建売から注文住宅に住み替えて、よかった点、後悔している点。

旗竿地の建売住宅から、注文住宅に住み替えをした我が家、

本当によかったのか?それとも後悔しているのか…。

よかった点も、後悔している点も、両方あるのですが、

今の家の方が、好みどおりに建てられたので、「好き」といえます。

住み替えてよかった点。

  • 日当たりがよくなり、リビングが広くなり、居心地がよくなった。
  • 収納を豊富にしたり、付けたい設備などを付けて、家事がラクになった。
  • 外壁を選んだり、外構を好きに作ったりできた。

前に住んでいた旗竿地の家は、リビングだけがとにかく日当たりが悪い間取りで、しかも狭くて閉塞感がありました。

それ以外の部分はとても住みよかったのです、個室も多く、二階の収納も豊富、リビング以外の部屋は日当たりも悪くない。

ただ、我が家は以前、分譲マンションに住んだこともあり、その頃の収納の豊富さや、設備の便利さ(食洗機、ガス式浴室暖房乾燥機など)を知っている分、設備にも不満がぬぐえませんでした。

そして、家の外観がやはり気に入らない…。そういった不満点は、注文住宅である程度解消させることができ、その点ではよかったと思います。

住み替えて後悔…な点。

  • 二階リビングの暑さや、個室の少なさなど、間取りに後悔している。
  • 注文住宅だがローコスト住宅のため、防音性や遮熱性などに少し不満がある。
  • そもそも住み替えに莫大なお金がかかり、貯金を削った。
  • 住宅密集地、横幅が狭いなどの土地の不満もあり。

注文住宅にすることで、旗竿地の最大のネックだった、日当たりの悪さと、見た目の面を解消…と思いきや、

日当たりがよくなれば、夏の暑さに不満が噴出!

土地の形や予算の制約があり、本当に好きな外観にできなかった!

…という、元も子もない後悔も出てきています(笑)。

上を見ればきりがなく、もっといい土地に、もっと素敵なおうちを建てている人は数知れずいます。そのおうちと比べれば、我が家なんてちゃっちい小さいおうちです。

前のおうちよりも、少しよくなったけれど、払えるお金を払った分だけよくなっただけで、100%、200%大満足な超ハイスペックなおうちになった!というわけではないのです。

よかったのか、よくなかったのか?我が家の住み替え。

私は、グチグチと気にしてしまう性格だし、家にいるのが大好き、リビングで過ごすのが好きな私。

そのため、明るく広いリビングに住み替えができたのは、とても良かったことだと思います。

広く明るいリビングでゴロゴロしたり(いつかネコを飼いたい)、日当たりのよくなったお庭で好きにガーデニングをしたり、時々家を眺めて、好きな感じの家になった!と自己満足したり…、よかった点もたくさんあるので、住み替えは成功だった、と言いたいです。

でも、性格が変わるわけでもなく(笑)、お金使ったなーとか不満もたくさんあるなーとか、まだグチグチといろいろ考えているので、そこはちょっともったいなというか…それじゃあ前と一緒じゃないか!とも思いますよね(笑)。

とりあえず、何にせよ、大事なのは「ま、いっか」の精神かもしれない!

子どもにも時々言うのですが、どうしても譲れない!絶対にコレ!と頑固になるよりも、ま、いっかの精神で、いろいろなことに寛容に生きていく方が、きっと幸せです。

というわけで、何にせよ、自分の選択の通りで、ま、いっか!です

※住み替え、家の売却を考えているなら、まずは「不動産一括査定」をしてみては?我が2度利用したことがありますが、色々な情報も得られるし、実際に売却も成功したので、とても有益でしたよ。

イエウール

タイトルとURLをコピーしました