冬のお弁当の必需品、ポケトルの小さいスープボトル(スープジャー)の保温に…ダイソーのおにぎりケースがぴったり!保温力はアップするのか!?

お弁当が毎日必要な長女のために、買ってみたポケトルのスープボトル。

とっても小さくて軽いので、荷物がとっても重い娘の負担を増やすことなく、あたたかいスープが飲めるのでとても重宝しています!

でも、あつあつのスープを入れても、昼頃にはちょっとぬるいくらいになってしまっているそうで…。

もちろん、スープを入れる前に、いったんお湯で中を温めてから、沸騰したてのお湯を注いで、お弁当用の保温ポーチにも入れているのですが…。

スープジャー用の保温ポーチは…。

やはり、スープジャーは、上の方から放熱されてしまう?らしく、サーモスなどの保温性の高いスープジャーの場合も、保温ポーチを使うことが大切なんだそうです。

Amazonにはたくさんスープジャー用の保温ポーチが売っていますが…。

ポケトルのスープボトルは160㎖ととっても小さく、普通のスープジャーは300~400㎖くらいあるので、こういったポーチはきっと大きすぎるだろうな…と。

たった160㎖しかない小さなスープジャーに合う保温ポーチはどんなものだろうと探し回った結果、思いついたのが「おにぎり用保温ケース」です。

おにぎりケースがぴったりサイズ!?

例えば、このおにぎりケースのサイズは、だいたい、11㎝×11㎝×高さ8.7㎝。

ポケトルのスープボトルは、直径6.5㎝×高さ9㎝で、ほんのちょっと高さが足りないくらいだけど、入るのでは…?と考えたのです。

ダイソーでおにぎりケースを発見!

これはダイソーにもあるかもしれない…!と思って行ってみたら、ありました。

「おにぎり保温ケースモノトーン」という商品で、白のほかに黒もありました。

このおにぎりケースのサイズは、9.5㎝・8㎝・9㎝と、かなりちょうど良さそう…!

実際、ポケトルのスープボトルを入れてみると…、

ジャストサイズ~!!少し横はあいてしまっていますが、高さは本当にバッチリです。

保温性はアップしたのか…?

肝心の保温力ですが…、娘に聞いてみたところ、「前よりあったかくなった!」「全然ちがうよ」とのこと。

もちろん、前と同じように、いったんお湯で中を温めてから、沸かしたてのあつあつのお湯を注ぎ、すぐにフタをして保温ポーチに入れて…という過程。

飲むのは5時間後くらいですが、ダイソーのおにぎりケースのおかげで、あったかさがUPしたなら、本当によかったよかった!という感じです。

タイトルとURLをコピーしました