PR
内窓・断熱対策

寝室と浴室に設置した、インプラスの効果は?レビュー・体験談。音や寒さの体感、操作性などは?

記事内に広告が含まれています。

2018年築の二階リビングの家に住んでいます。

住んでしばらくして気が付いた住宅密集地の騒音対策のため、4か所の窓に、内窓(LIXILのインプラス(5㎜単板透明ガラス))を設置することにし、見積もりを取って比較検討をしていましたが、

2020年2月頃、とうとう、業者に依頼して、一階の寝室と子ども部屋の3窓と、そして2階の浴室の1窓、合計4窓に、5㎜単板透明ガラスのインプラスを設置しました。

果たして効果のほどはいかに…!?

<外への音の聞こえ方>浴室

2階の浴室で、子どもに歌を歌ってもらって、どれくらい音が聞こえるかを実験。

家の外に出て浴室のあるあたりに立ち、耳をすませてみたのですが、ほぼ聞こえませんでした。

近所への音漏れは、ある程度軽減されていたらいいのですが。

これに関しては人によって感じ方も違うし、音の種類、音域などによって違うと思うので、何とも言えませんが、

お風呂に入るときに少し安心できるようになりました。

ただ、隣の家が1m先ととても近いので、さすがに、シャッターをしめる音などは聞こえてきます。

<外からの音の聞こえ方>(寝室・子供部屋)

お隣の浴室のすぐ隣の位置にある、我が家の1階子ども部屋と寝室。

夜中や明け方にお風呂に入る音…フタを開ける音、シャワーの音、咳ばらいの音、窓を開閉する音などが、これまでかなり聞こえていたのですが、

あまり気にならないくらいになりました…!

聞こえるは聞こえるのですが、前よりは音が小さくなったと感じています。

また、以前よりも、部屋の密閉度が増した…という感覚があります。

マンションに住んでいるときのような感覚に近いかも…?ちょっと乾燥しやすそうなので気を付けないと、という感じ。

24時間換気を「弱」で付けているのですが、その音が前よりも気になって聞こえる気がします。

外の音は、パトカーの音やシャッターを閉める音、お風呂の音は少し聞こえたし、自分の家の二階の足音などはこれまでと変わらず聞こえますが、音に関してはある程度の効果があったように思います。

あくまで、我が家の場合は、そして今のところは、ですが…。

<追記>

その後、隣の家の人が窓を開けてお風呂に入っている時には、やっぱり音がちょっと気になりました。

1mほどしか離れていないのでやっぱり仕方ないのかな?

でも付けた後の方が、聞こえてくる音の大きさも小さくなったように感じています。

<寒さの感じ方>

寝室・子供部屋(1階)

ここ数日、朝晩の冷え込みもあまりなく、暖かい日が続いたのでよくわからなかったのですが、久しぶりにちょっと寒い日がありました(最高気温10度くらい)。

そんな日も、以前まで感じていた、夜1階に下りたときの、部屋の「ひやっ」とした感じが少し弱まったかも、と感じました。夜寝る前の暖房もほぼ必要なし。(もっと寒い日はさすがに暖房が必要ですが)

ちなみに夜中に少しだけ内窓を開けてみたら、ひやっとした冷気が入ってきました…!

やはり内窓と外窓の間の空間に、冷たい空気がある程度閉じ込められて、室内へ漏れるのがシャットアウトされていそうな体感があります。

浴室

浴室も、内窓だけを開けてみると(もともとあった外窓は閉めた状態)、 かなりひやっとした空気が入ってきて驚きました。

やはり、内窓のおかげで、ある程度の冷気をシャットアウトできているようです。

内窓と外窓の間に、シャンプーの詰め替えなどを置いているのですが、冬は開けると冷気が入って来るので、シャンプーが切れた時に開けたくないな…と思うようになってしまいました笑。

でも、冷えはある程度解消されるし室温も上がるとは思うのですが、もちろん、ものすごくあったかくなるというわけではないので、真冬はお風呂の温度を高くしたくなります。内窓さえ付ければぽかぽかあったかくなる!というわけではありません。

壁の厚さ(出窓のようになる部分)が大事!?

取り付け工事をしてくれた業者さんによると、内窓の効果を高くするためには、壁の厚さが厚いことが大事だそうです。

我が家はわりと壁の厚さが厚めらしく、確かに、窓と壁の部分がかなり凹んでいるというか、出窓のようになっている部分が広めです(約11cm)。

この部分が広いほど、内窓の効果が大きくなる感じがするそうで、そのためいつも 1番ギリギリのふち(前)の部分に取り付けをしているそうです。

壁の厚さが厚いと、外側の窓と、内側の窓の距離をなるべく遠くすることができます。

手前が浴室のインプラス。奥は元々の窓。

壁の厚さが薄いと、外側の窓と、内側の窓の距離が近くなり、あまり大きな効果が見込めないそうですが、

我が家の場合はけっこう長い距離を取ることができるようです。

(それだけではなく、断熱材の量とか質とかも影響するとは思いますが…)

断熱・防音効果があり、しかも防犯性もアップする「内窓」…やっぱりすごいかも!

他の窓にも付けたくなってきますね…というか、注文住宅を建てるなら、最初から付けて置いてもいいのでは?と思うくらいに、魅力を感じています…!

4窓分で、工事の時間や料金は?

ちなみに、わが家の場合、4つの窓への内窓設置で、工事の時間は2~3時間という感じでした。

そして料金は、窓の大きさや、追加工事の有無、どこにお願いするか、どれくらいお値引きしてもらえるか…にもよりますが、我が家の場合は15万円以下で工事してもらうことができました。

内窓だけを購入して、自力で取り付けることも不可能ではないようですが、窓って意外にも重くて大変…!

しっかりと設置してもらうためにも、ちょっと費用はかかりますが、やっぱり慣れているプロにお願いすることにしました。

内窓が付いて、見た目や操作性など

ぱっと見、内窓が付いたことに全く気付かなくて、「あれ、これはもう付いてるんですか!?」と聞いてしまったくらいでした(笑)。

よく見たら、白い枠の透明な窓が内側にもついていて、クレセント錠も二重になっていますね。

外側の窓の施錠や開閉、しにくい?

窓が二重ということは、もともとあった外側の窓のクレセント錠の開け閉めがしにくいのでは…とちょっと心配でしたが、

内窓を開ければ、全く問題なく手が届きます。

※ちなみに「エクスショップ」さんに、採寸、見積もり、取り付けまでお願いしました。

<PR>

【エクスショップ】
error: Content is protected !!