ちょっとした後悔。リビングの掃き出し窓の両方に、「壁かけ竿掛け」を付ければよかったかも。よしずの固定、洗濯物干しに。

ちょっとした、ほんとうにちょっとした後悔なのですが…。

我が家のリビングの掃き出し窓は2つあり、その外にはバルコニーがあるのですが、そのうち片方にしか「壁掛け竿掛け」を付けませんでした。

やっぱり両側に、竿掛けを付けておけばよかったな…という後悔です。

「よしず」を立てかけるのにちょうどよい。

今度の夏までには、YKKAPの「アウターシェード」もしくはリクシルの「スタイルシェード」を付けたい…とは思っているのですが、両側の掃き出し窓に取り付けると10万円強もかかります…。

壁に穴を開けての施工になる、という点も気になるところだし(ハウスメーカーに依頼予定なので補償の面では安心ではありますが)…。

そこで、やっぱり、西日のきついときに気軽にサッとだして日よけとして活躍しているのが、今年の夏に購入した、「樹脂製のよしず」です。

かなり和風な見た目ではありますが(笑)、物干し竿に立てかけておけば、家の外から見るとほとんど見えないので、外観にもあまり影響は及ぼしていない(はず)。

いらないときは、端の方にたたんで置いて置いたり、くるくる丸めてバルコニーの床に置いて置いたりしていますが、必要な時にサッと出して使っています。

南西向きの二階リビングなので、10月に入ってからも時々活躍中。

しかし、「壁掛け竿掛け」がなく、物干し竿がない方の掃き出し窓には、立てかけるのがちょっと困難…。

シャッターを少しおろして、シャッター部分にもたせ掛けたりもしていますが、シャッターに影響が出そうで心配。

シャッターの上部分にもたせ掛けると、外から見て少し目立ってしまうし、ちょっと不安定な急角度になってしまうので、こんなことに…。

こっちの掃き出し窓側にも、壁掛け竿掛けがあれば、よしずをもたせ掛けるのにちょうどよかったのにな。

ちなみに、YKKAPに、「グリーンバー」という商品があって、これはすごいと思いました。よしずを立てかけるのにちょうどよいし、DIYでシェードを括り付けるのにも便利だし、その名の通りゴーヤなどのグリーンカーテンを作る際にも良いという…便利!ただし1階の窓用の商品なので我が家のバルコニーには無理かな、残念です。

もちろん、洗濯物などを干す場所としても。

もちろん、洗濯物を干す場所がさらに増えるという意味でも、壁掛け竿掛けが増えると便利です。

外の景色が見える薄いレースカーテンしかつけない予定でやはりだったので、洗濯物を干すスペースは片側の掃き出し窓外だけでいいや、と思っていました。洗濯物だらけだとゴチャついて見えてしまいそうで。

でも、二階リビングとはいえ視線に気を遣う時があったり、遮光効果のあるレースカーテンを閉めておきたいときが多くて、ニトリで買った遮熱と視線カット効果のあるレースカーテンをほぼ常に閉めています。

そのため、洗濯物を干していても家の中からは見えないし…こっちにも洗濯物を干していても別に問題なかった!

時々、天気の良い日には、布団カバーやらベッドパッドやら、色々と洗って干したいときがあるので、今ある物干し竿ではスペースが足りないときもあって。

前の家で使っていた、折り畳み式の布団干し台を出してきて使うときもありますが、ちょっと出し入れが面倒だし(笑)。

やっぱり、両側に壁掛け竿掛けがあればよかったのに…!

しかも、この壁掛け竿掛けは、使わない時は、物干し竿を外してから、下向きに壁に沿って倒して目立たないようにしておけます。

そんなに高いものではなかった気がするし、とりあえずもう片方の掃き出し窓側にも、付けておけばよかったのにな!という、ちょっとした後悔でした。

タイトルとURLをコピーしました