建売時代、旗竿地の庭で、「砂場」を作った体験談。猫のフン対策など…。現在は、砂場セットを家の中に保管。

建売住宅に住んでいた頃、庭が土のままでの引き渡しだったので、庭をホームセンターの材料などで自作したのですが、その一部に、子どもが遊ぶための「砂場」を作りました。

ネコのフン害に遭ったり、色々あり…その体験談、経験談をメモしておこうと思います。

引き渡しの時のままの、土。

我が家が最初に作った砂場は、引き渡しの時のままの土でした。

そこで、その土を活かして?子ども用の砂場を作りました。

レンガや人工芝はホームセンターで買ってきたものを自力で並べたり敷いたりしたものです。

売却時には、この砂場はなくしてしまい、すっかり違う姿に変えてしまいましたが、

我が家の息子は、延々とここで遊べるくらい、このシンプルな砂場を気に入っていました。

土のままの庭といっても、一応きれいに整備されていて、わりと硬い土でしたが、砂場用のスコップなどを使って、土を掘ることもできたし、サラサラとした砂も集められました。

抗菌砂を入れてみた。

でも、それだとなんだかさみしかったので、ホームセンターで買ってきた、砂場用の抗菌砂を一袋か二袋分、少し土を掘り返して穴を作ってから、入れてみたことがありました。

フカフカの濃い色の土が増えて、子どもも喜んでいました!

ところが…、フワフワの土になったおかげで、ネコにフンをされてしまい…!

私はしばらく気が付かなかったのですが、たまたま来ていた実家の母が臭いに気が付いて、フンと思われるものを取り除いてくれました…。

このこともあり、ネコよけの黒いネットをダイソーで買ってきて、置くようにしたのですが、

ネットのスキマの部分や、花壇にまで、フンをされてしまったことが…。しっかり敷き詰めないとダメだなと学びました…。

その後、一袋分くらいしか入れなかった抗菌砂は、いつの間にかもともとの庭の土に混ざって、よく分からなくなってしまいました(笑)。

そして子どもたちが砂場に飽きた頃、砂場も花壇に変えたり、他のものを置いたりなど、庭も変化していきました…。

現在は?

今の家では、庭には砂場は作っておらず、時々砂遊びをしたがる場合は、「キネティックサンド」を入れたアンパンマンの「どこでもすなば」をバルコニーに出してやります(笑)。

キネティックサンドなので室内でも遊べるし、たいていは家の中で遊ぶのですが、時々外で遊びたがるので…。

人工芝を敷いていて、その上にすなばセットを置くので、わりと気持ちよく遊べるようです。

そして、遊び終わったらすなばセットはきちんと家の中に片づけます。

これが一番、衛生面でも安心なのかもしれません…!

タイトルとURLをコピーしました