PR
オプション

温白色(中間色)のダウンライトにしたキッチンや廊下、後悔やデメリットは?

記事内に広告が含まれています。

リビングは、電球色にも昼白色にも中間色にもできるように調色機能を付けましたが、

キッチンや廊下、トイレ、玄関、洗面所などに付けたダウンライトは、すべて中間の「温白色」にしました。

キッチンのダウンライト、温白色を選んだ理由

リビングでは、日中、文字を見る時は白っぽい「昼白色」がいいけれど、夕方以降はリラックスできる「電球色」がいいなと思っていました。そのためリビングには調色ができるダウンライトを設置しました。

リイング以外の場所は、正直なんでもいいかなと思っていました。

ただし、キッチン上部に付けるダウンライトは、対面キッチンだしリビングと一続き。

どちらにすべきかちょっと悩みましたが、中間の温白色ならちょうどいいのかな?となんとなく思ったのでそうしました。

リビングの昼白色とのバランスは?

リビングの昼白色のダウンライトと比較するとこんな感じ。

左側がキッチンの温白色、右側がリビングの昼白色で、やはり左側の方が少しだけオレンジがかっているのが分かります。

ちなみに、リビングのダウンライトは、調色することができるので、キッチンの色と合わせることができます。

上は、リビングのダウンライトを、左側は中間色にして、右側は昼白色にした様子です。

でも実際は、面倒なのであまり調色機能も調光機能も使わないですが…。

廊下・洗面所・玄関などを温白色にした理由

廊下や洗面所、玄関なども、ダウンライトは温白色にしました。

これも、昼白色だと白すぎるかも、電球色だとオレンジ過ぎるかも、中間ならちょうどいいかも?という、なんとなくで選んだものです。

温白色にしてよかった?後悔はない?デメリットは?

キッチンに関しては、食材の色をしっかりと確認したいという時、白っぽくて明るい昼白色の方が向いているかもしれません。

が、我が家の場合は、対面キッチンで、大きな窓に面していて十分明るいし、中間色の「温白色」でもしっかり明るくよく見えるし、困ったと思ったことはありません。

昼間は、キッチンの電気を付けなくても、リビングの照明だけでも(天気の良いときはリビングの照明なしでも)、キッチンは十分明るくて、料理にも問題ないこともあります。

廊下や洗面所、玄関などでも、温白色で困ったことはなく、温かみも明るさもあってちょうどいい色だなと感じています。

したがって、温白色のダウンライトにしてみて後悔したことはほとんどありません。

ただし夜中の廊下とトイレに関してはまぶしいと感じることがあるので、豆電球くらいの小さな明かりも付けられるようにしたらもっとよかったのかも…!

error: Content is protected !!