日よけシート「クールブレイド」を試しに1枚購入してみた。実際に窓に貼ってみたレビュー、口コミ、感想。

ずっと気になっていた、窓の内側に貼るタイプの日よけシート「クールブレイド」を、掃き出し窓用に試しに1枚だけ購入してみました。

果たして効果のほどは…?

しっかりとした生地。

こちらは以前請求したサンプル。標準Aタイプと、しっかり遮光Bタイプの2枚のサンプルをいただきました。

日よけシート「クールブレイド」は、福井県の歴史あるテント屋さんが作る、とてもしっかりとした商品。

窓のサイズに合わせて作ってくれるので、切る手間も省けてとても楽だし、しかも吸盤で簡単に付け外しができる…というのに惹かれて、ずっと欲しいと思っていました。

以前、サンプルを注文したこともあって、素材がしっかりとしていることはよく分かっていました。

ただお値段もお高めで、レビューも少なくてちょっと不安なので、とりあえず1枚分だけを試しに購入してみました。もし掃き出し窓全部覆うならあと3枚も必要(笑)。

最近、「スタイルシェード」も付けたばかりなので、とりあえず今年の夏は、スタイルシェードと、この1枚分で、どんなものか確認してみてもいいかもと考えています。

貼ってみると意外と景色は見える。

届いた記事は、以前請求したサンプルの通りグレーっぽい色で、密度もしっかりとした、厚くてしっかりとした商品でした。吸盤は直径6cmほどの大きなサイズ。

窓に貼ると、手に取った時のグレー色よりも、茶色っぽい印象になりました。

窓に貼ったことで、暗くなったら困るな…閉塞感があると嫌だな…と思っていたのですが、意外と外の景色が透けて見えるので、その心配は無用でした!

完全に外が見えなくなる「遮像レースカーテン」を閉めているよりも、こちらの方が開放感があって良いです!もちろん「分厚い遮光カーテン」を閉めたときと比べても真っ暗にはならないしとても良いです。

ちょうどいい感じの透け感と、まぶしい日差しをカットしてくれる密度があって、真夏にも効果が期待できそう…。

まぶしさがあるだけで部屋の中が暑く感じるものなので、それを遮ってくれるだけで随分違う感じがするし期待大です。

また、昼間は、外から中のようすも見えにくいのでカーテン要らずです。

(ただし夜は、家の中の電気を付けると、外から室内が見えてしまうので、カーテンを閉めるべし、です。)

Low-e複層ガラスには…?

今回我が家が貼ってみた窓ガラスは、Low-e複層ガラスです。

しばらくクールブレイドを貼っていると、貼っていない窓と比べて、窓がけっこう熱くなってしまいました。クールブレイド自体も、熱を持っているのを感じました。

クールブレイド自体に、熱を吸収する機能もあるので、おそらくその熱が窓ガラスにも伝わっているのかなと。その分、部屋の中に入る熱はカットされているんだろうと思いますが。

Low-e複層ガラスはもともと熱を吸収する力があるために、に遮熱シートなどを貼ると、熱が吸収されすぎてしまうため、「熱割れ」が心配です。そのため基本的には何かを貼るのはNGです。

クールブレイドのホームページのQ&Aによると、これまで熱割れの報告はなかったそうですが、やっぱりLow-eガラスに貼るのはできれば避けた方がいいかもしれません。

外側の遮熱(シェードやよしずなど)を併用すれば熱さもそこまでにはならないかもしれないし(→その結果、やっぱりクールブレイドを貼っていない窓よりも少し熱くなりました)、

吸盤で貼り付けるので、窓とシートの間に少し空気層ができるので、遮光カーテンと同じような状態だし、密着させるタイプの遮熱シートに比べたらまだましかもしれないのですが…

もし自己責任で使う場合も、念のため、よく熱割れが起きると言われる「冬の午前中」は、使用を避けた方がいいかな、と思いました。特に、サイズの大きな窓や古い窓は要注意のようです。

Low-e複層ガラスや網入りガラスにこういうものを使うかどうかは、やっぱり要注意、自己責任ですね。

公式には推奨されていないのですが、窓の外側に飛ばされないように工夫して付けるとか、もしくは、室内側に付けた、二重窓(インプラス)は、Low-eガラスではない普通の単板ガラスなので、こちらならもう少し安心して貼れそうだし、今度はそちらで試してみようと思います。

※その結果、やっぱりLow-eガラスではないふつうの単板ガラスに貼った場合も、少しガラスと生地が熱くなったのですが、その分、部屋の中が暑くなるのをかなり防げた感じがありました!

涼しくなる。メリットもたくさん。

我が家がこの日よけシートをつけたいと思った場所は、二階の南西向きの掃き出し窓なので、冬でも午後の日差しが結構きついのですが、

クールブレイドを貼ってからはまぶしさや熱さをかなり感じなくなり、驚きました。(また春~夏ごろに追記できたらと思います)

外側にどうしてもシェードなどができない場合などは、クールブレイドがあると効果が期待できそうです。

窓の内側の設置なので、外に付ける場合よりも劣化もしにくいのと、風が強い時でも飛ばされる心配がないのと、付け外しがラクなのもいいところですよね。

窓の外側に「スタイルシェード」を付けた我が家ですが、強風(風速5m以上くらい)のときは使えないので、クールブレイドがとても重宝しています。たった一枚だけでも効果を感じるので、掃き出し窓全部に付けたらすごくいいんじゃないかな…と期待しています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました