リビングの窓に「内窓(インプラス)」を付けて。冬、日差しの入る時は内窓を開けた方がいい?

リビングの掃き出し窓2つに、内窓(インプラス)をつけて、二重窓化が実現!

おかげで、暖房の効きがよくなり、100Vの14畳用のエアコンでも十分暖まるようになったし、底冷え感もかなりなくなったように感じます。

しかし、日差しが差してくる午後には、もしかしたら内窓を開けた方がいいかも…!?

日差しが入る午後。内窓を開けた方があったかいかも。

南西向きのリビングなので、午後になると太陽がサンサンと降り注ぎます。

でも、内窓も閉めて、カーテンも閉めていると、その恩恵があまり受けられないことも…。

そこで、日が差してきてからは、カーテンを開けて、内窓も開けて、もともとの窓(Low-e複層ガラス・断熱タイプ)だけを閉めておきます。

そうすると、かなり日差しのあたたかさを感じるんです。

窓ガラスを触ってみると、やっぱり、内窓はそうでもなくても、外側の窓はあったまっているし。

そうすると、部屋の中も、暑いくらいになってくることもあります。本当に、お日様のパワーってすごいなあと実感しますね。

そして内窓の、熱をブロックする力もすごいなあと改めて思います。

(もちろん本当に暑い夏とかは、内窓だけではどうにもこうにもで、窓の外側から日差しをブロックしないとダメなんですけどね。シェードとかよしずとかが欠かせません。)

内窓、後悔?満足?

内窓を閉めず、開けた方があったかい…なんて、内窓いらなかったの?後悔?

そんなことはないです。内窓を開け閉めする作業はなんてことはないし、開けているのも短時間だけだし、後悔するほどのことではありません。

ベランダの外に出たいとき、洗濯物を干す時としまう時が、やっぱり窓を二回開けないといけないので面倒に感じますが、それも慣れてきたように思うし。

ただし、内窓を付けても、暖房が必要なことに変わりはなく、ものすごく電気代が安くなるとか、ものすごく温かくなるというわけではないですが、

やっぱり、底冷え感が軽減された感じがしたり、暖房の効きも良くなったような感じがあるので、内窓を付けて今のところは満足しています!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました