窓の上に「庇(ひさし)」があるおうちが気になる。

近所を歩いていると、窓(腰高窓くらいの大きめの窓)の上に、庇(ひさし)がついているお宅を見かけて、

庇があると良さそうだなあ…となんとなく思いました。

注文住宅を建てて2年以上が経ちますが、今さら庇が欲しかったなあと思う窓がいくつかあるのですが、

でも最近のおうちにはあまりついていないし、付けているおうちをほとんど見たことがないですね。

窓の上に庇があった理由は?

少し昔の家だと、窓の上に庇を付けるのは、よくある先人の知恵?のようなものだったみたいで、

・真夏の真上からの直射日光を避ける。

・雨を避ける。雨の日に窓を開けると室内に雨が入ってしまうが庇があればいくらかは防げるので、換気の時などに役に立つ。

・雨による窓やその周辺の外壁の汚れを軽減できる。

といった理由から、昔は付けられていたみたいです。

でも最近は、見た目の問題や、庇を取り付けたことによる外壁からの雨漏りの心配などの理由で、付けられることが少なくなっているそうな。

雨漏りといえば屋根からというイメージがありますが、意外と外壁からの雨漏りも多いとか…ちょっと意外です。

我が家の場合。

我が家のリビングの上の方に作った高窓には、「庇(ひさし)」を付けました。

夏の直射日光を避けるためという意味もあるのですが、どちらかというとデザイン的な意味合いがあって、本当はここの部分に別の飾りがあったものがあまり気に入らず、機能性もある庇に変えたいなと思ってお願いしてみたのがきっかけでした。

でも、他の窓、腰高窓のような大きな窓に庇を付けるという発想は、あまりなかったです。

大きな窓にも、庇を付けるという選択肢があることを、早く気づけばよかったと少し後悔。

窓の上に庇を付けたかった場所がいくつか。

今思えば、付けておきたかった場所が何か所か。

例えば、寝室の、高い位置にある横長窓

ここに、雨が当たってけっこううるさいんです。

庇があれば、窓に直接雨が打ち付ける音は解消できたんじゃないかな?と。

庇にバラバラと雨が当たる音もするかもしれないけれど、窓に直接雨が降りかかると、雨漏りとか、窓への衝撃による劣化とかもちょっと心配。

雨のせいで汚れたりもするだろうし。そういえば、窓の下側に、雨だれみたいな、黒い跡が付いているのを見たことがありますよね。ああいう汚れも、庇があればいくらかは防げるのかも?

そして、これはちょっと不思議かもしれないけれど、リビングの掃き出し窓にも、庇があったら、夏の直射日光をいくらか避けれたかなと。

屋根の軒の出をもっと深くできれば一番良かったのですが、費用の問題か何かで、軒をたくさん出すことができなかったので、それなら、掃き出し窓の上に庇を付けられたら良かったのにな…と時々妄想します。

その代わり、リクシルの「スタイルシェード」を設置したので、日はある程度遮れるけれど、雨の時はしまわないといけないし、大雨の時など、気になるならシャッターを閉めればいいんですけどね。ちょっと手間がかかります。

今ではあまり見られなくなってしまった窓上の庇ですが、色とか、デザインとかを考えれば、むしろ外観のアクセントになって良さそうだし、機能性も高いと思うのですが…やっぱり施工上難しかったりという問題もあるのかもしれませんね。でも欲しかったなあ!と思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました