壁に穴をなるべくあけたくない!でもカレンダーやポスターを張りたい…。そこで、買ってみた商品。ちょっと失敗も!?

壁にポスターやカレンダー、時計などをかけたいけれど、壁にはなるべく穴をあけたくない…!

終の棲家にするつもりの注文住宅の我が家ですが、それでもやっぱり、壁に大きな穴があいてしまうのは抵抗があります。

そこで、いろいろな便利グッズを使って、時計やカレンダーを壁かけにしています。

リビングの時計は、ホチキス止め。

リビングの壁に、この時計をどうしても付けたかったのですが、穴を目立たなくさせたい…ということで、Amazonで見つけた商品が、「壁美人」。

でも、同じくらいの値段で3個入りのものを見つけて、こちらにしてみました、「跡が超小さい 壁掛けフック」。

上の方の黒っぽいタテ線部分が、ホチキスで止めている部分です、あとが目立たないとはいえこんなにたくさんホチキスで止めるのか…と思うと、外した後がちょっとだけ怖いかな。

そして、このフックに時計をかけると、壁に平行にならず、少しナナメになってしまうのがちょっとだけ不満です。

 

子ども部屋のカレンダー。

子ども部屋に、いただきもののカレンダーをかけたい!と娘が言うので、今度はこんな商品をホームセンターで買ってみました。

今度は、ホチキスで止めるタイプではなく、ピンだけで止めるタイプで、とてもラクそう!

ピンをはずすときに、ピンについているトゲが、石膏ボードを押し戻してくれるので、あとが目立ちにくい…という驚きの商品。

カレンダーがしっかりと止まって、なかなか良い感じ!ですが、子どもってけっこう位置を変えたがって、ピンを外したり、差しなおしたりしますよね…。

そこでまず私が、このピンを一度外してみました、果たして壁はどうなるのか?

ピンを抜いたあとの穴、見えるでしょうか、下の写真には赤マルをつけてみましたが、わりと目立ちますね(笑)。

ちょっと引き気味に撮ってみました、実物はこれよりはもうちょっと分かりやすいですが…。

うーんまあ穴が一個だけなら、ほとんど目立たないと言えるかな…?

ピンの引き戻し方が間違っていたのか、石膏ボードを内側から押し戻して目立たなくなっているという感じはあまりしませんでした(笑)。

今度は説明書をもうちょっとちゃんと読んで、ちゃんと押し戻せるようにしたいと思います!

子どもにも、自分で勝手に抜かないようにと言っておかないといけないですね。

壁穴を埋める便利グッズもある!

でも、クロスにあいてしまった穴を上手に埋められる、便利なグッズもあるんですね!

困ったときはこういうものを使ってみれば良さそうなので、やりすぎない程度であれば、ふつうに画びょうとかでいいのかな…?

タイトルとURLをコピーしました