注文住宅、日当たりの計算は大事!家と家のすきまから、窓に入る朝日、計算外だった。間取りにもっと活用したかった!

家と家に囲まれた、南西向きの土地に家を建てることになり、

朝日はあきらめないといけないな…と思っていました。

でも、住んでみると、意外にも、家と家の隙間から、朝日が入る時期があることが分かりました。

「もしかしたら…入るかもしれない」とは期待していましたが、やっぱりしっかり入るとは!

きちんと計算して間取りを作っていれば、もっとこの部分を活かせたかもしれない…と思います。

家と家の隙間とは…こんな感じ。

この赤いマルの部分にある窓に、朝日が入るのです。

ちなみに、2階のこの部分には、お風呂とキッチンの窓があり、

1階には、寝室の窓があります。

1階寝室 朝8時半ころ
2階キッチン 7時20分ころ

2階キッチンの窓、10月に入っていすぐ、7時20分頃の写真です。

10月に入ってから、7時くらいから、朝日がまぶしい、明るいなあと感じることが増えてきました。

夏の間は、太陽の出る位置がもう少し南よりなので、ここからは朝日は入らないのだと思われます。

お風呂の窓はもう少し大きいので、キッチンの窓よりも長めに、日当たりがあります。

浴室の窓をこちらにして正解だったな、とは思いますが、

特に冬に貴重な午前中の日当たり、こんなにこちらから入るなら、もっとリビングにも入るようにしたかった…!

午前8時ごろのキッチンの床。朝日が床を照らしてくれます。そしてゴミや汚れが見えやすい(笑)

まあ、朝起きてしばらく弁当作りや朝食用意、片づけ諸々で、ほぼ台所周りにいるので、しっかり朝日を浴びられるし、ちょうどいいと言えばいいのですが(笑)。

東南側にもベランダ(バルコニー)を付ける。リビングの方向を変えるなど…。他にも方法があったかも?

2階の間取りはこんな感じになっていますが、思い切ってリビングを東南にも開かせて、

こうしてしまうとか。ベランダ(バルコニー)も東南にも付けてみたり。

ただし、この下半分の部分に、お風呂や階段、トイレ、(できれば和室)がうまく収まるかは、分かりませんが…というか難しそうですが…。

色々な提案や工夫をしてくれる、ハイスペックなハウスメーカーや、建築事務所などにお願いすれば、これくらいは当たり前に考えたのかもしれないな…なんて、今更ながらグチグチ考えたりもします(笑)。

※「タウンライフ」での無料相談、住宅会社選びから、間取りの相談まで、いろんな相談ができるそうです、なかなか心強いですね〜試してみれば良かったかも。

日当り計算は大事。

せっかく注文住宅を建てるのだから、自分で間取りを考えたい!という方も多いと思います。実際私たちもそうだったので…。

その際には、日当たりの計算、シミュレーションをしっかりと行うことがやっぱり大事だな…と思います。

  

 

タイトルとURLをコピーしました