PR
住まい・暮らし

マンションの角部屋にちょっと憧れ…!角部屋・角地のメリットとデメリット

記事内に広告が含まれています。

「日当たりの良い明るいリビング」を求めて、二階リビングの一戸建てを建てましたが、南西向きのために朝日がたっぷり!とはいきません。

昼前からだんだん明るくなるので、気分的には悪くはないのですが、夏は西日がすごく暑いし、冬の朝は日が当たらなくて寒いし、やっぱり南東向きのおうちもうらやましいな…と思うことも。

そして、最近、窓がたっぷりとあるマンション角部屋の存在を知り、ちょっとうらやましくなってしまいました。

南側の角部屋、朝から午後まで明るそう

マンションの角部屋といっても、南東側の角部屋か、南西の角部屋か、という物件が多いと思うのですが、

南西側にも南東側にも窓があり、一日中日当たりが抜群!な物件があることを知りました。

こんな感じのマンションのお部屋なら、東向きの朝日がたくさん入り、午後からも暗くはならず、洗濯物もしっかりと乾きそう。

しかも、西側は窓は一つだけだし、西側隣は別のお宅があって、西日をある程度遮られて、真夏の暑さからもある程度逃れられそうかも。

とにかく居室全部に、に東向きもしくは南西向きの窓があるので、どの部屋も明るくて快適そう…!

しかも、東側はすべて個室で、朝日を浴びながら起床。南側の角のリビングは南東と南西に窓があるので朝から夕方まで明るい…という間取りならより最高。

なんて贅沢な、日当たり抜群の角部屋なんだろう!ととてもうらやましくなってしまいました。

ただし角部屋ならではのデメリットも?

しかし、実際に住んでいる人からの声を聞くと、デメリットがないわけではないようでした。

・外に接する面積が大きいので、外の声が聞こえやすい。

・同じく、外に接する面積が大きいので、冬寒いし、夏は暑い。

・防犯上の問題で、角部屋は狙われそうで心配。

・そもそも値段が他の部屋よりもけっこう高い。

こういったデメリットが意外とあるよ…とのことでした。

実際に友人のマンションの「南西側の角部屋」のお部屋に伺ったとき、午後から夕方にかけてけっこう暑いな…!と感じたことがありました。(冷房を強めれば問題なかったのかもしれませんが、お邪魔している側なので言えませんでした…笑)

一戸建てと似たような感じかもしれないな…と少し感じましたが、マンションならではの気密性の高さや、設備の豪華さ、オートロックなどセキュリティ面での安心感など、一戸建てよりも一枚上なのかもしれない…とも思います。

もちろん、角部屋で専有面積が大きい分、管理費や修繕積立金もほかの住戸よりも高くなるでしょうし、デメリットもあるわけですが、それでも、日当たりをとにかく重視したい!という人には、うらやましい物件だな、と。

一戸建ての南側角地は?

一戸建ての場合も、南角地なら、日当たりのばっちりな窓や部屋がたくさん作れますね。

西日が暑くて嫌なら、リビングは南東向きにするとか、

いや両方から日差しが欲しいよと思えば、両方に開けた大きなリビングを作るとか…。

朝から午後まで1日中日当たり抜群のリビング…しかも西側はある程度日差しを遮られる間取り…うらやましいです!!

角地にはデメリットも?

でも角地は、土地の値段が高くなることが多かったり、通行人からの目線や、車通りが気になる…というデメリットもあります。

わが家も、外からの目線が気になって2階リビングにしたのですが、南角地で2階リビングを選択する人はなかなかいないのかも?

わが家は、南側が家でふさがれているので、日当たりの確保のためにも2階リビングを決断できたのですが、東側も南側も開けている土地で、2階リビングはなかなか決断できなさそう。

塀や植栽をしっかり作ってプライバシーを確保できればいいのですが、それもお金がかかりそうですね。

その点を考えると、上のようなマンションの方が、安心してリビングでゴロゴロできるのかな笑。

とはいえ一戸建ての場合も南角地は希少で、人気も高いし、土地の資産価値としてはとても高いので、やっぱり魅力的ですね…!

error: Content is protected !!