ドルチェグストのスターバックス「キャラメルマキアート」を試してみました。ラテマキアートとの違いは?

家でのコーヒータイムに欠かせない存在、「ドルチェグスト(dolce gusto)」。

最近、スターバックスのカプセルが出て、「ラテマキアート」をリピート買いしているのですが、とうとう気になっていた「キャラメルマキアート」を試してみました!

※ドルチェグストのミルク付きのタイプ…ラテマキアートやキャラメルマキアートは、出来上がった際に一度、スプーンなどで(ミルクフォームをこわさないように)やさしくかきまぜた方が、甘みが均等になって美味しいですよ!

かきまぜないと、コーヒーの苦みばかりが先に来てしまうので…。

キャラメルマキアート パッケージ。

キャラメル色のパッケージなので、キャラメル味への期待が高まりますね(笑)。

パッケージの写真のような、オシャレなキャラメルソースはもちろん、ついていませんが…。

ちなみに、ドルチェグストの「カプチーノ」や「ラテマキアート」と同様、1回に2カプセル使うので、「12P」と書いてありますが、6回分しか入っていません、そこは要注意です。

お味は…かなりキャラメル風味!

抽出中から、かなりのキャラメルの香りが…!ディズニーランドのキャラメルポップコーン…よりは甘すぎない感じではありますが、なかなかの強い香りがしました。

抽出後の見た目は、同じドルチェグストのスターバックスラテマキアートを抽出した時と、あまり変わりません。

でも、飲んでみてもやっぱりキャラメルの香りが…なかなか強い!

でもコーヒーの苦みもあるので、決して甘すぎるわけではない…でもキャラメルの存在感がすごい!

ちょっと疲れていて、甘いものが欲しいけれどコーヒーも飲みたいな、という時にちょうど良さそうです。

ラテマキアートとの比較。

キャラメル味ということは、カロリーも高いかと思いきや、意外と、「ラテマキアート」よりも6kcalも少ないですね。

どうやら、ミルクの量が、キャラメルマキアートの方が少し少ないようです。

抽出時のミルクカプセルの目盛りも、ラテマキアートは「6」に対し、キャラメルマキアートは「5」ですね。つい癖で「6」で抽出してしまいそうなので、要注意です。

カロリーをあまり気にせずに、ちょっと甘いコーヒーを飲めるなら、なかなかいいかもしれない…!

でもやっぱり私は、「ラテマキアート」の方が飲みやすくて好きかな。

タイトルとURLをコピーしました