注文住宅、床暖房を採用しなかった理由。

注文住宅にするなら、床暖房を付けたい!と思っていました。

分譲マンション時代に、床暖房がもともと付いていて、贅沢だなあ、豪華だなあと思いながら、あったかい床に座って幸せでした。

しかし、注文住宅では、結局床暖房を採用しませんでした。

床暖房をやめた理由①、ガス代がかかる。

床暖房が快適だった分譲マンション時代、冬はけっこう使っていました。

しかし、ガス式床暖房だったので、ガス代の高さに驚き、なるべく使用を控えたことも…。

一戸建てだと、マンションよりも冬の冷えがひどいのは確実なので、床暖房があるときっと私はすごく使ってしまう!

でも日中はほぼ私しかいないのに、私一人のために広いリビングの床をあたためるのはもったいない…。

何十万もかけて導入して、さらに使うとガス代もかかるのか、やっぱりいらないか…となりました。

床暖房をやめた理由②、修理費がかかる。

床暖房について調べていると、どんな家電もだいたいは10年も使えば、壊れてもおかしくないことに気がつきました。何十万もかけて床暖房を付けても一生ものではないのか…。

床暖房に慣れると、手放せなくなり、壊れた時に困るだろう!そしたら修理代もすごいだろうな。

もう最初から床暖房はない方がいいかもしれない!と思いました。

床暖房をやめた理由③、二階リビングだったから。

建売住宅の一階リビングは、冬の日当たりがとにかく悪かったせいもあり、底冷えがひどかった…。リビングが一階なら、絶対に付けようと思っていましたが、我が家は二階リビング。

一階よりは底冷えしないだろうという前向きな想像?がありました。

床暖房をやめた理由④、間取りが変わる可能性があった。

最後まで、床暖房をつけるかもしれない、と迷っていましたが、やっと間取りが決まったところでそのことを営業の方からに相談すると…。

床暖房を付けるなら、床の厚みを出す関係で、階段の段数が変わってしまうかもしれない!と。

階段の段数が一段でも変わると、限られた土地の中で間取りを考えている我が家には、大きな問題になってきます!!

間取りについての記事はまたあとで書きたいと思っていますが、とにかく階段が増えるのは避けたかった!

床暖房をやめた理由⑤、床暖房が苦手だ、という夫の意見。

夫は、わりと寒がりではありますが、暑がりでもあります。

電車に乗って座席に座ったとき、足元から暖房が出ていることがありますが、これが苦手だそうで。

実家やモデルルームでも、床暖房の部屋にいると、調子が悪くなるんだそうです。

なるほど…。私は床暖房で調子悪くなることはないけれど、そうなる人もいるのか。床暖房は万能ではないんだな。と思ったのも、やめた理由の一つです。

床暖房、結局、なくてよかったのか?

正直、冬の寒い朝は特に、床暖房が恋しくなります。でも、欲しいと思うのは、一年間のうち、数時間〜数十時間くらいでしょうか。そう思うと、高いお金やランニングコストをかけてまで付けなくてよかったかな、と自分を納得させています。

自分一人があたたまりたいなら、短時間だけ、セラミックファンヒーターであたたまるか、一人分のホットカーペットで暖をとるのが、賢い方法かもしれません。


セラミックファンヒーター 人感センサー付 2段階(600W/1200W) スリム コンパクト SP-RH1206 4色 ミニ 小型 足元 オフィス トイレ 洗面所 脱衣所 simplus シンプラス【送料無料】


ミニマット(40×40cm) YMM-K404 ミニ ホットカーペット 電気カーペット 一人用 1人用 足温器 あんか アンカ 足元ヒーター 山善/YAMAZEN/ヤマゼン 0911P

タイトルとURLをコピーしました