はくばくもち麦「ポイントキャンペーン」でクオカードをGET。官製はがきで応募可能!

はくばくの「もち麦」が大好きで、何度もリピート購入している私。

子どもたちはあまり好きではないですが、大人は大好きで、これを食べるとちょっとヘルシーな感じがするというか、お通じもよくなる気がするし、太りにくい気もするし、ずっと食べ続けています。

そのパッケージについているはくばくポイントを25点(25枚)ためて、官製はがきで応募すると、約2週間後に500円分のクオカードが送られてきました!

「もち麦」についているはくばくキャンペーンポイント

はくばくのもち麦、ふつうのお米と一緒に炊けるもち麦が個包装で12袋入っています。

いつもスーパーで298~398円くらいで購入しています。

このパッケージに1枚、キャンペーンのはくばくポイント1点がついていて、これを25枚集めて郵送で応募すると、必ず500円のクオカードがもらえるというのが「はくばくポイントキャンペーン」です。

最初にそのキャンペーンに気が付いたときは、25枚かあ…集まるのはまだまだ先だよなあ…と思っていましたが、絶対にいつか25枚たまるだろうと思っていたので、冷蔵庫の横に付けた、ダイソーで買ったマグネット缶ケースにコツコツとためていました。

ベルマークを切ってためるみたいな感覚で、ポイント部分をきれいに切って、保管して、台紙に貼って応募するという作業が、地味に面倒で手間がかかるのが、ベルマークとの共通点ですが笑、

集めれば「必ず」もらえるというのはとても素晴らしいことですね…!

官製はがきでもOKとのこと

キャンペーンの概要を見ると、応募台紙に貼って応募とありましたが、官製はがきでもOKとのこと。

応募台紙はスーパーなどに置いてあるそうですがそれを探したり取りに行ったりするのも面倒だし、

ネットで応募台紙をダウンロードすることもできるようでしたが、印刷代ももったいないし、官製はがきよりも切手代がかかりそうかなと思い、

書き損じの年賀はがきを郵便局で官製はがきに変えてもらったものが使われずにたくさん残っていたので、それを使って応募してみました。

しかし官製はがきのうらにきれいに25枚貼るのはなかなか至難の業で!

末っ子に貼る作業を手伝ってもらったところ、やはり曲がったりなんだりで、25枚貼れず、1枚は宛名面に貼ることになりました…!(セロハンテープを使いました)

それでも、応募要項に書いてあった必要事項(住所、電話番号、年齢、性別、ポイント数など)をちゃんと書いて応募すれば、ちゃんとクオカードが送られてきました。よかった…。

届いたクオカードと応募用紙

右下の、バクの絵がかかれた青いカードがそのクオカードです。

一緒に応募台紙も送っていただいたのですが75点まで貼れるようになっていました。

75点か…さすがにそこまで買い続けるかどうかはちょっとわからないけれど…

何もなければ捨てればいいだけのパッケージから、ポイントをきれいに切り取って保管して、ためて、きれいに貼り付けて、切手を買って貼って投函する…という手間を考えると、少しどうだろうと思う気持ちがないこともないですが、そうはいっても500円。クオカードとはいえいろいろな使い道があります…!

結局、コンビニでコーヒーを買ったり子どものおやつを買ったりするのに使いました!

もち麦を買い続ける限りはポイントをためていきたいと思います!

「もち麦の冷製ポタージュ粥」など、新商品も気になるし、ほかの物でもポイントをためられるなら、いろいろと試してみるのも楽しいかも。非常食としてストックしておくのもよさそうです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました