建売から注文住宅に住み替えて、よかった点、後悔している点。踏み出すべきか?悩んで迷った経験。

建売住宅から、注文住宅に住み替えをした我が家。

決断をするのにもかなり悩み、迷いました。

その結果、本当によかったのか?それとも後悔しているのか…。

結果的には、やはり、よかった点も、後悔している点も、両方あります。

住み替えてよかった点。

  • 日当たりがよくなり、リビングが広くなり、居心地がよくなった。
  • 収納を豊富にしたり、付けたい設備などを付けて、家事がラクになった。
  • 外壁を選んだり、外構を好きに作ったりでき、愛着が持てる。

前に住んでいた旗竿地の家は、リビングだけがとにかく日当たりが悪い間取りで、しかも狭くて閉塞感がありました。

それ以外の部分はとても住みよかったのです、個室も多く、二階の収納も豊富、リビング以外の部屋は日当たりも悪くない。

ただ、我が家は以前、分譲マンションに住んだこともあり、その頃の収納の豊富さや、設備の便利さ(食洗機、ガス式浴室暖房乾燥機など)を知っている分、設備にも不満がぬぐえませんでした。

そして、家の外観がやはり気に入らない…。そういった不満点は、注文住宅である程度解消させることができ、今の家に愛着を持てるようになったので、その点ではよかったと思います。

住み替えて後悔…な点。

  • 二階リビングの暑さや、個室の少なさなど、間取りに後悔している。
  • 注文住宅だがローコスト住宅のため、防音性や遮熱性などに少し不満がある。
  • そもそも住み替えに莫大なお金がかかり、貯金を削った。
  • 住宅密集地、横幅が狭いなどの土地の不満もあり。

注文住宅にすることで、前の家の最大のネックだった、日当たりの悪さと、見た目の面を解消…と思いきや、

日当たりがよくなれば、夏の暑さに不満が噴出!

土地の形や予算の制約があり、本当に好きな外観にできなかった!

…という、元も子もない後悔も出てきています(笑)。

上を見ればきりがなく、もっといい土地に、もっと素敵なおうちを建てている人は数知れずいます。そのおうちと比べれば、我が家なんてちゃっちい小さいおうちです。

前のおうちよりも、少しよくなったけれど、払えるお金を払った分だけよくなっただけで、100%、200%大満足な超ハイスペックなおうちになった!というわけではありません。

結局よかったのか、よくなかったのか?我が家の住み替え。

私は、グチグチと気にしてしまう性格だし、家にいるのが大好き、リビングで過ごすのが好きな私。

そのため、明るく広いリビングに住み替えができたのは、とても良かったことだと思います。

広く明るいリビングでゴロゴロしたり(いつかネコを飼いたい)、日当たりのよくなったお庭で好きにガーデニングをしたり、時々家を眺めて、好きな感じの家になった!と自己満足したり…、よかった点もたくさんあるので、住み替えは成功だった、と言えると思います。

でも性格が変わるわけでもなく(笑)、お金使ったなーとか不満もたくさんあるなーとか、まだグチグチといろいろ考えているので、そこはちょっともったいなというか…それじゃあ前と一緒じゃないか!とも思いますよね(笑)。

やはりどんな家にもメリットとデメリットがあるし、以前の建売の家でも十分にいいところがたくさんあったな…と思うし、失ったものもたくさんあると思います。

とはいえ、住んで3年近くが経ちますが、結果的には、住み替えをしてよかった…ととても思っています。

色々悩んだし、後悔も少しはしたけれど、あの時決断してよかったと今となっては思います。

住み替えをしたいけれど決断できずに迷った時。

私はぐずぐず悩む性格なので、住み替えをしたいなと思い始めてからも、なかなかその決断ができず、そもそも何から始めたらよいかも分からず、悶々と過ごした日々がありました。

そんな時に、まず私の一歩を踏み出すことができたきっかけが、「旧宅の査定」でした。

とにかく今の家がどれくらいの価格で売れるのか?どんな売却活動をするのか?というのが分からないと、何も前に進めません。

でも、いったいどの会社に査定をお願いしたらよいか分からないのがふつうですよね。

そこで、我が家はまずはネットで「不動産一括査定」をしてみました。

マンション売却のときも、建売売却の時も、どちらの時もまず利用したのが、ネットでの「不動産一括査定」でした。

客観的に、売却のプロに家を見てもらい、似たような周りの家の売却状況を教えてもらったり、売却の手順などを詳しく教えてもらったり、住み替えの手順も教えてもらったりと、本当に有益だったし、これがなければ前に進めなかったと思います。

それに、一社だけではなく数社に来てもらうことで、偏りなく色々な意見を聞くことができて、自分の家の状況を客観視できたと思います。

 

イエウール

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました