「階段下」のデッドスペースを上手に活用する!小さな家をなるべく広く使う工夫。こうすればよかったかなと思うこと。

階段下のスペース、我が家は、「トイレ」を配置して少しはスペースを上手に使ったつもりなのですが…。まだまだデッドスペースがありました…!

階段下のスペース、何も使われずもったいない…!

この階段をじっと見ていると、この段の下は何も使われていないのか…ということに気が付きました。

8、9段目から下の部分は一階トイレとして活用したのですが…。

じゃあそれまでの部分の下は??何もない、もったいないスペースになっています。

小さな家なので、とてももったいないな…!という気がします。

階段1、2段目から、実は収納に使える!?

間取りを考えているときから、実はちょっと気づいてはいたのですが…。

実は階段の一、二段目くらいから、使い方によっては、収納スペースとして使えるんですよね…。

この図のような感じで、階段の段差の部分に穴をあけて、「引き出し」を作ってしまうんです!

ここに、スリッパを収納したり、玄関回りの小物を収納したり、何なら玄関に関係ないものだって(笑)、収納できてしまいますよね。

階段の「横」から収納として使う!?

もしくは、間取りにもよりますが、階段の横から収納として使うという方法も。

階段の真横を、廊下やリビングなどにして、階段下にスペースを設けて、そこを収納、タンスのようにして使うというアイディア!

おもちゃやランドセル、本や、クリスマスツリーなど季節の小物など、何を入れるかは自由だし、棚板があってももちろんいいし…。

我が家は二階リビングなので、なんなら階段の横を子ども部屋にして、子ども部屋の収納として使ってもいいわけで…。

階段下のスペースを有効に使う、かなり賢い方法!

耐震性とか家の強度的な問題はちょっと分からないのですが…、今さらですが、こうしたかったな。

タイトルとURLをコピーしました