建売住宅に5年ほど住んで感じた、経年劣化部分や気になったところ。外壁やフローリング、クロスなどの状態、こうしておけばよかったと後悔したこと等。

以前住んでいた建売住宅は、いわゆるパワービルダーが建てたローコスト住宅で、とってもシンプルなおうちでした。

間取りも何もかもシンプルだからこそ、住みやすい面もありましたが、

どんな家でもやはり経年劣化は避けられませんよね。

我が家の場合は、5年ほど住んで、家がどういう状態になったのか、思い出して記録しておこうと思います。

外壁はとてもキレイなままだった。

入居後、とある資料を見ると、家自体の価格よりも、旗竿地だったにも関わらず土地の方が高い、という事実を知ってびっくり。

この家は大丈夫なんだろうか、外壁がすぐに汚れたりはがれてきたりしないだろうか、とちょっと心配になったのですが、なんと、5年経っても外壁はとてもきれいなままでした。

日当たりが特に気になる、北側の裏側も綺麗なままでした。北側には、建物が迫ってはいなかったので、カビやコケなどは生えにくかったのかなと思います。

壁の白い部分も、黒っぽい部分も、ほぼ汚れが気になる部分はなく、5年経っても「あの新しいおうちね」とご近所でも言われるくらいでした。

リビングのフローリングは、ボロボロに…。

ただし、リビングのフローリングはかなりボロボロになってしまいました。

特に、ダイニングテーブルのいすの下の部分は、フローリングの塗装がはげてしまい、無残な状態になってしまったので、あわててカーペットを敷いた経緯が(早く敷けばよかった)。

入居の時の引っ越し当日にも、ハサミを落として大穴をあけてしまったり(涙)、

その後も、色々なものを落として、塗装がはげたり、キズが付いたり…。

リビングだけでも、フロアコーティングをしておけばよかった、せめてカーペットなどを全面に敷いておけばよかった、と後悔しました。

ちなみに、途中から、リビング全面に、クッションマット(パズルマット)を敷きましたが、このマットの隙間からゴミが落ちて、汚れが落ちにくくなってしまうこともありました。

例えば、子どもの鉛筆の削りかすがいつの間にか床の部分にたまって黒ずんでしまったり。

「激落ちくん」などを使えば、ある程度きれいになりましたが、何かを敷いたとしても、定期的に全部どかして床の掃除をしないとダメなんだなあと、学びました。

クロスの状態。

クロスは、もともと、真っ白ではなく、少しデコボコした、雰囲気のある薄いベージュ色だったためか、あまり汚れは気になりませんでした。

むしろ、今住んでいる注文住宅の方が、白いクロスの汚れがとても気になります(涙)。

ただし、部屋の中の「角」の部分のクロスのはがれ?汚れ?が少し気になりました。

でも、クロスの素材や色のおかげで、全体的にはあまり汚れが気にならなくて、とても助かりました。

畳の状態。

1階にあった、わりと日当たりのよい和室。

畳のちょっとした変色は気になりつつも、わりときれいな状態のままでした。

ただし、子どもたちのおかげで、障子紙はどんどん破けてボロボロに…。

破れをカバーする専用のシールを貼ったり、最終的には何とか自力で張替えましたが、それもまたなかなか大変でした。

お風呂や洗面、キッチンなどの水回り。

お風呂や洗面、キッチンやトイレなどの水回りに関しては(掃除の頻度などにもよるのですが)、ほとんど気になる部分はなかったように思います。

お風呂も、ひどい黒カビが生えてしまって…ということもあまりなく(ぽつぽつと少しだけはあったけれど)。

昔住んでいた、賃貸マンションなどに比べると、ずっとキレイな状態を保てていたのでは…と思います。

比較的状態はよかったと思われる。

5年間、子どもの居る家族がしっかりと生活していても、気になるのはリビングのフローリングと、クロスの角の部分くらい…ということで、

ローコスト住宅であっても、比較的状態はよかったのではと思います。

ただやはり、リビングのフローリングの状態はいいとはいえない感じになってしまったので、

カーペットなどを敷いて定期的に掃除をする。もしくは、フロアコーティングをしてから引っ越し搬入をする。などをすればよかった…とちょっと後悔しました。

※いざとなったらなるべく安くできるところを探してリフォーム!ですね。

タイトルとURLをコピーしました