二階リビング暑さ対策。シャッターは逆効果!?遮熱カーテンやよしず、シェードが大事。

これまでも、二階リビングの暑さ対策に四苦八苦してきた我が家。

「グリーンカーテンを作る(枯れてしまい失敗)」

「掃き出し窓の外側に、シェードを取り付ける」

「サーキュレーターを回す」

「エアコンや扇風機を新調する」

といった色々な策を講じてきました。

そこで、二階リビングが暑い!という話を、実家で母や親せきなどと一緒に話していたら、掃き出し窓のシャッターを下ろしてしまうは、むしろよくないのでは!?ということに気が付きました。

そして、経験豊富な女性陣たちから教えられた知恵もありました…。

シャッターは下ろさないほうがいい!?

南西向きの二階リビングの我が家、2019年8月現在、カーテンはレースカーテンのみ。

昼過ぎから日差しがひどくなるので、掃き出し窓のシャッターをしっかりおろしていました!

しかし、おろしてもなお暑く、馬力の足りないエアコンでは涼しくならず、大きな扇風機を買ってしのいでいたのです…。

でも、「暑い時はシャッターを閉めている」という話を、母や叔母にしたところ、

「それじゃ余計に暑くならない!?」と言われました。

シャッターは金属なので、日差しを受けて熱くなり、それの熱が窓を通して部屋に入り、よけいに室内を暑くしてしまうのではないか?と。

日差しの強い日、シャッターを下ろしてしばらくすると、シャッターがすごく熱くなっていたので、確かにそうかもしれないと思いました…。

そこで、実家から自宅に帰ってきて、シャッターを上げて冷房を入れてみたところ、ちょっと冷房の効きがマシになった気がします。でもまだ暑いのは暑いですが…。

ちなみに、シャッターを閉めて日差しをカットするなら、風通しを確保するために半分くらいだけにするとか、少しあけておく方が良さそうです。

※もしくはルーバー式のシャッターなら、風通しを確保しながら日差しを遮れるので、シャッターが熱をため込む心配が少し減りそうです。

カーテンは遮熱タイプが良さそう!

そしてさらに、叔母にすすめられたのが、ニトリの「遮熱カーテン」

ニトリだからそんなに高くないし、でもしっかり遮熱効果があるからおすすめだよ、と言われました。

ベランダ(掃き出し窓の外側)には遮熱・UVカット・雨除けにもなる「シェード」を取り付けましたが、それだけではちょっと頼りなくて…。

そこで、窓の内側に「遮熱カーテン」も取り付ければ、窓の内側から熱を遮断できそう!

今までどうして気が付かなかったのか!?自分でも疑問です(笑)。

なんとなく、二階リビングに分厚い布のカーテンが常にある状態がイヤだな、なんて思っていたのですが、背に腹は代えられません。

その結果、数か月後に、ニトリの遮熱カーテン「レーベル(アイボリー)」を購入しました。

遮熱カーテンのおかげで、直射日光の熱さをかなり遮ることができている気がします。

 

 

 

特に、「まだ冷房を付けるには悔しいよね…」という季節の、日差しの強い午後は、遮熱カーテンのおかげで、冷房を付けずに済んでいます。

なんと、真冬のはずに2月にも、午後に冷房を付けたくなる日があり、これはまずいと思い、いよいよニトリの遮熱カーテンを購入したのです。

遮熱カーテンを閉めてしまえば、室温が27℃位を超えない限りは、エアコンを付けずに過ごせるようになりました。

エアコンの室外機は必ず日陰に!

とはいえ真夏はやはり、エアコンをガンガン使わないと暑くていられません。ちょっと外出するときもつけっぱなしにした方が部屋の中の温度が維持されて、暑くなりにくいと感じました。

さらに、シェードやよしずなどで、室外機を置く場所を日陰にすること(ただし風通しをよくすること)が大切です。

安いシェードでもよいので室外機を日陰にしてあげると、冷房の効きがかなり違うなと感じます。

 

 

エアコン用コンセントは多めに付けるのがお勧め。

また、以前の記事でも書いたように、「エアコン用のコンセント」をなるべく多く付けて置いたほうがいいです!

エアコンは、エアコン専用のコンセントが必要…なんですね。

我が家は、注文住宅の打ち合わせ中、「エアコン何台も買うと高いし一台でいい!」と思い込み、エアコン用のコンセントを二階に一つしかつけず、とても後悔しました…。

エアコンの威力が小さくても、もう一台付けたして運転すれば、全体的なパワーもアップしますよね。

最初は、もう一台追加購入して、リビングに二台付けたかったのですが、エアコン用のコンセントが一つしかなかったため、すでにあるエアコンを取り外し、大きなエアコンに変えざるを得ませんでした。

大きいエアコンということは、価格もかなり…お高いです!もちろん値段の分だけ、とてもパワフルでしっかりと広い空間を冷やしてくれますが…。

それに、もう一台は、ダイニング・キッチンに近い場所に付けて、特に暑く感じる料理中や食事中を涼しくしたかったのですが、それもかなわず、ガッカリ。

エアコン用のコンセントを増やすにはかなりの大がかりな工事が必要になるし、増設ができない場合もあるので(屋根裏部屋がなくて、配線がむき出しになってしまう…等)、

コンセントの打ち合わせの際は「ここにはエアコンなんていらないよ」と思っていても、広い空間なら最低2つくらい、狭い部屋なら1つ、できる限り付けて置いた方がいいのではと思います。

これから二階リビングのおうちを建てようと思っている方は、お気を付けください…!

「シェード」もおすすめ。

ちなみに、窓の内側での対策よりも、外側での遮熱対策の方が、効果が高いようです。

我が家もその後、リクシルの「スタイルシェード」を掃き出し窓の外に設置し、

バルコニーの前壁に向かってななめにシェードをおろすことで、遮熱効果をかなり感じます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました