【2階リビングまとめ】2階リビングにするならこうすればよかった、工夫すべきだったこと、やればよかったこと、後悔したことまとめ!

2018年に2階リビングの注文住宅を建てた我が家。

「こうすればよかった」、「後悔、失敗した…」と思っている場所がたくさんあり、これまでにも後悔点についてまとめ記事を作るほど、たくさんの失敗点があったのですが…。

今回は、「2階リビング」にするにあっての「こうすればよかった」に焦点をあてて、まとめてみたいと思います。

これから2階リビング(二階建て)の注文住宅を考えている方に参考になれば幸いです。

「遮熱」対策をしっかりした方がよかった

一戸建ての2階は暑いという認識は前からあったのですが…南西向き2階リビングの暑さをなめていました…!

真夏のいちばん暑いころはもちろんのこと、晴れた日の午後の暑さが、何もしなければすでに2月から耐えられないほどの日もあったくらい笑。

早めのうちから冷房を付けると「冷え」にも悩まされるし…

もともとは、厚いカーテンがあると見た目的にも邪魔だし、要らないよねと思ってレースカーテンだけにしていましたが、結局、ぶ厚い遮熱カーテンをニトリで購入し、さらには樹脂製のよしずや、外側にはシェード(リクシルの「スタイルシェード」)も設置しました。

→遮熱カーテンについての記事

 

→樹脂製のよしずについての記事

 

→スタイルシェードについての記事

 

二階リビングにするなら、遮熱対策を怠ってはいけませんね。

もっと軒を深くするか、インナーバルコニーにすれば、真夏の昼間に窓に入る熱をシャットアウトできただろうな。また、西側の窓ももっともっと小さくすればよかった(むしろなくてよかった?)です。

ただ、朝夕や春明の低い角度の太陽をシャットアウトするには、シェードやよしずが向いています。

→スタイルシェードのかけ方・西日対策に関する記事

→我が家がやってみた「暑さ対策」まとめ

屋根、外壁などの「断熱性能」、もっと上げればよかった

あまり断熱などにはこだわらなかった我が家。それがそもそもの失敗でしたね。

窓ガラスはLow-e複層ガラスですが、アルミサッシだし、屋根も外壁もローコスト住宅の標準仕様のまま…。

※その後、二階の引き違い窓を中心に、「インプラス」を設置し、性能アップを図りました!暑さ・寒さ対策になったんじゃないかなと思います。

しかも勾配天井で屋根裏もないので熱をそのままリビングが受けている感じ…!

追加料金を出してでももっとすごい性能にすればよかったです。もし今から屋根の断熱性をさらに高めるなら、「太陽光パネル」を載せるのがいいかも…!?

→その後本当に太陽光パネルを搭載しました!南東側の屋根のみに載せたので効果のほどはあまり分からないのですが、ちょっと涼しくなったようにも思います。

→太陽光発電パネル設置に関する記事

 

ロフト付き、もしくは3階建てにすべきだった?

せめて、ロフトを付けたり、3階建てにしておけば、一番上に熱い空気がたまってくれて、二階リビングはもう少しましになったかもしれません。

→もう一度建てるならこうしたい…という記事

 

冬も、午前中が寒い…

勾配天井で天井がすごく高いので、エアコンだけですべてをあたためようとすると電気代もかかるし、朝エアコンをつけてもなかなかあたたまらないし…

南西向きの2階リビングのため、午後は日当たりがよくなり、とても暖かいのですが…午前中は日陰になっていて冷えます。

冬の寒さ対策的にも、断熱性能がもっと高いと良かったなあ…と思います。

 

二階リビング、エアコン用のコンセントが足りない!

もともとリビングにつけていたのは、引っ越し前から使っていた18畳用のエアコンで、これもまあまあ大きなサイズと引っ越し屋さんなどからは言われていましたが、

23畳ほどある、しかも勾配天井で天井高の高いリビングでは完全にパワー不足でした。

そこで、真夏の午後のあまりの暑さに負けて、29畳用というビッグサイズのエアコンに買いなおした我が家。

本当は、まだまだ18畳用のエアコンも使えたので、リビングにもう一台エアコンを増設するという方法にしたかったのですが…。

エアコン用のコンセントが、二階に一つしかなく、エアコンの増設ができなかったのです!!

2階リビングにするなら、エアコン用のコンセントを多めに付けておいた方がよいです。

あとから追加するのはかなり、かなり大変なようなので…。

※その後、洗面所の分電盤から、屋根裏を通してリビングへ隠蔽配線ができそう…ということが分かり、電気屋さんにお願いしてやってもらいましたが、もちろん費用がかかりましたし、けっこう苦労されていたので、無理な場合もあるようです。

→エアコンのコンセント増設に関する記事

 

しかも大きなエアコンを付けるためにはそれ相応のスペースも必要。我が家はホスクリーンやカーテンレールがかなりギリギリでした…!エアコンの場所には余裕を持たせることをおススメします…。ちなみにエアコンのコンセントは大きいサイズに対応できる「200V」にしておくとスムーズです。

→エアコン設置場所のサイズに関する記事

 

さらに、室外機の置き場についても注意が必要です。夏場、日当たりのよいバルコニーに室外機を置くと、熱くなりすぎて、うまく冷房が効かなくなることがあります。シェードやよしずなどで日陰を作ることが大切です。ただし冬に関しては日当たりのよい場所に室外機があった方がいいそうです。

→室外機置場に関する記事

 

あとはやはりエアコンのフィルターのこまめな掃除もやっぱり大事ですね…効きが全然違います…!

二階リビング、一階への影響も考えるべし。

二階の音が一階に響く!隣近所にも…?

二階で子どもが走り回っていると、かなり一階に響きます。この音が、隣近所にも響いていそうで心配です…。

二階リビングの防音対策に、防音できる床などにすればよかったです。

 

寝室・子ども部屋が「一階」なので、隣家の音が気になる

二階がリビングということは、個室・各自の寝る部屋が一階になるということ…。

広いおうちなら二階に寝室・子ども部屋も可能ですが、我が家は100平米ほどのおうちなのでそれはムリでした。

そうすると、予想外なことが起き…。寝室・子ども部屋の窓のすぐそばに、隣家のお風呂場があり、夜中にお風呂の音が気になって!

その対策のために内窓(インプラス)を付けました。

防音性はもちろん、防寒性も防犯性も上がって満足しているので、まあよかったのですが…。

 

子ども部屋、すりガラスにすべきだった?

住宅密集地なのでなおさら、一階が子ども部屋なので隣家からの目線に気を付けるべきでした。

結局は、「ガラスフィルム」を貼り付けたり、夜でも透けにくいミラーレースカーテンを購入したりして、対策しています。

 

布団干しがしづらい。布団乾燥機で解決?

一階が個室なので、二階まで布団を運んで、干して、戻して…というのがかなりの重労働!

家族が多いと布団の数も多いので、とてもやっていられません!(笑)

我が家は「布団乾燥機」を購入し、乗り切っています。

 

やってよかったことも

2階リビングのために、やってよかったこともいくつかあります。

・二階にファミリークローゼットを作った。

 

・洗濯の導線がよくて楽。ホスクリーンなどが便利。

 

・家事が楽な導線ができた。

 

・1階にもインターホン子機を置いた。

 

・広めのベランダがリビング続きで便利。プール、雪遊び、子どもの遊び場、洗濯など。

 

南西向き2階リビングで窓も大きく午後がぽかぽかあったかい。

・建築化照明や勾配天井で特別感?を出せた

※勾配天井に関しては、後悔や思わぬデメリットもありましたが…

・意外と、2階リビングにしたおかげで、1階が涼しくて快適というメリットを発見。

他にも、リビングにスタディカウンターを作ったりキッズスペースとしてのフラットな3畳の和スペースなどを作りましたが、二階リビングとは関係なく普通のリビングとしてのお話かな?

 

また、入居して2年半後の2階リビングへの感想は…。よい面も悪い面も経験して…。

意外と、2階から1階へ「降りる」のは気が楽なので、面倒さはそこまで感じないかも。

他にも「注文住宅でこうしてよかった」という点をまとめた記事も別であります。何かの参考になれば幸いです。

error:Content is protected !!