記事内に商品プロモーションを含む場合があります
2階リビングリフォーム・内窓

日差しが暑いとき、シャッターを閉めるは逆効果なのか!?遮熱効果はあるの?

真夏は最高気温40度になる日も何日かある、けっこう暑い地域で、2018年に家を建てたわが家。

日差しが暑いのでシャッターを下ろしているけれどそれでも暑いんだよという話を、実家で母や親戚などと一緒に話していたら、掃き出し窓のシャッターを下ろしてしまうは、むしろよくないのでは!?という疑問が…。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

シャッターは下ろさないほうがいい!?

南西向きのリビングが2階にあるわが家、2019年8月現在、カーテンはレースカーテンのみ。

昼過ぎから日差しがひどくなるので、掃き出し窓のシャッターをしっかりおろしていました。

でも、「暑い時はシャッターを閉めている」という話を、母や叔母にしたところ、「それじゃ余計に暑くならない!?」と言われました。

シャッターは金属なので、日差しを受けて熱くなり、それの熱が窓を通して部屋に入り、よけいに室内を暑くしてしまうのではないか?と。

日差しの強い日、シャッターを下ろしてしばらくすると、シャッターがすごく熱くなっていたので、確かにそうかもしれないと思いました…。(それに、シャッターをしめてもなお部屋の中は暑くてたまらなかったです。)

家に帰って実際にシャッターを開けて冷房をかけてみたところ、少しだけましになったように思いました。それでも暑いは暑いんですが…。

しかも下までびっちりと閉めてしまうと、シャッター全体が熱くなり、窓ガラスとの間で熱が逃げる隙間もなくなりそうな気がしますね。

途中までおろす、という使い方もありますが、シャッターにダメージが及ぶ可能性もあるようです…。

通気性を保てるルーバー式のシャッターならもっと良いのかも。

もしくは、夫がよく暑い時にバルコニーに水撒きをするんですが、熱くなったシャッターに外側から水をかけて冷やすといい感じです。

シャッターに遮熱効果はあるのかどうか… 窓による?

<2023年夏追記>わが家のもともとの窓は、「アルミサッシ+Low-e複層ガラス」という、断熱において高性能とは言えない窓だったので、なおさら、シャッターの熱を室内に伝えやすかったと考えられます。

樹脂サッシ、トリプルガラスなどの窓の断熱性能によっては、シャッターを閉めたほうが遮熱効果がアップする場合があるようです。

わが家は現在は、リビングの掃き出し窓に「インプラス(内窓)」を設置したので、実質は樹脂サッシ・トリプルガラス状態になっています。

が、現在は「スタイルシェード」や「クールブレイド」で日差しをカットしています。この場合、シャッターを閉めたほうがいいかどうかははっきりとはわかりません…(ごめんなさい)!

シャッターが樹脂製だったら、暑くなりすぎずよかったりするのかな?なんて想像したりしますが、耐久性とかの面で難しいのかな…。

→勾配天井にして屋根裏がないことで、意外なデメリットがあった…という話

まとめ

シャッターをしめると暑さ対策になるかどうか?は、窓の性能にもよるので、はっきりとしませんが、

我が家では、遮熱カーテンやクールブレイド(窓に貼る日よけシート)、シェードなどで日よけ対策をする方が合っているようなので、毎年実行しています。

→我が家がやってみた、部屋の中の数々の暑さ対策について。

error: Content is protected !!