪魔な時や届かないときはホスクリーンの高さを上下させたりしたこともありますが、それでもやっぱりここに洗濯物が干してあると邪魔なので、長いものや大きいものは普段はほぼ干していません。

洗面所の通路のど真ん中という位置になるので、どうしても、邪魔です…。

メインの室内干し場は別の場所にある

メインはリビングの室内物干し

室内干しをするときのメインは、リビングにある「スカイクリーン」です。こちらはリビングですが壁際なので長いものを干していても邪魔になりません。

そのため、洗面所のホスクリーンは、補助的な存在で、普段はインナーを干すくらいで、あまり洗濯物干しとしては使用していないのが現状です。

ポールが二本、天井からぶら下がっていて、ポールの先の〇の部分にホスクリーン専用の物干しざおを引っ掛けて使います。

物干しざおの長さは2m近くで、けっこうスペースがあるので、家族全員の洗濯物もぎりぎり干せますが、

まだ洗濯物が濡れている時は耐荷重量が心配なので、タオルを干しているピンチハンガーだけを洗面所の方に移動させる、など分散させるように使っています。

浴室乾燥(ガス式)も便利

あと、湿度が高い雨の日はさすがに部屋干しだけではきびしいので、そういう時は、お風呂に、浴室乾燥暖房機(ガス式)があるので、浴室内で一気に乾かします。それもあってやっぱり洗面所のホスクリーンは本当に補助程度です。

冬は乾燥しているしあまり浴室乾燥機は使いませんが、どちらかというと梅雨よりも冬のほうがガス代は高くなるかなという感じです。(といっても1万円を超えることはほぼありません)

結論…2畳の洗面所に洗濯物を干すのはちょっと邪魔。でも便利。

やっぱり、2畳の洗面所+脱衣所に、ホスクリーンを設置すると、メインの室内干しの場所として使うのは、そこそこ邪魔になると思います。

でも、家に人がいない日中に干しておくとか、

洗濯物の量が少ないとか、

我が家のように脱衣スペースに下の写真のようなチェストワゴンを置いたりしていないなら、意外と干せるかもしれません。

(でも、このワゴンは、お風呂から出た時にすぐに着替えられるように、上に着替えを置いたりする場所としても活躍しているし、我が家はこれを片付けることはないと思います…!)

error: Content is protected !!