記事内に商品プロモーションを含む場合があります
住宅・暮らし

【電気代】電気代値上げの影響は?(2022年12月頃)。くらしtepcowebで電気代や節電チャレンジの結果も確認!

約100平米の総二階建て、太陽光発電を4.1kw載せている築4年の我が家。

オール電化ではなく、ガス代もかかっているので(ガスは都市ガスで、月に高くても5~6000円くらいだったのが最近は8000円くらいになっていて驚き…嘆き)、電気代だけでは判断できないかとは思いますが、性能はいたって普通?(むしろ低い?)の我が家、電気代の値上がりが激しいここ最近の電気代について記録しておきます。

【我が家のスペック】2018年築、2階建て、延べ床面積約105平米、太陽光発電はPanasonic HIT 4.1kw売電単価21円)。2022年10月から東京電力従量電灯B(その前は楽天でんきでした)、オール電化ではなく都市ガスも利用。浴室乾燥機はガス式。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

東京電力に戻してから…くらしTEPCOWebに登録できない!?

東京電力に復帰…くらしtepcowebに登録ができない!

2022年10月、電力会社を「楽天でんき」から「東京電力」に戻した際に、「くらしTEPCOWeb」というものに登録すれば、ネットで電気代などを確認できますと言われたのですが、なかなかその登録ができなくて困りました…。

「くらしTEPCOWeb」に登録しようとする際、メールアドレスでログインしたり住所などを入力したりしてみても、どうにもこうにもうまくいかず…。

新しいお客様番号が必要だった

実は、その登録時に、以前のお客様番号とは少し違う、新しいお客様番号が必要、ということが分かりました。

以前、東京電力を使っていた時の電気使用量のお知らせの紙がまだ家にあったので、その時の「お客様番号」を入力して登録しようとしていたのですが、楽天でんきへの切り替えを経て、また東京電力に戻ってきたので、「お客様番号」が新しくなったみたいで、古い番号だとうまく登録ができなかったのです。

でも、その番号の確認のためには電話で問い合わせる必要があり…。東京電力の電話といえばなかなかつながらないことで有名です…。

「混雑しているのでお待ちください」と自動音声で言われている最中はずっと「スピーカー」モードにして、他のことをしながら待ち、つながったら急いで応答する、という、電力会社切り替え時と同じ方法で、どうにかこうにか新しいお客様番号が分かり、やっとくらしTEPCOWebに登録できました…。

電気代を「くらしTEPCOWeb」でチェックしてみた

2022年12月(11月28日~12月25日)の電気代は、なんとか2万を切る

電力会社を、2022年10月中旬に「楽天でんき」→「東京電力(従量電灯B)」に変更しました。

そのため電気代については、太陽光発電のHEMSと、「くらしTEPCOWeb」で確認しています。

以下はくらしTepcoWebで確認した、12月の電気代についてのグラフです。

2022年12月(11月28日~12月25日)の電気代(買電量)は19,298円。(508kWh)

「青色の線」は、「似た家庭の目安」ですが、我が家は余裕で上回っていますね…

(棒グラフの点線部分は、今月の予想です。)

でも電気代の大幅値上げや、わりと12月も寒かったということを考えると、2万円超えなくてよかったかも…

でも太陽光も少しではあるにしろ載せていて日中は自家消費しているわけなのでもう少し安いとよかったのになあとも思います。

2023年1月の電気代予測は2.2万円ほど(→実際は23,213円でした)

そして2023年1月(12月末~1月末)の電気代予測は、2023年1月7日時点ですでに21,921円でした。(くらしTEPCOWeb上で確認したもの)

これにガス代を加えると1か月の光熱費は3万円くらいということになるかな、やっぱり高いですね…

(ちなみに2022年12月は太陽光発電の売電収入が意外と多くて6,090円ありました。普段は4千円から良いときで7千円ほど。平均すると5千円/月くらい。)

でも、日中も全館暖房のまねごと(1階2階ともエアコンつけっぱなし)をしていて、キッチンには15年選手の古い大きな冷蔵庫、玄関にはサブの冷凍庫も置いてあり、女3人が毛量多め髪長めでドライヤーも毎日ガンガン使う、食洗機も乾燥機能を1日2,3回も使うという条件のわりには、衝撃的な高さとかではなかったのかも(高性能高気密住宅ではないですし)。いや高いですけどね…同じような家庭の平均はしっかり超えているわけだし…。

<追記>結果、2023年1月分の電気代は23,213円、608Wh でした。(12月26日~ 1月25日)大寒波でとっても寒かった1月25日の消費電力は40.8kWh。1月のガス代は人生初?1万円越えとなって驚き。(1万とちょっとでした)

ちなみに昨年2022年1月分の電気代は21,146円、使用量721kWh。今年1月の方がずいぶん使用量が減っているのに2000円も高いのが悔しい!ガス代も2022年1月分は6900円ほどでしたが2023年1月は3000円も高くなってます。

節電チャレンジの結果は?「先週は節電チャレンジがありませんでした」というメールが来て…???

くらしTEPCOWebからくるメール

毎週、くらしTEPCOWebから「節電チャレンジの結果」というメールが送られてくるのですが、

これまでの実績はもちろん…0ポイント笑。

なんの自慢にもなっていませんが…笑

(ちなみにエントリー時の2000ポイントは2月に入るとか。先は長い)

「先週は節電チャレンジがありませんでした」とは?

しかも、毎週のように、「先週は節電チャレンジがありませんでした」って書いてあるのは、全く節電していないからなのか、毎週何かエントリーが必要なんでしょうかよく分かりませんが笑

どちらにせよ、節電できている感覚はほぼないのでまあ仕方ないですね。

調べてみると、「先週は節電チャレンジがありませんでした」というのは、「先週は東京電力からの節電の要請がありませんでした」ということらしいです。

そもそも節電チャレンジのキャンペーンが先週はなかったというわけで、節電の要請がなければ節電チャレンジに挑むことはできないわけですね。

どうやら10月以降は節電要請が出されていないので、そもそもチャレンジができないようです。

※その後、1月19日の18時~19時に節電チャレンジがありますよという旨のメールが来ました。そして1月25日の17時~20時にもチャレンジがあるとメールが来ました。

ちょっと反省しつつ、普段からも節電を心がけ、節電要請があった時には節電チャレンジにしっかり参加できるようにがんばりたいと思います。

最近購入した電気毛布で節電を頑張ってみます!

error: Content is protected !!